みんなのシネマレビュー Menu

セント・オブ・ウーマン/夢の香り

SCENT OF A WOMAN
1992年【米】 上映時間:157分
平均点: / 10(Review 283人) (点数分布表示)
ドラマ学園もの小説の映画化
[セントオブウーマンユメノカオリ]
新規登録()【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-03-23)【S&S】さん


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Google映画にて検索 ・Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・ブレスト
キャストアル・パチーノ(男優)フランク・スレイド中佐
クリス・オドネル(男優)チャーリー・シムズ
ジェームズ・レブホーン(男優)トラスク校長
ガブリエル・アンウォー(女優)ドナ
フィリップ・シーモア・ホフマン(男優)ジョージ・ウィリスJr.
ブラッドリー・ウィットフォード(男優)ランディ
ロン・エルダード(男優)ゴア巡査
ジューン・スキッブ(女優)ハンセイカー夫人
フランセス・コンロイ(女優)クリスティーン
野沢那智フランク・スレイド中佐(日本語吹き替え版)
江原正士チャーリー・シムズ(日本語吹き替え版)
納谷六朗トラスク校長(日本語吹き替え版)
沢海陽子ドナ(日本語吹き替え版)
真地勇志ジョージ・ウィリスJr.(日本語吹き替え版)
井上喜久子(日本語吹き替え版)
原作ジョヴァンニ・アルピーノ
脚本ボー・ゴールドマン
音楽トーマス・ニューマン
編曲トーマス・パサティエリ
撮影ドナルド・E・ソーリン
製作マーティン・ブレスト
G・マック・ブラウン(製作補)
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮オビディオ・G・アソニティス
ロナルド・L・シュワリー
配給UIP
美術アンジェロ・P・グレアム(プロダクション・デザイン)
ジョージ・デ・ティッタ・Jr
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
衣装オード・ブロンソン・ハワード
デヴィッド・C・ロビンソン[衣装](衣装デザイン助手)
編集ウィリアム・スタインカンプ
ケン・ブラックウェル〔編集〕(編集助手)
マイケル・トロニック
字幕翻訳戸田奈津子
その他G・マック・ブラウン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ダニー・アイエロ三世
あらすじ
学生のチャーリーは、アルバイトで盲目の退役軍人フランク(アルパチーノ)の世話をすることになった。フランクは無理やりチャーリーをニューヨークの旅に同行させる。旅行中、チャーリーの心は浮かない。彼はある事件に巻き込まれ退学の危機に陥っていたのだ。そんな中、フランクはこの旅の最後に俺は自殺をすると平然と言い出した・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
283.《ネタバレ》 大勢が観ていて、そして高い評価の映画。
ではあらすじ。
口汚く目の見えない元軍人(中佐)が、高校男子(高潔な苦学生)とNYで数日をすごす。
苦学生の目的は介護のお金(300ドル)で、元軍人の目的は自殺。
元軍人は人生に絶望しており、苦学生は退学の問題をかかえていた。

演出と演技がとても良いので、安心して観ていられる。
だが、元軍人の男が最悪である。暴言ばかり吐き、周りからすごく嫌われている。
それに盲目なのに、高級車(試乗車)を運転しスピード違反をする。同乗者がいるのに。

元軍人は実は良い人なのは分かる。
だが、どう考えても自己中心的な嫌な奴。
もし自動車事故を起こしていたら、どうするつもりだったのか。
この男、現実にいたら正真正銘のダメ男だし、自殺して悲しむ者はいないだろう。

だがこれは映画。映画だから楽しめる。
だから、(このサイトで)とても評価が高いのだろう。
ラスト、正義の演説と正義の結末。観客は満足するのだろう。
だが現実の組織(学校や企業)では、この映画の最終判決の「逆ばかり」。この映画の中の校長や有力者の態度が、現実では正義であり、そして金持ちが一番偉いと考えるのが現実の日本社会だろう。
だから、日本のこの映画サイトで評価が高いのは「おかしいな~」としか思わない。

「現実は長いものには巻かれろよね~」
「だけどこれ映画だしね~」
という前提で日本の人たちは毎日暮らしている。
だけど理想は、この映画のような結末なのだろう。
だからこの日本の映画サイトで、この映画が、大勢から高い評価なのだろう。
最後に……二時間半と長いが演出が良いので退屈はしないし面白いから、実は割と好きな映画。
パルプンテ未遂さん [DVD(字幕)] 7点(2017-01-20 02:43:12)★《新規》★
282.《ネタバレ》 この映画を観た後、思ったこと。この国(アメリカ)は何て手強いんだろう、てことだった。戦争で手足を奪われたり、悲惨な光景を目の当たりにしてきたアルパチーノ演じる軍人が最後、生徒たちの前で言った「一番悲惨なのは魂がつぶれた人間」という言葉に、生徒たちの多くが拍手を送る光景を見て思った。映画だけど、支持されてる映画ってことは共感されてるってことだ。1990年代の映画だが、エリート校の生徒たちがこのような考えをもって大人になるのだとしたら、2010年代の暗礁に乗り上げたようなアメリカではあるが、地下に脈打つ国民の魂は死んではいないってことかもしれない。でも中東との戦争で変わったかな?でも根っこはこういう国民性だよね。日本のエリート校はどうだろう?陰惨ないじめなどのあるこの国で、果たしてこのアメリカと伍する国民性を持ちうるか?そう思った。しかし偏屈な盲目軍人をアルパチーノが見事に演じていた。この人の愛すべき老人になろうとしない毒舌に、最後は皆が拍手を送るんだなぁと微笑ましく思った。
トントさん [ビデオ(字幕)] 8点(2016-08-28 21:56:07)
281.盲目の退役軍人、アルパチーノ。メチャクチャ偏屈なのだが、過去の華麗なる経験則を世話をしてくれるアルバイト男子にさり気なく伝授する。タンゴを踊るシーン、最後のバカ校長をやり込めるシーンはカッコいいですよ!
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2016-06-26 01:31:20)
280.《ネタバレ》 映画にはストーリーとかに関係なく
忘れがたいシーンというか
なんかすごく印象的なシーンがあったりします
この映画のタンゴのシーンは、その屈指のひとつです

繊細さと孤独と後悔を内に抱え込んで
口汚く振る舞うことしかできないフランク
アル・パチーノにしかできない名演だと感じました
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 10点(2016-05-13 01:35:40)
279.《ネタバレ》 アルパチーノの演技だけかな?学校の問題自体が幼稚。校長もチンピラ程度の悪で、相手不足。関係する友達の
内面、葛藤、人間性の部分の描写も薄い。中佐の現役の話、女好き、フェラーリの運転も、何か上滑りしているような・・
悪くはない映画だが、記憶に残るとは言えない
cogitoさん [DVD(字幕)] 6点(2015-10-11 20:02:53)
278.《ネタバレ》  タンゴのシーン、最高でした。中佐と女性のダンスが素晴らしかったし、随分綺麗な女優さんだったし、音楽も良かった。(多分、何度か聞いたことはあると思うんだけど、今回初めてはっきり意識して購入しました、だからその点だけはこの映画見て良かったと)
正直、今職場で組まされてる人間が、コミ障気味で一人で延々話し続けることが会話だと勘違いしてる人間なんで、この中佐の独りよがりの語り口がうざくてうざくて、感謝祭の食事での親戚たちのうんざり具合、到底他人とは思えなくて同情に耐えませんでした。
そもそも悪戯をした連中友達なんでしょうか?少なくとも相手は貧乏人の給費生と見下してるだけで絶対友達とは思ってないですよね。
なぜ、それを頑なにかばうのか、そしてその行為を中佐が絶賛するのか理解できないんで、どこで感動したらいいか全くわからない映画となりました。

まあ、仮にですが、あの連中が酒場で若い女性を輪姦して、それを主人公が裁判の場で証言したとしたら、やはり中佐の価値観からすれば糞なんでしょうかね。
(わがるやつだけわがればいい)
映画の中の価値観が全く分からないので、高評価も理解できません
自分の人生って言ったら大げさだけど生活を変える作品になりました。ドナを演じた女優さんがあまりに好みなんで、いろいろ検索したらBSの無料放送でやってるスパイ物にぶち当たりまして。まあぶっちゃけ女優さんそのものは別人か?ってくらい劣化してたんですが、ドラマそのものが結構面白くて。
今まで全く手を出して無かった海外ドラマを見始めるようになりました。日々の生活っていろんなことがあって面白い
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-09-07 12:56:30)
277.《ネタバレ》 盲目の退役軍人の老人の下で介護のバイトをすることになった苦学生の男が
老人と触れ合ううち心の弱さを克服する成長ストーリー・・・と思いきや
自暴自棄になった老人が人生を見つめなおし自分の弱さを克服する話w
終わった後思わずつっこみましたねー。
途中で主人公代わっとるがなw
でもまぁアルパチーノの演技はいいです。
技術がどうこうでなくオーラを感じます。
絵になるというか・・・。
話はたいしたことないですね。
SASUKEさん [DVD(吹替)] 4点(2015-06-25 00:26:10)
276.《ネタバレ》 アル・パチーノは本作で主演男優賞を受賞しましたが、私の個人的意見としてはカリートの道のほうが彼らしく、そして哀愁もあって美しくて主演男優賞に相応しかったように思いました。

さてこの映画、パチーノの力の入り具合に反して内容がイマイチ伴わない映画だったと思います。パチーノの貫禄が消えずに残ってしまっており、ただの頑固ジジイに見えない点が残念でした。(何かやってくれそうな雰囲気なのにラストは大人としては至極普通の演説でした)

結果的にパチーノの成長物語だった訳ですが、この映画を高貴なものに高めている一翼に女性好きの表現の仕方があります。香りで女性を見抜けるのは素晴らしかったと思います。でもパチーノの人間性の深みには繋がっていないように感じました。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2015-01-02 15:38:32)
275.《ネタバレ》 超エリート校に奨学金で行く…というのはツライのかもしれない。
知人(庶民)の息子がお坊ちゃま中学へ進学し、「X’masプレゼントはヴィトンの財布がいい。だってみんな持ってる」と息子に言われて知人(父親)はのけぞったそうな。男子だってそうなんだ、しかも日本で。そりゃアメリカのエリート校はもっとそうだよねぇ…こりゃツライわ。
そんなエリート校の校長は、絵に描いたようなイヤなヤツ。対するパチーノは、ハチャメチャ型破りで盲目の元軍人。しかも超がつく女好き。この女好きはスバラシイ長所で、ほとんどすべての女性の美点に気づくことが出来るという、真の女好き。
そして相棒になるエリート苦学生は、貧乏に負けない健やかな資質と自尊心の持ち主。その2人が(自殺前の)やりたい放題の旅に出るのだから、面白くならないわけがない。
友情というものは、年齢より何より、自分が持たないスバラシイ美点を相手が持っていると認めた時、生まれるのかもしれない。同じ立場だの共感だのという甘ったるいものを求める人間には、真に尊敬できる友人は出来ないのだと思った。そんなラスト。
ただ、演説の説得力がイマイチだったのと、大金使い過ぎたのが心配です。2人に幸あれ。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 7点(2014-12-15 21:28:50)
274.本編は、ラストの大演説を盛り上げるための壮大な前振りと言った感じで、そこまでにたどり着くのが少々長くダレ気味ではある。
しかも完全に勧善懲悪な展開で、手放しに感動できるかと言われると、うーむ。。
男の美学的な哲学を見せてくれるのは面白いが、肝心なところが安っぽい気が。
ポン酢太郎さん [DVD(字幕)] 4点(2014-12-01 20:54:50)
273.期待したほど面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-21 01:40:15)
272.《ネタバレ》 アル・パチーノはやっぱりすごいやー、とは思うけど、、物語のバックボーンが不明瞭かつ唐突でいまいち乗りきれない。なぜかいきなりNYに超豪華旅行いくし、たいして仲良くもなさそうな友達をかばう理由がわからんし、目が見えないのに車運転しちゃいけないって!。最後の大演説と後ろの生徒たちワー!も感動的だけどなにかドーンとは来ないかなぁ、時間も無駄に長い感じだしね。まぁそういいつつアル・パチーノがスゴイのは間違いない&タンゴのシーンはとても良かったデスハイ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-07-04 07:21:53)
271.ちょっと長いけどまあちょっといい話的な作品。
タンゴのところと最後の演説(?)は見どころ。いろいろと思えば感動するが、内容にそれほど深みが無いのは、物語の核心が高校生の自己正当化に落ちてしまったからかもしれない。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-06-08 15:32:20)
270.《ネタバレ》 見終わった直後は良かったと思ったのですが、しだいに釈然としない。最後の演説シーン。人生の岐路においては、どっちの道が正しい道かは判断できたが、その道を行かなかった。困難な道だからだうんぬんと。偏屈で女好きだけど、筋は通してきた人という解釈でそれまで観ていたのですが、このシーンでフランク元中佐のピントがぼけてしまった。もちろん、正しい道をまっすぐ進んできた人のそれよりも、演説の説得力はあると思いますが、それまでのアルパチーノの堂々とした退役軍人っぷりと照らしてあわない。そういえば、最初からチャーリーに吐いてしまえといったり、クズだとか自嘲的だったりもしてたなとも思うのだけれど。副題のなんだかなぁという感じとともに、なんか今、繰り返しですがいいの観たなあと思いつつも、釈然としない。
なたねさん [DVD(字幕)] 7点(2014-03-01 17:34:47)
269.《ネタバレ》 人生に絶望した盲人の退役軍人がこの世の名残りの旅行を実行。先ず実家に挨拶。その後、良い服を着て、思い出のニューヨークに飛び、良いホテルに泊まり、良い食事・良い酒を堪能し、美女と寝て、人生の結末をつけるという計画だった。しかし、盲導犬代わりに連れてきたバイトの高校生の捨て身の説得により自殺を思いとどまる。高校生は学校で問題をかかえていた。そこで盲人は御礼替わりにと、高校へ乗り込み、ひと演説ぶって高校生の窮地を救う。二人の心の交流と成長を描いたヒューマンドラマだが、感動的はしなかった。盲人は終始気難しくて、他人の悪口を言い、女好きで、手前勝手な行動ばかり。特に札束にものをいわせる態度はよろしくない。高校生は自分の意見をはっきり言えず、舌足らずで、煮え切らない。観ていて退屈だった。盲人が車を運転する場面では嫌悪感を覚えた。人を巻き添えにしたらどうするのか。盲人に運転させた高校生の責任は大きいだろう。
高校生の問題が小さいので笑ってしまう。校長の車にいたずらした生徒の名を言うか、言わないか。「顔はよく見えませんでした」「知らない生徒でした」といえば済む話。なのに校長は大袈裟に、懲戒委員会にかける。それで「(知っているが)言いません」と証言する高校生を放校処分にしようとする。これは心得違い。先ず、既に三人の名前が出ているのだから、三人を追及・譴責すべき。放送しているのだから声でわかるだろうし、放送室での目撃者もいるだろう。もし放校になっても、裁判を起こせば必ず勝てる。それくらいありえない処分。
高校生は見て見ぬふりができない人間だ。だから盲人の自殺も見逃せなかった。そこに感動があるのだが、あまりに盲人を悪く描きすぎていては、あの人なら死んでも差支えないと思われ、感動は薄い。
題名の「女性の香り」の意味だが、盲人は女性を賛美しており、女性が存在するからこと世の中は素晴らしいと考えている。だから「夢」や「生きる希望」の意味があるのだろう。
疑問点。①高校に公開懲戒委員会があるのか。②泊りがけで中年盲人の面倒を見るというバイトが高校に来るとは思えない。③盲人に反省が見られず、また同じことをしでかすと思う。④盲人役の男優は終始瞳を動かさないが、不自然で盲人にはみえなかった。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 5点(2013-09-12 06:30:23)
268.《ネタバレ》 これまた奇妙に味わい深い作品でして、でもその味わいというものが、作品として成功によるものなのか失敗によるものなのか。という言い方をする時は要するに、多分後者なんだろう、と思っている訳ですが。だって、このアル・パチーノ演じるオヤジ、本当はもっとストレートに“頑固でワガママ”なヒトだと思うんですけどね。少なくとも映画の前半は、もっと素朴にイヤな奴であっていいと思うんですけど(で、最後の最後に光って見せればいい)。ところがところが、最初からアル・パチーノ節全開、貫禄出しまくり、最初っから「このヒト、只ものじゃない、何かあるな」と思わせてしまう。実は何も無いのにさ。てっきり、この映画は「変人であり賢人である隠者のようなジジィと付き合ううちに世界の広さに目覚めていくクリス・オドネルの成長物語」という趣向かと思っちゃうところですが、さにあらず。どっちかってと、アル・パチーノの“成長物語”なんですね。ワガママばかりのジジィ、しかし実は視力を失ったことで世界に絶望しているジジィが、最後に若者のために一肌脱いで見せる。そこが感動的。感動的なのはいいけれど、アル・パチーノが異常なまでに見せつける貫禄にはどうも違和感があるのです。「弱さ」を乗り越えてのラストのはずが、その「弱さ」が見えない。だから、この映画、変。その変な感じが、奇妙な味わいでもあるんですけどね。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-06-06 21:03:30)(良:1票)
267.二人にとってこの出会いはお互い掛け替えのない財産だっただろう。対極な二人が出会い、その二人の運命が大きく変わっていくというお話は使い古されたよく使われるパターンではあるが、このアルパチーノ演じる中佐はかなり強烈で魅力的。私にとってもこの作品との出会いは財産。最高。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2013-01-16 17:33:59)
266.《ネタバレ》 見所は最後のシーンのみかな?でもそれが素晴らしい!「この頑固じじィ格好良いw」ってなる。
琴INAZUMAさん [DVD(吹替)] 7点(2012-12-22 21:48:39)
265.《ネタバレ》 全盲の退役軍人と、世話係になる高校生との交流が面白い。
アル・パチーノが、実に扱いづらく面倒くさいフランク中佐を好演。
プライドが高く偏屈、口うるさくて独善的に暴走するさまは、イライラハラハラさせられる。
特に、フランクが兄宅に上がりこんだ場面の描写が見事。
兄家族の招かれざる客が来たという反応と、見事に家族の団欒をぶち壊すフランクの厄介者ぶり。
観ているこちらがいたたまれなくなるくらいで、そりゃ疎まれるのも自業自得だと。

人生に絶望しているフランクの自殺を止めたのは、チャーリーのどこまでもピュアで誠実な心。
校長の取引に応じず窮地に陥ったチャーリーを弁護するフランクの熱弁には息を飲む。
理屈っぽくて厄介この上ないオヤジが、このときばかりはなんと頼もしかったことか。
こういう長ゼリフをだれずに魅せるのは、アル・パチーノの力があってこそか。

目が見えなくても、香りが楽しめる。
人生に絶望することなく、希望を持って生きること――そんなメッセージも伝わってくるよう。
良い映画だが、手放しで好きな作品ともいえない。
主人公がリアルでは関わりたくないタイプだと、やっぱり好きにはなれないからかな。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 6点(2012-12-20 20:04:43)
264.《ネタバレ》 みなさんのおっしゃるとおり、この映画はアル・パチーノありきの映画になってしまってますね、寂しさ、それを隠してる鎧の表現、盲目の目の動きまで素場らしいです。
しかし、それにくらべて、主人公は・・・完全にキャラが喰われています。もう少し、成長がみられてもいいのかと。
中だるみがあったかな?けど、さいごは締まってよかったです。
minさん [テレビ(字幕)] 8点(2012-12-06 22:46:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 283人
平均点数 7.93点
000.00%
100.00%
200.00%
310.35%
4155.30%
5124.24%
6258.83%
75318.73%
85318.73%
96322.26%
106121.55%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review16人
2 ストーリー評価 7.27点 Review22人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review24人
4 音楽評価 7.23点 Review17人
5 感泣評価 7.05点 Review18人

【アカデミー賞 情報】

1992年 65回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞アル・パチーノ受賞 
監督賞マーティン・ブレスト候補(ノミネート) 
脚色賞ボー・ゴールドマン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS