Menu
 > 作品
 > ミ行
 > 蜜蜂と遠雷
 > 駆けてゆく雲さんのレビュー
蜜蜂と遠雷 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 蜜蜂と遠雷
製作国
上映時間119分
劇場公開日 2019-10-04
ジャンルドラマ,青春もの,音楽もの,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 音楽、特にクラシックに関心の無い私にとっては、とても退屈な映画でした。
NHKで見た本物のコンクールのレポート番組では緊張感が溢れていましたが、この映画ではそれがほとんど感じられませんでした。本選前だというのに練習ピアノを確保してないとか、他の出場者と連弾して遊んでるとか、これがコンクールなんでしょうか。
音楽家でないただの俳優が、弾いている振りをしているところを延々と見せられても、何の面白みもありませんでした。
あと審査委員長の斉藤由貴が異常なほど気取っていてこちらが恥ずかしくなるほどでしたが、トイレで出場者に辞めろとのたまうなんてそんなことあり得るんでしょうか。素人の私が思うに、有名コンクールの本選出場者となればそれだけで箔が付きそうですし、松岡茉優ほどの美貌があれば、コンサートピアニストとして十分やっていけそうです。
駆けてゆく雲さん [インターネット(邦画)] 4点(2020-05-11 22:37:47)
その他情報
作品のレビュー数 18件
作品の平均点 5.94点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4422.22%
5211.11%
6633.33%
7422.22%
815.56%
915.56%
1000.00%
作品の標準偏差 1.39
このレビューの偏差値 39.98
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
蜜蜂と遠雷のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS