Menu
 > 作品
 > タ行
 > 007/ドクター・ノオ
 > 黒猫クックさんのレビュー
007/ドクター・ノオ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 007/ドクター・ノオ
製作国
上映時間105分
劇場公開日 1963-06-08
ジャンルアクション,サスペンス,シリーズもの,小説の映画化,スパイもの
レビュー情報
《ネタバレ》 まさにそこそこ。大昔の冒険活劇という意味では手塚漫画とかナショナルキッドだとか、そういう遺跡から出土した様なお話に感じられることもなくはない。

この映画はまさに手塚治虫の初期作品を見てしまった様な、時代性を脳内変換しながら読み進んでよく考えながら何がよくできているのかを理性で再構築しながら見る必要がある。

で、むやみやたらに格好つけたボンドが、痛快に抱いたり殺し合ったり、捕まったり殺し合ったり、ラスボスと殺し合ったりしたりすると。実に007的な、緩い世界観がそこにはある。出てくる全員が大根役者にしか見えない様な不思議な間で作られるそれぞれのシーンは、後の007への道筋をいくつか示している。

そして007がとった道は、第一作からちゃんと存在するなんだかんだいってオッチョコチョイだよね、の一言で済ませられるあの味だったというのがやっぱり痛快であった。
黒猫クックさん [ビデオ(字幕)] 6点(2010-04-30 01:31:38)
その他情報
作品のレビュー数 72件
作品の平均点 6.08点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
322.78%
4811.11%
51318.06%
62433.33%
71419.44%
879.72%
934.17%
1011.39%
作品の標準偏差 1.43
このレビューの偏差値 49.59
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
007/ドクター・ノオのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS