Menu
 > 作品
 > カ行
 > 紙の月
 > トントさんのレビュー
紙の月 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 紙の月
製作国
上映時間126分
劇場公開日 2014-11-15
ジャンルドラマ,サスペンス,ラブストーリー,犯罪もの,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 銀行員の横領ってよくニュースで見るけど、痴情のもつれとかそういうのではなく、
正面切って、これをテーマにした日本映画は初めてではないか?

確かに一万円稼ぐのがどれだけ大変かを知らずに、毎日何十万、何百万の金を扱ってたら、
そりゃどこかでマヒしそうな気もする。
しかも彼女には子どもの頃の親から金を盗んで、貧しい子に寄付をして、そこに充実感を覚えてた
過去がある。
一旦火がつくと、止まらない。
犯罪をしてる時に、ウキウキするBGMが流れるのは、彼女が生きている実感を感じていたからだろう。

ラスト、ガラスを割って逃げるところに、自分を解き放ったすがすがしさが画面にほとばしってた。
彼女がどうなるかは、神のみぞ知る、か・・
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2018-06-30 14:15:54)
その他情報
作品のレビュー数 42件
作品の平均点 6.00点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
224.76%
300.00%
4511.90%
5819.05%
61126.19%
71023.81%
837.14%
924.76%
1012.38%
作品の標準偏差 1.66
このレビューの偏差値 53.62
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
紙の月のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS