マイ・ブロークン・マリコ の 目隠シスト さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マイ・ブロークン・マリコ
 > 目隠シストさんのレビュー
マイ・ブロークン・マリコ の 目隠シスト さんのクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 マイ・ブロークン・マリコ
製作国
上映時間85分
劇場公開日 2022-09-30
ジャンルドラマ,漫画の映画化,ロードムービー
レビュー情報
《ネタバレ》 みんな大好き永野芽郁ちゃんの、永野芽郁ちゃんによる、永野芽郁ちゃんと奈緒ちゃんのための映画。そしてちょこっと窪田正孝さん。範馬勇次郎が背中に鬼を宿すなら、本作の芽郁ちゃんは眉間にアブドーラ・ザ・ブッチャーのデコを憑依させる神業をみせてくれました。カワイイだけの女優さんではありません。
遺骨となった親友との二人旅はまさに現実逃避の旅でした。実際、シイちゃんの精神状態はギリギリだったと思います。辛くなったら逃げるは有効なので、マリコさんがシイちゃんを窮地から連れ出したとも言えます。ただ、崖っぷちから逃げたつもりが、反対の崖に辿り着いたよう。ただし、こちら側にはクソ上司の代わりに救世主が待っていました。名乗る程ではない釣り男。神出鬼没に感じますが、彼はずっと影からシイちゃんを見守り続けていたのでしょう。一歩間違えればストーカーですが、下心が無いこと(本当はあったかもしれませんがおくびにも出さなかった)、差し入れのセンスの良さ、彼女の命を救った等数々の功績により本物語のMVPを受賞しました。シイちゃんの「大丈夫に見える?」に「大丈夫に見えますよ」の返し。このシーンがもう本当に堪らない。泣けて仕方ありませんでした。客観的にみれば、というかラブストーリーなら、これはもう運命の人に違いないわけですよ。でも全く進展する様子もなく、あっけなく別れるという。この一歩引いた感じがタナダユキ監督なんですよね。勿論このあとシイちゃんは彼に会いに行ったかもしれないし、行かなかったかもしれない。それは描かない(描く必要がない)美学を監督は持っているんだと思います。女は恋愛で生きるわけじゃないと。『百万円と苦虫女』や『ロマンス』でもその流儀は一貫していました。そんなタナダユキ監督が大好きなんですけど。
目隠シストさん [インターネット(邦画)] 8点(2023-01-14 08:46:52)(良:2票)
目隠シスト さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-02-24ボーはおそれている5レビュー5.00点
2024-02-1121ジャンプストリート7レビュー5.85点
2024-02-09嘘八百 なにわ夢の陣6レビュー4.50点
2024-01-29スカイハンガー3レビュー3.00点
2024-01-22ナイル殺人事件(2020)7レビュー5.26点
2024-01-19サイコ・ゴアマン8レビュー4.75点
2024-01-10M3GAN ミーガン6レビュー6.48点
2024-01-01さかなのこ10レビュー6.00点
2023-12-29アイの歌声を聴かせて7レビュー7.42点
2023-12-26見えざる手のある風景7レビュー7.00点
マイ・ブロークン・マリコのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS