Menu
 > 作品
 > ワ行
 > 我輩はカモである
 > 円盤人さんのレビュー
我輩はカモである のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 我輩はカモである
製作国
上映時間68分
ジャンルコメディ,戦争もの,ミュージカル,モノクロ映画,政治もの
レビュー情報
マルクス兄弟に焦点を当てて観ていました。毒吐きのグルーチョ、喋らないハーポは、はっきりとしたキャラを持っているわけですが、チコは流動的な役回りで彼らに絡んでいくわけです。それで笑いの性格もシチュエーションごとに変わってしまう。芸のないチコは意外にキープレイヤーなんじゃないでしょうか。本作の真骨頂は、チコとハーポが首相官邸に忍び込んでからですね。やっぱり兄弟同士絡んでいるときが面白い。一般人が入ってくると、その人が攻撃対象になってしまい、毒が強すぎてしまうわけです。それに対して、ツッコミ役が毒を抜いてしまう日本の笑い。この辺りは国民性の違いなんでしょうか。
円盤人さん 6点(2004-09-20 06:04:05)
その他情報
作品のレビュー数 27件
作品の平均点 7.67点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.70%
527.41%
6518.52%
727.41%
8829.63%
9518.52%
10414.81%
作品の標準偏差 1.66
このレビューの偏差値 43.92
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
我輩はカモであるのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS