Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラスト・ターゲット(2010)
 > ゆきさんのレビュー
ラスト・ターゲット(2010) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ラスト・ターゲット(2010)
製作国
上映時間105分
劇場公開日 2011-07-02
ジャンルアクション,サスペンス,犯罪もの,ハードボイルド,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》  まさかの恋愛映画でしたね。
 冒頭、主人公が恋人と思しき女性を射殺するシーンが描かれており、色恋沙汰を排したハードボイルドな作風かと思いながら観賞していただけに、意外な印象を受けました。

 作中に映し出される風景は美しく、それらを眺めているだけで癒されましたし、観賞中「大人」の雰囲気に浸る事が出来る映画というのは、決して嫌いではないです。
 ただ、上述のように予想以上に恋愛要素が色濃くて、戸惑う面も大きかったですね。

 何と言っても、冒頭のプロフェッショナルとしての主人公の姿と、イタリアの町を訪れてからの主人公の姿が、どうにも一致していない印象を受けてしまいました。
 途中、ヒロインの事を疑って殺そうとする展開になるも、結局は悩んでいる内に「彼女は無実だった」と気が付くオチになったりして、何だか肩透かし。
 じゃあ最初のスピーディーな射殺っぷりは何だったのか、とついつい思ってしまいます。
 冒頭の彼女は恋人ではなく、自分が勝手に勘違いしていただけかも知れませんが「何で今回は対応が違うの?」と思ってしまい、最後までその違和感が拭えませんでした。
 それだけ彼女の事を愛していたんだろう、と納得さえ出来たら楽しめたと思われるだけに、非常に残念。
 せめて、もっと年数を経過させて、冒頭のシーンを遠い過去の出来事として描いてくれたのならば、印象も違ったかも知れません。

 主人公が黙々と腕立て伏せを行ったり、銃を組み立てたりする場面などは、とても良かったですね。
 クライマックスの、小銃に仕掛けを施しておいた事が分かるシーン。
 そして、無事に助かったかと思われた主人公が、実は撃たれていたと分かるシーンなども、衝撃的でした。

 熟成された苦味と同時に、どこか煮え切っていない甘味のようなものを残している。
 そんな一品だったと思います
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2016-05-29 18:01:59)
その他情報
作品のレビュー数 25件
作品の平均点 5.40点
作品の点数分布
014.00%
100.00%
214.00%
328.00%
4520.00%
5416.00%
6520.00%
714.00%
8520.00%
900.00%
1014.00%
作品の標準偏差 2.21
このレビューの偏差値 51.23
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ラスト・ターゲット(2010)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS