みんなのシネマレビュー Menu

キングダム・オブ・ヘブン

Kingdom of Heaven
2005年【米・和蘭・独・英】 上映時間:145分
平均点: / 10(Review 85人) (点数分布表示)
アクションドラマアドベンチャー戦争もの歴史ものロマンス
[キングダムオブヘブン]
新規登録()【V】さん
タイトル情報更新(2016-10-30)【イニシャルK】さん
公開開始日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督リドリー・スコット
キャストオーランド・ブルーム(男優)バリアン・オブ・イベリン
エヴァ・グリーン(女優)シビラ
リーアム・ニーソン(男優)ゴッドフリー・オブ・イベリン
ジェレミー・アイアンズ(男優)ティベリウス卿
エドワード・ノートン(男優)ボードワン4世
デヴィッド・シューリス(男優)ザ・ホスピタラー
ブレンダン・グリーソン(男優)ルノー・ド・シャティヨン
マートン・ソーカス(男優)ギー・ド・リュジニャン
ニコライ・コスター=ワルドウ(男優)村の保安官
ジョン・フィンチ(男優)
マイケル・シーン(男優)司祭
イアン・グレン(男優)リチャード1世
内田夕夜バリアン・オブ・イベリン(日本語吹き替え版)
津嘉山正種ゴッドフリー・オブ・イベリン(日本語吹き替え版)
有本欽隆ティベリウス卿(日本語吹き替え版)
家中宏ボードワン4世(日本語吹き替え版)
中博史ルノー・ド・シャティヨン(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ギー・ド・リュジニャン(日本語吹き替え版)
西村知道サラディン(日本語吹き替え版)
横島亘(日本語吹き替え版)
脚本ウィリアム・モナハン
音楽ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
編曲ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影ジョン・マシソン
製作リドリー・スコット
20世紀フォックス
ヘニング・モルフェンター(共同製作)
製作総指揮ブランコ・ラスティグ
リサ・エルジー
テリー・ニーダム
配給20世紀フォックス
特殊メイクアラン・ヘッジコック
ウォルド・メイソン
クリフ・ウォーレス
特撮ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
美術アーサー・マックス(プロダクション・デザイン)
衣装ジャンティ・イェーツ
編集ドディ・ドーン
字幕翻訳戸田奈津子
その他ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ(指揮)
ブランコ・ラスティグ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
20世紀フォックス(提供)
あらすじ
十字軍がエルサレムを占領して100年近くが経った頃、フランスで鍛冶屋を営んでいたバリアンは、生き別れていた父親・ゴッドフリーの誘いでエルサレム王国を訪れる。エルサレムは国王ボードワン4世の下、キリスト教徒・イスラム教徒の間で和平が築かれていたが、一部のキリスト教徒の暴挙により関係が悪化。サラディン率いるイスラムの軍隊が進軍を始める。バリアンは父に教えられた騎士の誓いを胸に、イスラム軍に立ち向かうのだが…
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
85.グラディエーターのほうが数百倍面白かったな。あちらはフィクションで、こちらは割と実話に忠実のようなので比較してはいけない??主演のオーランド・ブルームがかなり地味に感じました。ノートン、どこに出てたのか…?全く気づけなかった自分にガッカリ!!
SARAさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-12-27 22:48:48)
84.全然印象に残っていない映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-26 00:30:11)
83.この映画は期待して鑑賞したのでガッカリ感が強かったです。全体的に迫力もあって雰囲気も良かったのですが、主人公ありきで進む予定調和なストーリーが全くもって全然ダメでした。
突然現れた息子バリアンが強くてカリスマ性もあってと、何から何まで都合良過ぎる感が強いのが違和感あり過ぎです。そんな強引に持ってゆかずに、無理せずオヤジさんの「ゴッドフリーの伝記」として映画を組み立てたほうがずっと自然だったと思います。その点が悔やみきれないくらいに残念でした。いくら息子が熱弁を振るっても終始説得力を感じることはありませんでしたね。(だってどこの戦地に行ってもゴッドフリーの武勇伝が轟いているのだもの)

余談ですがエドワード・ノートンの使い方が凄すぎます。(あの役は助監督さんあたりが適当に入っていても別に問題なかったのでは?)
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-09-23 17:34:29)
82.《ネタバレ》 戦闘シーンの壮大なスケール感が凄かった。燃えた石がドガーン!とぶつかる。で、宗教的にエルサレムが聖地ってことだけは解った。
山椒の実さん [テレビ(吹替)] 6点(2014-05-04 01:08:09)
81.りドリースコットらしく、映像とか、スケール感は十分だったんだけど、如何せんストーリーが平坦。キリスト教対イスラム教、対立軸は明確だったけど、人間ドラマに乏しくて。キリスト教内の人間関係もわかり難い。宗教が戦争のために指導者に利用されるというメッセージは十分に伝わる。イスラムの英雄サラディンの名前だけは頭に刻み込めるので、世界史の勉強には少し役立つ。全般的になんかグラディエーター、トロイの劣化版のような感じ。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-06-30 22:00:51)
80.《ネタバレ》  洋画の歴史物ってあまりはずしたことはなかったんですけど、これは駄目でした。
まず、皆さんのレビュー読んでると、そのまま歴史と受け止めてる方が多いんですが、随分改変が多いですよ。塚、テレビドラマの断りじゃないけど、「この映画に出てくる登場人物、出来事は全くの架空の物であり、類似していたとしてもそれは全くの偶然である」くらいの注意書きが欲しいくらい。w
 まず主人公のバリアンですが、エルサレム生まれの貴族であって、フランスとも鍛冶屋とも全く関係ありません。エルサレム陥落後も彼の一族はキプロスの貴族として栄えました。
 またシビラとの結婚話があったのは彼の兄であり、駄目になったのは国王の意思でした。
 それとエルサレムは講和じゃなくて、降伏開城であり、退去が許されたのはあくまで、サラーフッディーンの慈悲です。
 西洋史に疎い日本人だったら別に気にもしませんが、欧米の人はどう思ったでしょうね。
で、そんなに無理してまで改変して何かを訴えようとしたんでしょうが、無理がひびいて、おかしなところだらけで、もうメロメロです。
 いくら辺境とはいっても、中世のキリスト教国で非嫡出児の家督相続とかありえないし、それまで鍛冶屋として生きてきた人間が、剣の腕がいいのはまだ個人的な資質として説明できるとしても、戦略的な才能をいきなり示し、素人を率いてイスラムの大軍と互角以上に勝負する、もう訳わかりません。
 王女との結婚にしても、無理やり彼が断ったことにしたために、彼の行動を思慮の浅い
ものに感じさせてしまってます。
別に映画なんだから、必ず歴史どおりにする必要は全然無いんだけど、変えたなら変えたで、説得力のある現実よりおもしろいものにしてもらわないと。
 あと、全般にほとんど敵視に近い宗教軽視もすごく違和感を感じました。
別に製作者が宗教を軽んじるのはかまわないんだけど、自分が軽くみてるからといって、中世のイスラム教徒や十字軍の騎士にまで軽んじさせるのは、最初からリアリティを放棄してるとしか思えません。
 人間の価値観は、環境や教育で形作られるんだから、その時代の価値観とかけ離れた価値観の人間を創造しようとしたら、それなりの描写の積み重ねが必要かと。 
このての宗教軽視って日本の歴史学者だけかと思ったら、キリスト教国の人間にもいるんですね。
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-12-16 11:21:02)
79.戦闘シーンは大迫力でも、いかんせん十字軍のことがよくわかっていない私は…勉強して見直します。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-12-13 22:19:48)
78.戦闘の、特に投石シーンは迫力あり。主人公の殺人の懺悔はどこに行ってしまったんだろう。
nojiさん [テレビ(字幕)] 5点(2009-08-10 15:09:23)
77.《ネタバレ》 歴史物はあまり見ないのですが、dvdやすかったので、つい購入してしまいました。
しかしながら、リドリースコット監督ですか、見てるうちに引き込まれてしまいました、すばらしい。オーランドブルームのところに現れたのは、本当に父親なのですか?。それとも、たまたま、若い兵士を勧誘している間に、そうなのったのか?、そんな風に、思っていました。ヒロインのエバグリーンも、素敵だし。でも、なぜ、オーランドは、王に声をかけられたとき、断ったのですか?。あの時受けていれば、こんなに、たくさんの兵士が死ななくて、よかったのに、よこしまな、悪役が、死ねばそれで、彼女も、奥さんにできたのに、その辺が良くわからないです。最後には、また、一緒になるのに。あと、もっと、早く、和解はできなかったのか、とか、かんがえちゃいましたが、映像はどの部分をとっても、すばらしいの一言です。さすが、リドリスコット監督ですね。制作費1億3千万ドルって、書いてあったけど、日本円に直すと、156億円ってことですか。これで、興行収入は大丈夫だったのかな、ちょっと心配になりました、えいがって、本当に楽しめますね。感動できました。
yasutoさん [DVD(字幕)] 10点(2009-07-28 04:30:10)
76.《ネタバレ》 前後編で鑑賞。ジョン・ウーの赤壁よりいいとおもった。「1000年後も平和は訪れていない」、、が心に残った。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-07-26 00:29:33)
75.《ネタバレ》 リドリースコット監督だけあって映像の迫力と壮麗さは安心印。ただ、お話の筋が・・結局は、主人公が責任から逃げた為に国が滅んでしまった話を、無理矢理英雄譚に仕立て上げましたって感じ。無理があります。戦争の発端となるバカ王子にしても、愚者は愚者なりに己の生き残りの為の知恵には長じているはずで、あんな自殺行為をするとは考えにくい。悪役に説得力の無い映画はイマイチです。ナターシャ・アトラスのエンディングテーマは良かったです。
番茶さん [DVD(字幕)] 6点(2009-01-12 19:40:42)
74.キャストは豪華なのですが、単純に話の筋が面白いとは如何しても思えませんでした。
やっぱりこういう戦記物にはある程度のスペクタクルが必要不可欠だと思います。
民朗さん [試写会(字幕)] 5点(2008-08-12 00:14:22)
73.《ネタバレ》 バリアンが、エルサレム明け渡しの交渉が済み、最後の別れ際にサラディンに
「エルサレムの価値は?」と聞くと「無だ。」「しかし、全てだ!」と答えましたが、
それが、この映画の全てを語りつくしていると感じました。それにしても
いつもながら、凄まじい位にスケールの大きな映画で、観る度に色々な
事が分かりつつあります。エルサレム攻城戦の映像は特に凄かったです。
攻城塔を銛を打ち込んで引っ張って横倒しにする、などの防御法は
初めてみました。▼自殺した妻の十字架のネックレスを埋めたのは
キリストが処刑されたゴルゴダの丘だったのですね。最後に故郷で眺めていた
花は桜の花だったような?ボードワン4世の崩御時のバックに流れた音楽は、
同じリドリー・スコット監督の「ハンニバル」の野外オペラシーンで使用されたパトリック・
キャシディ作曲の「ダンテス・ラ・ヴィダ・ノーヴァ」で、「あらら?同じ監督だだから、こんなのもありなのなのかなぁ?」と思ってしまいました。まあ、違和感はなく、むしろ高貴な悲愁感を漂わせていて非常に良かったのですが・・・・。最後に「この村にくると、バリアンに会えるといわれたのだが?」と尋ねたのは獅子心王リチャードだったのですね。まだまだ色々な事が分かって来そうな気がします。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 8点(2008-05-30 20:22:02)(良:1票)
72.《ネタバレ》 なかなか壮大で観ていて飽きることなく楽しめました。劇中でも触れられているように、宗教のために戦争が起こるのではなく戦争の理由として宗教が利用される。それは現代でも数百年前の昔でもきっと変わることのない真実なのでしょう。劇中で幾度か出てきた『あなたに平和を』という台詞。この言葉を心から他人にかけれる人が世界中に溢れたならこれ以上に愚を重ねることはなくなるでしょう。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-03-01 12:59:20)
71.《ネタバレ》 十分に楽しめました。ただ一つ言わせてもらうとこれだけおもしろいストーリーなのに主役のオーランド・ブルームばっかり目立っちゃってなんだか話全体がチープに感じました。女王様との禁断の恋とかそんなもんはいいからエルサレムをめぐるそれぞれの立場をもう少し濃く描いてほしかったです。でも映像はピカイチ。戦闘シーンはもちろんそれ以外のシーンもとても美しかった。全体的にテンポが早めだったので美しいカットがすぐ切り替わっちゃうのは少し残念な気がした。
鼻くまさん [DVD(字幕)] 8点(2008-02-20 04:18:32)
70.物語として、パッ としない..人物描写が浅いし..展開の必然性も軽い(説明不足)..この物語を映画にするには、3時間30分以上の大作でないと~..
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 6点(2008-02-08 12:21:19)
69.《ネタバレ》 DVDを買って何度も見てたら惚れ直しました。
素晴らしい。実に実に素晴らしい。ディレクターズカット買うしかないです。
オーランド・ブルームもなかなか頑張っているし、エヴァ・グリーンは無茶苦茶美しいし、ジェレミー・アイアンズは渋いし、エドワード・ノートンは眼だけですが、これほどなで肩が似合った役も無い(笑)配役がもう最高。サラディンらイスラム陣はひたすらにカッコイイ!!
リドリー・スコットの映画には一度見たら忘れられない、印象に残るシーンが一箇所は必ずあるのですが、この作品ではボードワンがルノーを鞭で叩くシーン。
画の美しさはいわずもがなですが、どのシーンも眼を見張るほど美しい!!
葬儀のシビラの喪服の美しさ、そして死に顔アップの悪趣味さ、リドリー変態シュミも炸裂して大満足(笑)
桐生史さん [映画館(字幕)] 10点(2007-11-24 00:00:11)(良:1票)
68.《ネタバレ》 合戦シーンは楽しめました。
あとはあまり印象に残りません。
かじちゃんパパさん [DVD(字幕)] 6点(2007-10-15 15:56:09)
67.《ネタバレ》 私の好きな歴史スペクタクル系。剣にキスをして敵陣に突っ込んでいくシーンはかっこよかったのだが、その後が悪いので減点。
あるまーぬさん [映画館(字幕)] 8点(2007-07-21 14:41:13)
66.豪華コスチューム役者そろい踏み。そのわりにはつまんないったらありゃしない。
mimiさん [映画館(字幕)] 5点(2007-05-02 20:21:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 85人
平均点数 5.91点
000.00%
100.00%
222.35%
367.06%
489.41%
51618.82%
62327.06%
71821.18%
889.41%
900.00%
1044.71%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.22点 Review9人
2 ストーリー評価 7.00点 Review15人
3 鑑賞後の後味 6.83点 Review12人
4 音楽評価 7.23点 Review13人
5 感泣評価 5.00点 Review8人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS