みんなのコミックレビュー Menu

ヴィンランド・サガ

連載開始2005年
コミック数5冊
連載中
平均点:7.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
歴史もの
[ヴィンランドサガ]
新規登録(2007-11-01)【.】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者幸村誠
掲載誌週刊少年マガジン2005年4月~10月
月刊アフタヌーン2005年12月~
出版社講談社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 空気感はプラネテスと似た感じ、単行本で読んでいますがいつ出るかわからないのがつらいところ。
ないとれいんさん 7点 [全巻 未読](2012-05-21 23:01:34)
2.面白いなぁと思うのは、こうした漫画に日本人特有の倫理観を極力外した形で描いている事かな。でも、そうなるとどうしても日本人には受け入れ難い話になってしまうので、微妙に日本人にもわかる表現、行動を織り交ぜる事によって分かる様にはしています。話自体はまだまだこれからだとおもうので今後に期待です。
奥州亭三景さん 7点 [全巻 未読](2011-10-10 19:58:23)
1.《ネタバレ》 入念な取材に基づいてヴァイキングを描き、重厚な世界観を構築している。リアリズムに徹しつつも格闘漫画ばりのアクション描写や、魅力的なキャラクターの配置で読者を飽きさせない。ヴァイキングが「愛」という概念にまったく馴染みがないという描写があるように、現在のそれとはかけ離れた価値観を教えてくれるのも興味深いところ。物語はまだまだ始まったばかりといった感じなので、これからどういった方向に展開していくのかわくわくしながら待ってます。

欲をいえば、ヴァイキングたちが現代日本の若者みたいな話し方をするのがちょっと微妙。作者も何か思惑があってこうした言葉使いを採用したのかもしれないけれど、当世のサブカルチャーを安易に取り込んでも安っぽくなるだけではないかと。
no oneさん 8点 [全巻 未読](2007-11-11 22:04:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 3人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7266.67%
8133.33%
900.00%
1000.00%

Copyright(C) 1997-2023 JTNEWS