Menu
 > 作品
 > タ行
 > ターミネーター:ニュー・フェイト
 > mohnoさんのレビュー
ターミネーター:ニュー・フェイト のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ターミネーター:ニュー・フェイト
製作国
上映時間128分
劇場公開日 2019-11-08
ジャンルアクション,サスペンス,SF,シリーズもの
レビュー情報
《ネタバレ》 良作。興収がよくなくて大赤字だそうだけれど、分かりやすいアクション映画だと思う。
【ネタバレ注意】全体的に女性陣が活躍する話だが、告知や宣伝からも分かるようにリンダ・ハミルトンがカッコイイ。役柄が違うので比較してもしょうがないが「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のマリオン(カレン・アレン)がすっかりオバサンと化していたのを思い出したが、本作では“サラ・コナーが主役”感があった。強化人間役のマッケンジー・デイビスもいい。ただ、「ターミネーター2」から無理やり続編にしてリンダ・ハミルトンやシュワルツネッガーを登場させるため、話にムリを感じてしまうのは否めない。何体ものターミネーターが未来から送られてくるなら、もっとまとめて送ってくればいい話だし(なんで毎回敵と味方が一体ずつなのか)、REV9は「騒がれて逃げられる」状況でないなら、どんどん人を殺して進んでいけばいいという場面もある。旧式ターミネーターが年食って、あっさり感情(らしきもの)が芽生えたという理屈も取って付けたようなものだった。個人的には「ターミネーター3」も好きなので、それをなかったことにしてまで作るようなものだったかは疑問だけれど、潤沢な予算によるアクションはド派手そのもの。あまり深く考えることなく楽しめると思う。
【オマケ】列車に乗り込むところをREV9が監視カメラで見つけ出すところで、目的地のラレドが示唆されているのが分からない。あの列車は密入国を案内してくれる叔父さんのところに行くためで、ラレドは関係ないはず。(実際、ラレドに行くのは留置所から逃げ出した後)
mohnoさん [映画館(字幕)] 7点(2019-11-08 18:25:33)
その他情報
作品のレビュー数 34件
作品の平均点 5.91点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
212.94%
312.94%
4617.65%
5514.71%
6617.65%
7926.47%
8617.65%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.60
このレビューの偏差値 54.27
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ターミネーター:ニュー・フェイトのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS