Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パシフィック・リム: アップライジング
 > ロカホリさんのレビュー
パシフィック・リム: アップライジング のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 パシフィック・リム: アップライジング
製作国米,中
上映時間110分
劇場公開日 2018-04-13
ジャンルアクション,SF,シリーズもの,モンスター映画
レビュー情報
《ネタバレ》 前作から10年後、人類のため犠牲になったPPDC(環太平洋防衛軍)司令官の忘れ形見ジェイクが主人公。そのジェイクは元イェーガーのパイロットでいまはパーツ泥棒を生業としている。その彼が同じくパーツを集めこっそりとイェーガーを開発していた少女アマーラと出会ったことから再びPPDCに身を投じることに。 無人イェーガーは使徒みたいになってたし、赤い機体のセイバー・アテナは弐号機みたいで他のイェーガーも1機以外はスリムな人型だし、イロイロとエヴァっぽかったかな。KAIJUとの最終決戦が(中国っぽい)東京ビル街や富士山だったのでゴジラも思い起こさせた。そういう面は前作以上に日本のアニメや特撮風味だった気がしますね。 肝心なお話の方はイェーガーvsイェーガーまでは面白かったんですけど、それ以降はテンション全く上がりませんでした。イェーガーもKAIJUも大した個性がなく戦闘をしていても見せ場が無い。台詞も技もグッとくるモンが無く登場人物も総じて薄っぺらくキャラが立ってない。前作の肝でもあったドリフトなんかほとんど無いみたいなモンだったし素材を処理しきれてなかったですね。映像だけは凄かったです。 あと、中国資本に買収されたレジェンダリー・ピクチャーズの中国推しの割りを食い、どうでもいいトコで戦死してしまった森マコ(菊地凛子)は残念だった。あんなツンツンした民間の傲慢女社長が急に良い人になって、最後にはヒロインのアマーラがひっそりと開発してたイェーガーのスクラッパーを操縦(遠隔操作)して加勢にくるなんて美味しいトコを持っていくなどやりたい放題。ここまでゴリ押しされてるジン・ティエンとかいう人はレジェンダリー・ピクチャーズの大神源太かと思いましたわ。最後に来るのはマコじゃないとダメでしょ。ニュートの扱いはアリといえばアリだけど闇落ちに抗う姿も見たかった気もするし、駄作にありがちな前作の重要人物をあっさり葬るor悪人にするという展開は萎えますわ。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 4点(2018-04-14 12:42:57)
その他情報
作品のレビュー数 21件
作品の平均点 5.57点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
214.76%
314.76%
4314.29%
5419.05%
6628.57%
7419.05%
829.52%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.53
このレビューの偏差値 43.28
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
パシフィック・リム: アップライジングのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS