Menu
 > 作品
 > タ行
 > 007/ドクター・ノオ
 > アングロファイルさんのレビュー
007/ドクター・ノオ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 007/ドクター・ノオ
製作国
上映時間105分
劇場公開日 1963-06-08
ジャンルアクション,サスペンス,シリーズもの,小説の映画化,スパイもの
レビュー情報
《ネタバレ》 今でこそ007=アクション映画という図式ですが、改めて第1作を見たら、これはむしろミステリーではないですか。ジャマイカの情報部員が行方不明になったため派遣されたジェームズ・ボンド。ほとんどハードボイルドの探偵です。女スパイとよろしくやったあと味方に引き渡すあたり、いかにもという展開です。それが島に上陸し、ドラゴン戦車やノオ博士の研究施設が登場すると、SFチックになってきます。この変身ぶりが楽しいですね。放射能を除去するプロセスが、なんかおかしくてちょいと笑えます。ただしあくまで探偵ものの延長であるためか、それほどぶっとんだ展開にはなりません。ボンドガールのハニーも見せ場はないし、ジョセフ・ワイズマンは敵役としてはちょっと薄味。アクションもあまりないのですが、前半だけでも十分楽しめました。というか、アクションに期待しなかったから楽しめたのかも。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-05-19 21:28:48)
その他情報
作品のレビュー数 74件
作品の平均点 6.09点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
322.70%
4810.81%
51317.57%
62533.78%
71520.27%
879.46%
934.05%
1011.35%
作品の標準偏差 1.42
このレビューの偏差値 59.51
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
007/ドクター・ノオのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS