Menu
 > 作品
 > ク行
 > 蜘蛛の巣を払う女
 > ロカホリさんのレビュー
蜘蛛の巣を払う女 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 蜘蛛の巣を払う女
製作国英,独,スウェーデン,カナダ,米
上映時間117分
劇場公開日 2019-01-11
ジャンルアクション,サスペンス,犯罪もの,ミステリー,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 原作未読。ハリウッド版リメイク「ドラゴン・タトゥーの女」のフィンチャーが監督せず、主演を務めたダニエル・クレイグとルーニー・マーラが降板と知って落胆してましたが、小規模でひっそりと公開されたのはそのせいもあるんですかね。まあそのおかげで私なんかは公開日すら知らず予告すら見ずに本編を観たので予告で流してたOPの掴みも新鮮でしたけれども、宣伝もほとんど見ないしこのタイトルだと第二弾と気がつかない人も多いんじゃないかな。オリジナルの「ミレニアム」みたいにタイトルを統一し副題にした方が良かった気がしますね。「ドラゴン・タトゥーの女:蜘蛛の巣を払う女」だとクドいけど。 今回は急逝した原作者の後を継いだ人が書き下ろしたそうで、内容的にも前作とはだいぶ趣も変わっており、世界の核攻撃発射プログラムに関するネタと一気にグローバル化。それに伴いリスベットの手口ももはや「007か?ボーンか?MIか?」というレベルになってしまい、北欧資産家一族のミステリーだった前作とは別ジャンルに行ったなという感じ。魅力的だったルーニー・マーラの尖っているが儚げなリスベットとは見た目もかなり違う人になったのでリブートなんだろうか?と思いましたね。でも、リスベットにとって重要な2、3作を飛ばしてまで作ったにもかかわらず、アメリカでも低評価で大コケしたようなので今後どうなるんだろうなあ。 あと、今回監督と脚本を担当したフェデ・アルバレス。リメイク「死霊のはらわた」「ドント・ブリーズ」と来て今回(は原作あり)ですが、いずれも兄妹や姉妹ネタが入ってるのはなにかコンプレックスでもあるんですかね。原作の2、3作目には興味がなかったと語ってますが血族ネタは膨らましやすいと思っているのかな。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-12 22:54:21)
その他情報
作品のレビュー数 4件
作品の平均点 6.25点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4125.00%
500.00%
6125.00%
7125.00%
8125.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.48
このレビューの偏差値 48.86
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
蜘蛛の巣を払う女のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS