みんなのコミックレビュー Menu

沈黙の艦隊

連載開始1988年
連載終了1996年
コミック数32冊
連載終了
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションドラマ戦争もの政治もの
[チンモクノカンタイ]
新規登録(2018-02-03)【まかだ】さん

Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
作者かわぐちかいじ
掲載誌週刊モーニング
出版社講談社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 男しか出てこない熱~い現代戦争・政治ドラマ(もう古いけど)。
このマンガの優れているところは、潜水艦の戦闘を緊張感を持たせて描いただけでなく、政治状況を克明に描いて見せたところ。
特に、16巻あたりの日本4党首対決は、4者4様の主張、政治闘争をリアル感を持って見せている。
自分はこの4人全員を好きになり、中でも一番好きな党首が首相になった。
これだけ見事な政治フィクションのマンガは、他にないと思う。
ただ残念なことに、連載当時、あまりに人気が出たために、20巻以降はどう見ても連載を引き延ばしたとしか思えない展開になり、つまらなくなる。
主人公は軍人なのに妙な政治思想を主張しだして、それが受け入れられるとか、アメリカ大統領が考えをコロコロ変えたりとか、まるで説得力がなく、とてもついていけない。
ただそれでも、大勢の軍人、政治家の熱い個性を描き分けた、絶対に忘れられない作品でもある。
かわぐちかいじって、実はいろんなジャンルのマンガを描いているんだけど、日本の軍事ものしか描いていない印象がある。
それは、この「沈黙の艦隊」を初めとした作品群が優れていて、強すぎる印象を残しているから。
まかださん 8点 [全巻 読破](2018-02-04 18:51:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

点数分布 [全巻未読] [全巻読破]
Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

【講談社漫画賞 情報】

1990年 14回
一般部門 受賞 

Copyright(C) 1997-2018 JTNEWS