Menu
 > 作品
 > カ行
 > 累 -かさね-
 > 目隠シストさんのレビュー
累 -かさね- のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 累 -かさね-
製作国
上映時間112分
劇場公開日 2018-09-07
ジャンルドラマ,サスペンス,犯罪もの,漫画の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 土屋太鳳ちゃんと芳根京子ちゃんのダブル主演との認識でしたが、オイシイ部分は太鳳ちゃんが持っていった印象。というのも『演技が下手なオリジナルニナ』『演技が凄い中身は累のニナ』『オリジナルの高飛車ニナ』『中身は累の陰気なニナ』『稽古に励む中身は累のニナ』『演出家に恋する中身は累のニナ』『実績を積み自信をつけた中身は累のニナ』『人生を取られそうになり不安なオリジナルニナ』『サロメを演じる中身は累のニナ』と、これ全部太鳳ちゃんが演じ分けているのに対し、京子ちゃんの方は『陰気なオリジナル累』『中身はレナの強い累』『人生を取られそうになり、不安な中身はニナの累』と(あ~こんがらがる)種類は少な目。物語の主軸は女優丹沢ニナの方にあるから当たり前ではあるのですが。なべやかんバリの替え玉受験か、一昔前に問題となった食品偽装表示か、あるいは12時間限定のシンデレラか、受け止め方の差異はあれ、やってることは不正に違いありません。どう取り繕ったところで感動ストーリーに変わるはずもなく。ドラえもんなら、調子に乗ったのび太にお仕置きが待っているのが常であります。というか、偽物が本物を越えるのではなく、もともと中身は本物なんですから。累の“劣等感“にもう少し寄り添えれば良かったのでしょうが、どうなんでしょう。顔にキズありの超美人と、ナチュラル不美人、どちらの顔の人生の方がキツイかって話です。そういう意味では、ガンバレルーヤよしこと、小雪(または多部未華子)のキャスティングなら、心震えるお話になった可能性はあります。土屋太鳳ちゃん、失礼、土屋太鳳さんが才気溢れる女優さんであることは再確認できました。芳根京子さんも流石の眼力でした。※よしこさん、いつも例に出してごめんなさい。でも、好きだからこそ、なんで許してね。
目隠シストさん [映画館(邦画)] 6点(2018-09-10 12:20:47)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 8件
作品の平均点 6.12点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5225.00%
6450.00%
7112.50%
8112.50%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 0.93
このレビューの偏差値 48.55
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
累 -かさね-のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS