Menu
 > 作品
 > メ行
 > 女神の見えざる手
 > メメント66さんのレビュー
女神の見えざる手 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 女神の見えざる手
製作国米,仏
上映時間132分
劇場公開日 2017-10-20
ジャンルドラマ,政治もの
レビュー情報
《ネタバレ》 銃規制法案の可決に向け、凄腕のロビイストを描いた作品

様々な伏線を完全に回収し、
冷徹に合理的な判断を執り、感情の失禁と思わせるシーンも実際は思惑通り
本当に感情を揺さぶられた二つのシーン(離別した部下・売春夫の男気)も表現がうまい
脚本がとにかく素晴らしく、ジェシカ・チャステインの見事な演技も相まって楽しめました。

頭のいい人は本当にここまで考えて行動しているのか と思うとゾッとしますね。
私的見解では、スローンは銃規制への情熱よりも天才ロビイストとしての活動 が主だったものだと解釈しています。(終盤は半々くらいかな?)
この解釈だからこその唯一の欠点を挙げるとすれば、
そもそもサンドフォード(銃規制反対派)がロビー活動なんて考えず、金だけばら撒いてスローンに接触しなければ
スローンとしても、きっかけがなければ勝ち目の薄い銃規制法案への参入なんてしなかったのではないかと思うことくらいですかね。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-12-07 23:50:31)
その他情報
作品のレビュー数 31件
作品の平均点 7.42点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.23%
513.23%
639.68%
71238.71%
8825.81%
9516.13%
1013.23%
作品の標準偏差 1.24
このレビューの偏差値 47.27
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
女神の見えざる手のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS