ゴジラ-1.0 の K&K さんのクチコミ・感想

Menu
 > 作品
 > コ行
 > ゴジラ-1.0
 > K&Kさんのレビュー
ゴジラ-1.0 の K&K さんのクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ゴジラ-1.0
製作国
上映時間125分
劇場公開日 2023-11-03
ジャンルSF,戦争もの,シリーズもの,パニックもの,特撮もの,モンスター映画
レビュー情報
《ネタバレ》 ゴジラは“日本を襲う破壊の象徴”です。初代ゴジラは原爆。シン・ゴジラは東日本大震災。そして本作のゴジラは太平洋戦争(※書き方として東京大空襲と迷いましたが)でしょうか。
圧倒的な物量を誇るアメリカ軍を相手にした戦争は、まさにゴジラを相手に戦うようなものだったことでしょう。
最初のゴジラは軍人だけの基地に出てきました。そしてより巨大になって本土に上陸し、街を壊して人を踏み潰します。
戦争は軍人同士が海の向こうで戦うものだと思っていたのに、空襲で自分の家が焼かれ、家族が殺される。アメリカ軍の無差別爆撃とゴジラの破壊行為。両者にどんな違いがあるだろうか。

三丁目の夕日の、少し前の日本が舞台。帝国海軍も警察予備隊も無い、自衛能力のない時代の日本とゴジラの戦い。役目を終えた軍艦が呼び起こされ、日の目を見ることのなかった戦闘機が空を舞う映像は、過去のゴジラ作品のどんな秘密兵器よりもアツい展開でした。
焼け野原から徐々に復興していく東京の町並みと、少しずつ生活も安定してきて、家族になっていく敷島と典子。ようやく前を向いて生きていこうとした矢先…自分が死ぬのが怖くて特攻出来なかった敷島。彼が特攻しなかったから家族が死んだわけではないけど、戦うべきときに戦わなかった報いが、後々重くのしかかる。因果応報。終わらない戦争。
人間ドラマに重点を置いた本作、後半涙腺緩みっぱなしでした。説明が丁寧だから、展開は読めるんです。それでも涙が出てきます。ありえない最後も全然受け入れられました。エンドロールが始まっても、ほっぺが涙でベチャベチャです。想像以上に良いものを観せてもらいました。



さて。彼女に何があったのか。彼を突き飛ばした後、あの勢いで吹っ飛んだんだから、五体満足なハズはない。
街に飛び散ったゴジラの肉片には、強い放射能だけでなく、強い再生能力も有している。首筋のアレは、飛び散ったコレなんだろう。
何か不吉な未来を暗示しているようにも思えるけど、私は“マイナスを乗り越えてきた日本人”を表しているんだと思った。
どんなに傷つき、どんなに破壊されても立ち直ってきた日本。過去の被害を隠すこと無く、むしろ吸収して乗り越えてきた日本人。戦争、原爆、大地震も乗り越えた日本人は、ゴジラによる未曾有の破壊を受けても、それさえも吸収して乗り越える力があるんだ。という意味だと解釈しました。
…ただもし今後『ゴジラ・ゼロ』とか続編があるなら、解釈変わるだろうけど。
K&Kさん [映画館(邦画)] 8点(2023-11-21 00:00:20)
K&K さんの 最近のクチコミ・感想
投稿日付邦題コメント平均点
2024-03-02龍拳5レビュー5.33点
2024-02-26男はつらいよ 寅次郎の休日4レビュー5.80点
2024-02-26エレファント・マン8レビュー7.41点
2024-02-24クイック&デッド6レビュー5.46点
2024-02-24グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版6レビュー6.50点
2024-02-21戦場のメリークリスマス7レビュー6.31点
2024-02-18グラディエーター8レビュー7.40点
2024-02-17男はつらいよ ぼくの伯父さん7レビュー6.70点
2024-02-17蜘蛛巣城9レビュー7.57点
2024-02-13アメリカン・ハッスル5レビュー6.30点
ゴジラ-1.0のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS