Menu
 > 作品
 > オ行
 > 思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)
 > シロツグさんのレビュー
思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)
製作国
上映時間124分
劇場公開日 2020-08-14
ジャンルドラマ,ラブストーリー,青春もの,学園もの,漫画の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 引きちぎりたい。引きちぎりられたい。モラトリアムな世界では、みんなピュアです。
4人の人間関係と青春群像(表現が古いか)と、それぞれの状況が交錯する。タイトルどおりしんどい年ごろです。

それぞれ気持を丁寧に、言葉で表現してくれて、見ているほうは流れに乗れます。
すれ違いの切なさがないのはちょっとさびしいですが
心動きの布石を全回収しようと試みた映画です。心の線が絶妙につながっています。
なぜか正直に元気になれる作品でした。

「執着」・「呪縛」・「すり替え」・「妥協」・「挑戦」・「共感」その繰り返しですね。
一歩踏み出せない人必見かもしれない。抜き捨てた自分になれるかも。
「踏み出すリスクを背負っても、殺されるわけではない。その次のステージへ。」今の人生観なのかもしれませんね。

「君膵」にはなかったはじめての・・・。なぜかうれしくなりました。・・・させたかったんですよね。状況はどうでも。
思い出づくりに。なんかよかったでプラス1点。

(私的に)吉本莉子さんは「映像研」のほうが切れがいい。間の取り方が最高です。
この作品もいいですがね。
シロツグさん [DVD(邦画)] 8点(2021-03-31 00:09:29)
その他情報
作品のレビュー数 6件
作品の平均点 6.50点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4116.67%
500.00%
6233.33%
7116.67%
8233.33%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.38
このレビューの偏差値 57.83
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
思い、思われ、ふり、ふられ(実写映画版)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS