カメラを止めるな!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > カメラを止めるな!
 > (レビュー・クチコミ)

カメラを止めるな!

[カメラヲトメルナ]
ONE CUT OF THE DEAD
2017年【日】 上映時間:96分
平均点:8.01 / 10(Review 98人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-06-23)
公開終了日(2018-12-05)
ドラマホラーコメディバイオレンスゾンビ映画
新規登録(2018-07-15)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2018-12-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督上田慎一郎
キャスト濱津隆之(男優)日暮隆之
真魚(女優)日暮真央
しゅはまはるみ(女優)​​​日暮晴美
長屋和彰(男優)神谷和明
細井学(男優)細田学
秋山ゆずき(女優)松本逢花
脚本上田慎一郎
配給アスミック・エース
美術ふくだみゆき(タイトルデザイン)
衣装ふくだみゆき
編集上田慎一郎
その他ふくだみゆき(宣伝ビジュアル/公式パンフレットデザイン)
あらすじ
自主映画の撮影隊が山奥の廃墟で映画の撮影を行っていた。だが、そこは曰く付きの場所で、突如現れた得体の知れない奴らにスタッフやキャストが次々に襲われて行くという地獄絵図。しかし、監督は何が起きてもカメラを止めるな!と豪語する。かくして、意地と執念に満ちた映画バカ共の狂宴が幕を開けたのだった。
ネタバレは非表示中です(ネタバレを表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.「低予算だからしょうがない」ということで評価が上積みされているかも。 この脚本がが有名俳優とたっぷり予算で作られたらこれほどの評判は得られなかった。 できればゾンビネタではない設定で見たかった。
紫電さん [DVD(邦画)] 5点(2019-01-31 17:34:38)
36.評判通り、面白かったです。
内田けんじ監督の運命じゃない人を彷彿させるような、微妙なキャストと脚本でよくできていました。
さすがに、最初の10分くらいで見るのをやめてしまおうと、何度も思いましたが、主演女優をホットパンツにしたのが功を制しましたね。
とりあえず、お尻だけ見て我慢しようという気になったんで。
これが、全く普通のTシャツとジーンズだったら、半分以上の男性はビデオを止めてます(笑)

日本人は、無名の新人がいいものを作ったとか、低予算でいいものを作ったとかいう、ちょっとそういうサクセスストーリー的なバックグランドに、
高評価をしがちです。いわゆるご祝儀評価という感じでしょうか。
現時点で、91人のレビューで8.08とこのサイトでの過去全ての映画の中でのベスト50に入る勢いの得点を獲得しておりますが、いががでしょう?
本当にそこまで面白かったでしょうか?
確かに面白かったですが、冷静に何の肩書きもバックグランドもなくこの映画を純粋に評価した場合、面白い映画ではあるけれども、
傑作といえるほどではないかと私は思いました。
さて、これからレビューワーが200人300人となっていく上で、どのくらいの得点になって行くのか楽しみに、見守っていきたいと思います。
シネマファン55号さん [DVD(邦画)] 7点(2019-01-11 15:34:51)
35.脚本の丁寧さと、監督のサバサバした明るい演出でとても好感度が高い作品。こういう映画が口コミで今年一番の話題作になるんだから、いい時代になったと思います。
54dayoさん [DVD(邦画)] 8点(2019-01-10 18:55:28)
34.全く情報無しで、話題の作品てだけで観ましたが。いやー、後半の伏線のおさらいはよく出来てますね。映画の台詞の言い回しで笑えたり(棒読み)とか、急遽のアドリブとか、酔っ払って結果上手くゾンビ出来てたりとか。偶然上手くいった、みたいな演出が非常によく出来てます。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 8点(2019-01-05 16:18:13)
33.映画を観終えて池袋から電車で職場に向かいがてら、宇多丸のこの映画の評論を聴く。そして別日の収録で、宇多丸と上田監督のインタビューも見つけて、それも聴く。このインタビューもまた、僕にとって大きなものとなった。
どうやら上田氏、かねてからの宇多丸ラジオのリスナーであって、宇多丸の映画観に多大な影響を受けていて、特に映画の勉強や専門学校に通っていたわけではないとのこと。子供のころから映画のようなものを撮って遊ぶことが大好きだったとのこと。影響を受けた日本人4人、松本人志、吉田戦車、三谷幸喜、そして宇多丸とのこと。なお、映画をみて僕は「三谷幸喜『ショーマストゴーオン』だ!」と思っていたので、合点。『カメラを止めるな!』には、上田氏にとっての宝物をとにかく詰め込んだとのこと。
ここまで聴いて僕は胸が打ち震えた。上田監督こそ、”こーゆーのにワーワーはしゃぐニンゲン”を最上級に拗らせちゃったまさにその人である(にすぎない)。すなわち、映画が好きで、録画して音楽付けて遊んでて、吉田戦車や三谷幸喜にはまって、おおいなる映画の世界に憧れて、宇多丸のラジオを聴いて映画の在り方を学び、ENBUゼミで人を集めて300万円も突っ込んで映画を撮り、自分の赤ちゃんまで出演させ(たぶん監督の実の赤ちゃんだと思う、名字が上田だし)ているそういう生きざま。
だから、とてもおこがましくて申し訳ないんだけれど、僕は我がことの様にうれしい。こうやってうれしい思いを抱いている人は僕以外にも沢山いるはずだ。『カメラを止めるな!』は、まさに僕らの映画なのだ。

ここまで来れば『桐島部活やめるってよ』に話が繋がるのは至極自然である。映画のほう。
僕はこう想像する。上田監督は、『桐島』の前田のその後なのではないか。
だとしたら前田よ、映画をあきらめないでありがとう。君があこがれていた、大いなる映画の世界は今、君のものだ。こうして『桐島』をも補完し、完成させることになった。もうこれ以上の感謝しようにも僕のスキルでは無理だ。
no_the_warさん [映画館(邦画)] 10点(2018-12-27 23:01:17)(良:1票)
32.映画の良し悪しってやっぱり脚本とアイデア!

コレに尽きます。

雰囲気もマッチして面白かった。
ハチロクさん [映画館(邦画)] 8点(2018-11-04 06:52:23)
31.ギャップと意外性、これに尽きる。
マンデーサイレンスさん [映画館(邦画)] 10点(2018-10-20 17:34:09)
30.前半をこらえにこらえて耐え忍んだだけに、観終わった後のこの作品自体のあまりにも高過ぎるコストパフォーマンスが実に爽快でした。監督、次もあまり当たりを気にしないで力まずにお願いします。
ProPaceさん [映画館(邦画)] 8点(2018-10-16 00:03:07)
29.ネタバレ以外の事を調べて映画館へ行ったので
ラストでもう一展開来るかと構えてましたが、そのままいい感じで終わり
あぁこれで終わりなのかと思った。
勿論観て良かったです。
TAKIさん [映画館(邦画)] 9点(2018-10-08 21:01:56)
28.シナリオと編集の妙に期待値が高すぎた(汗
単館映画にしてはすおごくエンターテイメントだとおもいます(・∀・)
460さん [映画館(邦画)] 6点(2018-10-08 18:06:03)
27.予想の上の上を越されてしまいました。小説でいえば「叙述トリック」でしょうか。私の頭脳がいかに固くなっていたのかを痛感。前半は巧妙な伏線ばっちりのホラー、後半は待っていましたとばかりに伏線を消化して感情を横溢させる人間ドラマ。映画というか、演出というか、脚本の可能性に喜び勇んだ時間でした。「ワークショップ」において300万予算で作られたという所もトリックだったらすごいけど。
チューンさん [映画館(邦画)] 10点(2018-09-27 09:30:09)
26.中一の子供と観に行った。みなも子供と観に行ってほしい。映画を観る目を養えるかも。
センブリーヌさん [映画館(邦画)] 7点(2018-09-23 22:18:46)
25.「決して一人では見ないでください・・・」
怖いから?イエイエ、この映画の鑑賞体験を誰かと共有したくなるから。
見終わった後、無性に誰かとこの映画の話で盛り上がりたくなるから。
傑作です。
代書屋さん [映画館(邦画)] 10点(2018-09-17 23:31:15)(良:1票)
24.評判が良い作品は地方でも上映されるから、とても有難い。
都会の映画ファンの皆さまが盛り上げてくださったお陰です。
どうもありがとうございます。

アイデア勝負の勢いで観せる作品。
とても面白かった。
他の方のレビューと同じ、褒める気持ちになりました。
たんぽぽさん [映画館(邦画)] 8点(2018-09-13 12:20:42)
23.この映画はネタバレを食らうと面白さが半減してしまうので、何も前情報を入れずに映画館に見に行くのが良いです。公式の予告編とか見ちゃダメだし、TVだとCMの度にカットが入るので楽しめない恐れがあります。
私はこの見方でとても楽しめました。
alianさん [映画館(邦画)] 9点(2018-09-13 07:17:33)
22.三谷幸喜氏のあの作品に形が似てるなって言うのが率直な感想。だから面白いとも言える。
本作の功績は低予算でも、無名のキャストでもこれだけの反響が生まれることを実証したことに尽きる。
日本映画界に大きな一石を投じた歴史的な作品と言えるでしょう。
今後の映画作りが代わるエポックメイキングになるかもしれません。
tonaoさん [映画館(邦画)] 8点(2018-09-08 13:14:55)
21.前評判の高さに自分のなかでハードル上げすぎないように注意しつつ観賞しました。
結果、素直に楽しめました。老若男女におすすめできる良作だと思います。
おとばんさん [映画館(邦画)] 8点(2018-09-08 09:30:50)
20.この映画、前半40分ほどまで手ブレがひどい。
自分は開始15分ほどですっかり酔ってしまい、その後は目をつぶって時々開けるという方法でなんとか鑑賞を続けた。
40分以降は手ブレもおさまって見られるようになるのだが、「ああ、そういうことね」程度の感想。
仮に全部ちゃんと見たとしても、大して面白くは感じなかったと思う。
手ブレという反則技に象徴されるように、決して志が高い映画ではないから。
「まだ未熟でも新しい才能」を期待して見に行ったけど、「学生の一発ギャグ」を見せられた気分。
ただこの映画、後味がなかなかいい。そこだけは救われた。

でもさあ、「カメラを止めるな」ってやっぱり良くないよ。
「カメラはちゃんと止めて撮りましょう」だよ。
まかださん [映画館(邦画)] 4点(2018-09-01 23:11:11)
19.笑ってしまいました。このアイデアは先にやったもの勝ちですね。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 6点(2018-09-01 23:04:53)
18.主演女優さん、これからブレイクするのかな。

最後のシーンで、無名の役者さんたちがやり遂げた感がでていて、チームワークもよかったんだろうなと思いました。
ビアンキさん [映画館(邦画)] 9点(2018-09-01 12:52:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 98人
平均点数 8.01点
000.00%
100.00%
211.02%
300.00%
422.04%
544.08%
655.10%
71717.35%
83030.61%
92424.49%
101515.31%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.75点 Review4人
2 ストーリー評価 8.37点 Review8人
3 鑑賞後の後味 8.37点 Review8人
4 音楽評価 6.00点 Review6人
5 感泣評価 4.50点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS