Menu
 > 作品
 > メ行
 > 女神の見えざる手
 > 眉山さんのレビュー
女神の見えざる手 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 女神の見えざる手
製作国米,仏
上映時間132分
劇場公開日 2017-10-20
ジャンルドラマ,政治もの
レビュー情報
《ネタバレ》 エンタテイメントとしては楽しめました。一番最後のセリフも、観客の「?」をスパッと解決するような切れ味があります。
しかし、ちょっと出来すぎな感じも否めません。終盤の展開はなんとなくテレビ版の「スパイ大作戦」みたいだし、男娼君が庇ったシーンもカッコいいけれど理由はよくわかりません。政治の世界を舞台にしたリアリティのある設定だったので、このあたりがちょっと残念。それからこの邦題、アダム・スミスの『国富論』に引っ掛けたのかもしれませんが、スケールが違いすぎて違和感があります。
ジェシカ・チャスティンがほぼ同じようキャラクターで登場する「モリーズ・ゲーム」のほうが、実話ベースのせいか、ずっとリアリティも説得力もあって個人的には好みです。
眉山さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-12-14 01:44:04)
その他情報
作品のレビュー数 29件
作品の平均点 7.52点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
513.45%
6310.34%
71241.38%
8724.14%
9517.24%
1013.45%
作品の標準偏差 1.10
このレビューの偏差値 45.74
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
女神の見えざる手のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS