Menu
 > 作品
 > タ行
 > 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
 > tottokoさんのレビュー
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
製作国英,米
上映時間163分
劇場公開日 2021-10-01
ジャンルアクション,サスペンス,シリーズもの,小説の映画化,スパイもの
レビュー情報
《ネタバレ》 ダニエル・ボンド最終章にふさわしい派手さと華やかさ。けっこうな長尺ですが、飽きさせずに引っ張る演出はさすがです。序盤から一級のサスペンス演出で見せる殺人者の登場、蜂の巣にされる車内の緊迫感(すっごい防弾力だ)。技術もアイデアも出し惜しみせずにガンガン来る贅沢さ。
ただ、キレた演出ぶりは中盤のキューバ潜入パーティでピークを迎えた感があり、話が進むにつれてラミ・マレックの悪役度も銃撃戦のヒリヒリ感もパワーダウンしちゃったのは残念。
とにかくも、今作の目玉はパロマを演じるアナ・デ・アルマスの鮮やかさ。美しくキュートでアクションのキレも申し分なく、見惚れてしまいました。ボンドに捨てられてうじうじしているレア・セドゥがせっかくの演技力を腐らせているのに比べて、新生ボンド・ガールのなんと素敵なことか。出番が少なくて嘆いているのは世界中で私だけではないはず。
そして007シリーズも時代の流れで変わっていくものなんだなあと感慨深かった。だってジェームズ・ボンドが妻子持ちになるなんて。マイホームパパになってしまっては世界観がひっくり返りますもんね。
なんにせよD・クレイグには素敵なボンド像をありがとうと言いたいしQファンのわたしは今作自宅に招かれて(?)とても喜ばしかったです。インターホンでボンドの姿を認めた時のいやそーな顔がたまりません。
tottokoさん [映画館(字幕)] 7点(2021-11-18 23:32:57)
その他情報
作品のレビュー数 37件
作品の平均点 7.08点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
212.70%
312.70%
400.00%
5616.22%
638.11%
7924.32%
8821.62%
9821.62%
1012.70%
作品の標準偏差 1.78
このレビューの偏差値 49.74
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
007/ノー・タイム・トゥ・ダイのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS