ウインド・リバーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウインド・リバー
 > (レビュー・クチコミ)

ウインド・リバー

[ウインドリバー]
Wind River
2017年【米】 上映時間:107分
平均点:7.10 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-07-27)
ドラマ犯罪ものミステリー
新規登録(2018-05-22)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2018-07-07)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督テイラー・シェリダン
キャストジェレミー・レナー(男優)コリー・ランバート
エリザベス・オルセン(女優)ジェーン・バナー
ジョン・バーンサル(男優)マット
グレアム・グリーン(男優)(男優)ベン
脚本テイラー・シェリダン
音楽ニック・ケイヴ
ウォーレン・エリス
撮影ベン・リチャードソン〔撮影〕
製作ピーター・バーグ
製作総指揮エリカ・リー
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ロバート・ジョーンズ[製作]
配給KADOKAWA
美術ニール・スピサック
編集ゲイリー・ローチ
あらすじ
雪深い土地に追いやられたネイティブアメリカンの保留地が舞台。野生生物局の白人ハンターが雪上で若い女性の謎めいた遺体を見つける。民家まで5キロ以上もあり薄着に裸足だった。 FBIの新人捜査官ジェーン・バナーが現地に派遣されるが、不安定な気候や慣れない雪山に捜査は難航して行く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.極寒の映像とともに息苦しくなるような展開の映画で、ジェレミー・レナーはぴったりの配役だった。先住民だけでなく、アメリカの差別意識は闇が深いと感じる作品です。
ラグさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-04-05 22:48:28)★《新規》★
30.自分には先住民族がらみのテーマは、あまり強くは感じられなかった。終盤の銃撃戦の前後、非常に緊迫感があって良かった。
nojiさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-02-13 23:28:23)
29.《ネタバレ》 アメリカの闇やら先住民やら、どうにも自分にはなじみが薄くて。こんなリアルは想像できない。恐ろしい国だねアメリカの奥地は。ただし銃を持った相手にツッコミ入れる時は、相手の頭に銃を突きつけた後ってのは想像できるさ。もうねー、あのねーちゃんのうっかりツッコミで大惨事だったからなー。
真尋さん [インターネット(吹替)] 7点(2020-02-11 17:14:43)
28.見ごたえのある作品だった。ミステリ要素は強くない。娘を失った過去を持つ男が、ある少女の殺人事件の真相を追うハードボイルドタッチなドラマ。その舞台は、雪に閉ざされたアメリカの僻地とも言うべき、先住民の居住地。ミステリとしての捻りがないのが少し物足りないが、アメリカに巣食う闇を強く反映した良作。
カワウソの聞耳さん [インターネット(字幕)] 8点(2019-12-30 09:43:40)
27.《ネタバレ》 ミステリー色が強い作品として考えてましたが全然違いました。
終盤あっさりですが楽しめました。
とむさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-12-27 01:35:16)
26.《ネタバレ》 現代アメリカの(映画などですらあまり語られない)暗部を描く骨太なクライムサスペンス。
…とまぁ一言で言えばそういう映画なんですが、それだけではないというかそれとはちょっと違うというか。

とりま「実は犯人はこいつだった!」的犯人捜しミステリのつもりで観はじめたわけですが、犯人捜しのミステリじゃありませんでした。
あやしいのはこいつとこいつくらいしかいない…の2か所を順番に当たるだけ!犯人じゃん!っていうこの映画に一般的なミステリ要素は全くありません。
何せ(誰も頼んでないのに)唐突に真相がすべて語られちゃいますからね。
あまりに唐突すぎてこれ何かのひっかけなの?と勘繰ったくらいですから。

とにかく静かで冷え冷えとした画面の中で淡々と描かれる人間の本能からの暴力がこの映画のキモ。
暗い映画なんですが、とにかく映画全体からの圧がすごくて目が離せないんですよね。

訴えたいことは、ネイティブアメリカン居留地はこんなにひどいとこで、何かあっても捜査すらまともに行われないため(劇中でもFBIの彼女が監察医相手に、凍死じゃ呼び戻される!と戦ってました)ほっといたら若い女性のかなりの数はいつのまにか殺されちゃってる的な内容みたいなんですが、日本人にはほんとに縁がないので「そりゃひでーな」しか感想がありません。

で、これ例えば理性や警察権が及ばないような極限状況、地域(しかも未来に悲観的な状況)に少数の人間が置かれると結局こういう事になるのかな…という内容であって、かなり人間の性善説否定の映画なんですよね。
もちろん良い人もいるわけですがが、そういう人は暴力の前に負け組になるっていう。

なかなか考えさせてくれる映画ではありました。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 8点(2019-12-19 12:28:01)
25.「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を思い出しながら観た。
マンチェスターは海。
ウインド・リバーは雪山。
透明感のある背景が、悲しみを一層透徹させている。
動と静が明確で、満足感の高い時間を過ごせる。
そんな、いい映画。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 8点(2019-12-18 00:25:31)
24.《ネタバレ》 閉鎖された社会の中での狂気を描いた作品
音楽が、殆んど無く‥‥無音の中で淡々とストーリーが進行します。
派手なアクションも無く、舞台は雪原と山小屋の中だけ‥‥
セリフのある俳優も限られていました。
それでも、これだけの見応えがある作品を作れるのですね。
感心しました。
ジェレミー・レナーのほか、わきを固める俳優陣の演技も見事でした。

追記 途中のシーンで、本作の2年前の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で、ホーク・アイがワンダに説教している場面を思い出しました。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-12-14 00:32:47)
23.先住民居留地を舞台にしたサスペンスで、謎解き要素みたいなのは薄目で、テーマ性重視かな。
後からじわじわ考えさせられるいい映画でした。
おとばんさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-12-10 20:58:23)
22.《ネタバレ》 まず、ジェレミー・レナー、 かっこいいですね。観ていてなんとはなくなんですけど、ジェームス・ボンド似合いそうだな~とか思ってしまう渋さがありますね。でもあれかな、イギリス人じゃないとダメなのかな。。FBI役のエリザベス・オルソン 私的にあんまり知らない人なのですが良かったです。内容はなかなか私的には厳しい生々しい内容でちょっとこういうのは正直苦手です。なので、の、6点 
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-12-07 21:44:42)
21.予備知識なしで見たけど、おもしろかった。雪深い映画で外れたこと一回もないね。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-12-06 00:30:47)
20.多民族国家であり、イギリスから力で独立したアメリカという国の問題を日本人は理解しにくいのでしょう。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2019-11-03 22:24:44)
19.なかなか恐ろしい映画でした。先住民や未開の地に限らず「自分の身は自分で守れ」という教訓のようなものを感じました。日本ではこのようなリスクは少ないと思いますが、これからのグローバル時代「世界の常識」として学ぶべき問題だと感じます。

この手の映画を見ていつも感じますが、若い女性はそれだけでかなりリスクが高いということ。昔から戦時中にもよく起きていた問題だと思いますが、このような状況に陥った時、男は自分の彼女を守ることができるのだろうか? 煽り運転の問題も同じで、武器を持つことが許されない日本で今後どのように身を守るべきか大いに考えさせられる映画でした。少し全体のトーンが暗めの映画ですが、社会性とエンタメ性のバランスが良い、なかなか深い作品です。(ラストも一応の正義が下されますし)

余談ですが、迷彩服の重要性は理解していますが、雪の地で白い迷彩服って大げさじゃない?と思っていましたが、終盤の狙撃の時にジェレミーがどこにいるのか一瞬判りません。その一瞬の判断遅れで人生が終わるんですねw 再確認したら普通に立ってますよね彼。。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-09-05 11:01:18)
18.110番通報や119通報がほとんど機能しないアメリカのへき地。自分の身は自分でまもらなけらばならない状況は日本とはまるで環境がちがう。アメリカで議論されている銃規制もこのような環境があるのでまとまらないんだろうな。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-08-27 06:14:46)
17.《ネタバレ》 冒頭、”事実に触発されたストーリー”とは何なのかと思っていたが、最後まで見るとストンと腹に落ちた。
アメリカの中でも、へき地の中のへき地で起こる事件。

映画が描くストーリーは非常にシンプル。殺人事件の謎は回想で明らかにされる。
社会性に富んだストーリーだが、物語的には非常にスケールの小さい話であるため、点数的には7点くらいだろう。
不満を言えばジェレミー・レナーがかっこよすぎるのがなんだかあまり腑に落ちない。いわばよくある心に傷を抱えたハードボイルドなキャラクターで、それ以上のオリジナリティはないキャラだ。ボーダーラインのときにも思ったが、この脚本家は非常に手堅い作品を作るが、逆に突出した部分がないため、それ以上の感想や評価を与えることができない。本作も手堅くまとまってはいるし、社会性も感じることはできたが、圧倒されるような感覚は得られなかった。
nakashiさん [DVD(字幕)] 7点(2019-08-01 12:14:19)
16.全編にわたって、素晴らしい緊張感が漂っており、極上のサスペンスに仕上がっている。
人種差別等の問題は取り上げられることが多いが、先住民にスポットライトを当てているのは珍しい。アメリカが抱える闇をまた垣間見たような気がした。
映像も美しく、主演のジェレミー・レナーもかっこいい。
アクアマリンさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2019-07-21 18:21:18)
15.《ネタバレ》 御贔屓のジェレミー・レナーだし、観る前はラストですっきり解決する雪の中のサスペンスかと思ってたんですが、しっかり社会派映画でした。
表には出てこない、アメリカ人でも知らない人が多いという、アメリカの抱える闇の部分といいますか、しかしなんでまだ先住民居留地なるものがあるのか、しかも人が生活するには厳しすぎる環境で、白人たちが利用価値無しとみなした土地なんじゃないかと思える地域なわけです。
管轄はFBI、やって来た捜査官は新人で女でひとりなんです、ここでも相当軽んじられてると思うんですが、殺人と認められなければFBIは動かない。これって無法地帯といってもいいんじゃないかと。行方不明者の数もはっきりしない、闇から闇という現実。
そんな中で事件の真相には辿り着くし、レナー扮するコリーの犯人への制裁も納得できるものだったけど、コリーの娘のことは想像するしかなく、やるせない思いが残ります。
地味で淡々とした雰囲気なんですが丁寧で訴えたいものが明確にストレートに伝わってくる映画でした、観てよかったです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-05-28 16:28:55)
14.あんな野郎はなー ピューマに食われちまえばいいんだと思いながら観てたけど、もっと相応しい死に方だったんで満足した。とまあ、これは最後の方の話だけど、そこに至るまでもサスペンスとして十分に面白かったし、アメリカの中でも何やら特殊な地域が舞台で、この点、社会派ドラマにもなっている。ジェレミー・レナー主演でありながら最初は4館からのスタートだったらしいが、SNS等で話題になり、2000館以上に拡大、ロングランヒットとなっただけのことはある。あとは、ナタリーを演じた女優さんが綺麗だった。アメリカ人と中国人のハーフらしいね。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-05-22 23:13:31)
13.《ネタバレ》 アメリカ北部の寂れた荒野に拡がる先住民保留地、通称ウィンド・リバー。雪と静寂しかないようなこの辺鄙な地で長年ハンターとして生計を立てているコリーはある日、人里離れた山奥で半ば雪に埋もれかけていた若い女性の遺体を発見する。昨日の酷い吹雪の中、彼女はかなりの薄着でしかも靴も履かずに長い距離を歩いてきたらしく全身に重度の凍傷を負っていた。被害者の名は、ナタリー。偶然にも彼女はコリーの知り合いの先住民夫婦の子供だった。検死の結果、死因は肺出血と判明する。極度の冷気によって肺の細胞が破壊され、その出血により窒息死したというものだった。しかも亡くなる直前に彼女は複数の男たちによって暴行を受けていた。事件解決のために派遣された若きFBI捜査官ジェーンとともに調査に乗り出したコリーだったが、貧困と犯罪が蔓延するこの地で捜査は難航を極める。そして、コリーもまた二年前に起こったある事件によって心に深い傷を負っていたのだった…。雪深い田舎町で起こった若い女性の凄惨な凍死事件、本作はその捜査の過程で炙りだされるアメリカ社会の暗部を冷徹に見つめた社会派ミステリー・ドラマだ。主役である、心に静かな怒りと悲しみを抱え込んだハンター役を演じるのは人気俳優ジェレミー・レナ―。メガホンを執るのは、本作が監督デビュー作となる『ボーダーライン』の脚本を書いたテイラー・シェリダン。美しい雪景色を背景に描かれる、この重厚で閉塞感に満ちた雰囲気と丁寧な演出力は見応え充分だった。ネイティブ・アメリカンや中央から取り残された地方社会を巡るアメリカの構造的な差別や貧困問題を提起する脚本もよく練られており、その最底辺で犠牲となるのは常により弱い立場の人々であるというメッセージも心を打たずにはいられない。このやり切れない物語の中で、主人公であるコリーの最後に取った行動は、善悪の垣根を通り越した人間性の発露として唯一の救いとなっている。とても重い物語ではあるが、充分見る価値のある社会派ドラマの秀作であった。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2019-04-21 02:35:14)
12.《ネタバレ》 ジェレミーレナー、いいよね。好感持てます。

前の方のレビュワーさんも書かれてるけど、アメリカの田舎、しかも山岳地帯で
生き抜くのは、半端ない厳しい世界なんだね。
アメリカのふところの深さは、現代でもスマホが通用しない、こういう面も持ち合わせてるからなんだろうなぁ。

先住民警察とFBIと警備員たちの銃撃戦は、あれは犯罪が絡んでたから起きたのだろうか?
それとも縄張り意識か、対抗意識が普段からあるのだろうか?
ネイティブアメリカン社会は、あまり表に出てこない世界なので、ちょっと分かりづらかった。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2019-03-16 17:43:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 7.10点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
513.23%
6722.58%
71238.71%
81032.26%
913.23%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS