みんなのコミックレビュー Menu

ヘルタースケルター

連載開始1995年
連載終了1996年
コミック数1冊
連載終了
平均点:9.00 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス
[ヘルタースケルター]
新規登録(2007-10-25)【no one】さん
タイトル情報更新(2007-10-29)【no one】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者岡崎京子
出版社祥伝社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行表示 ※《改行表示》をクリックすると個別に改行表示致します
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.時代を超えた力はあるが、時代を超えられない何かもあるように思う。
みんな嫌いさん 8点 [全巻 読破](2008-08-01 11:03:55)
《改行表示》
4.《ネタバレ》 いたましや~いたましや… 男の漫画ではありえないっすね…  ある意味凄く…また怖い
栗頭豆蔵さん 9点 [全巻 読破](2008-03-21 23:58:10)
3.《ネタバレ》 ビートルズのへルタースケルターより、エアロスミスのヘルタースケルターを聴きながら読みたい逸品です。何の言葉も出ません。破滅の美学と思いきや、実はその対極を行ってました。リリコの何もかもを超越している強さに10点です。ものすごいキャラクターですね。実写映画化してほしいっす。舞台がハリウッドとかでもはまると思います。むしろハリウッドの方がはまるんじゃ(笑)
Shioriさん 10点 [全巻 読破](2008-01-16 09:11:27)
《改行表示》
2.《ネタバレ》 若かりし頃、フィールヤング連載中から毎月と~~っても楽しみにして 読んでいました。岡崎先生の事故の影響でコミックが出るのがとても 遅かったので手に入れたときは嬉しかったと同時に切なくなった。岡崎 せんせいのまんががまた読めるのを一生待ってます(涙) 決して明るいお話ではなく、全てがまさに「へルタースケルター」の題名 通り、お先まっくらな未来に猛スピードで滑り降りていくお話ではあるのですが、 なぜか、雑誌連載中も一話一話、読み終わった後に元気が出ました。 それは主人公リリコ(全身整形のファッションモデル)のセリフ全てにやけに共感 できるとともに、リリコのたくましさ・突き抜けた感覚にはどこか憧れずにはいられないからでしょう。いや、あんな風にはなりたくない、でもリリコは結局、全ての 女の子の化身でもあるのです。この漫画を読むと、マドンナの「What It Feels Like For A Girl」が聞きたくなりますね。要するにそういう事なのです(?)
やわらか戦車さん 9点 [全巻 読破](2007-12-20 14:30:18)
《改行表示》
1.《ネタバレ》 岡崎作品は暗いものが多いけれど、とりわけ読み進めるのが辛いのがこれ。ほんとうは何もかもが崩壊寸前だとわかっているのに、平気な顔を取り繕いながら綱渡りの生を歩む。やがては破綻するであろうことが明らかなだけに、全編に渡って剥き出しの神経を掻き毟られるような心地がした。  他作品でも同様だが、突如差し込まれる見開きがすごく効果的だ。しかも大抵は直線ばかりで構成されたうら寂しい都市の風景。あるいはオーブンに頭を突っ込んだ死体という、読んでいる者をぶん殴るような絵。面白いから本を閉じるまではいかないんだけど、この読んでいてぎりぎりまで追い詰められるような焦燥感は、すごい。  ところがこの悲劇的な物語は、ラストで思わぬ着地をみせ、突き抜けたような不思議な明るさを漂わせる。続編なんてなしに完結させてほしかったという気もするけど、これも悪くないのかな。絶望的な虚無を描きながらもどこかしら切ない美しさがある、痛ましい傑作。
no oneさん 9点 [全巻 読破](2007-10-28 17:33:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 5人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8120.00%
9360.00%
10120.00%

Copyright(C) 1997-2022 JTNEWS