Menu
 > 作品
 > チ行
 > チェンジリング(2008)
 > 眉山さんのレビュー
チェンジリング(2008) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 チェンジリング(2008)
製作国
上映時間142分
劇場公開日 2009-02-20
ジャンルドラマ,犯罪もの,ミステリー,実話もの
レビュー情報
《ネタバレ》 フィクションなら「そんなアホな」という話ですが、これが実話というから驚きです。理不尽にもほどがあるという感じ。
主人公は誘拐犯のみならず、警察やメディアとも戦わなければならなくなったわけで、いわば「三面楚歌」の状態。そこから形勢を逆転していくタフネスぶりには、畏敬の念を抱くばかりです。
ただし主人公には、牧師とその一派という強力な支援者の「一面」が現れました。もし日本で同じような状況に置かれたとき、こういう「一面」は現れるでしょうか。警察もさすがにここまで理不尽なことはしないでしょうが、冤罪とか誤認逮捕とか、あるいは初動の遅れなどはよく聞く話です。政権批判は喧しいメディアも警察発表には従順なようだし、教会をはじめ宗教団体も一部を除いて社会的な影響力はありません。だとすれば、日本のほうがもっと絶望的な状況に陥りやすいのかもしれません。などと考え出すと暗澹たる気分になるので考えないことにします。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-05-11 05:52:32)
その他情報
作品のレビュー数 196件
作品の平均点 7.62点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
321.02%
410.51%
5105.10%
62512.76%
74422.45%
86633.67%
93316.84%
10157.65%
作品の標準偏差 1.36
このレビューの偏差値 57.44
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
チェンジリング(2008)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS