ゴジラVSスペースゴジラのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > ゴジラVSスペースゴジラ
 > (レビュー・クチコミ)

ゴジラVSスペースゴジラ

[ゴジラタイスペースゴジラ]
GODZILLA VS. SPACE GODZILLA
1994年【日】 上映時間:108分
平均点:4.00 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
公開開始日(1994-12-10)
SFシリーズものファミリー特撮ものモンスター映画
新規登録(2004-03-30)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2017-04-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下賢章
川北紘一(特技監督)
助監督鈴木健二(特技助監督)
三好邦夫
米田興弘
おかひでき
キャスト橋爪淳(男優)新城功二
柄本明(男優)結城晃
小高恵美(女優)三枝未希(サイキックセンター主任)
吉川十和子(女優)権藤千夏
米山善吉(男優)佐藤清志
斉藤洋介(男優)大久保晋
中尾彬(男優)麻生孝昭(Gフォース作戦司令官)
上田耕一(男優)兵藤巌
佐原健二(男優)瀬川隆之(Gフォース長官)
木下ほうか(男優)大野隊員
小堺一機(男優)ゲームセンターの会社員
松村邦洋(男優)ゲームセンターの会社員
今村恵子(女優)コスモス
大沢さやか(女優)コスモス
出演峰岸徹権藤吾郎(回想)
脚本柏原寛司
音楽服部隆之
伊福部昭(ゴジラテーマ曲作曲)
北原京子(音楽プロデューサー)
撮影岸本正広
江口憲一(特技撮影)
製作田中友幸
富山省吾(共同製作)
配給東宝
特撮大屋哲男(スーパーバイザー)
作画破李拳竜(絵コンテ)
美術大澤哲三(特技美術)
清水剛(美術助手)
録音宮内一男
照明望月英樹
斉藤薫〔照明〕(特殊技術)
スーツアクター薩摩剣八郎ゴジラ
その他東京現像所(協力)
小林清志(予告編ナレーション)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.戦闘シーンの運びが良く、長さの割に退屈せずに観れました。ゴジラ映画としての完成度は、当時既にどうにでもしてくれ状態だったのでそれほど腹も立てずに観れました。全体の出来が悪いことに変わりありませんが。何だかんだいっても戦闘長すぎですって。対ゴジラ組織はどんどん現実離れしていくし。
えいざっくさん 3点(2004-09-05 11:48:27)
3.戦車や戦闘機がまるで通用しないのに,いくら特殊な弾を使おうが,あんなライフル(?)の弾がゴジラの皮膚を突き破るわけがない。そんなこともわからないで人生かけてる奴に日本の命運を左右する最終兵器(モゲラ)を任せちゃ駄目だろう。
北狐さん 5点(2004-05-06 13:40:07)
2.《ネタバレ》 ミニラがとてもカワイイね。
ゴジラが怒り出すと、もう誰にも止められない・・・・。
哀しみの王さん 10点(2004-04-21 13:35:37)
1.(注意:久々に真面目にReviewしたいと思います) ゴジラ対スペース・ゴジラの死闘シーンはとても迫力があり、全体的になかなか面白い作品だなあと思いました。それに対ゴジラ兵器のモゲラとリトル・ゴジラ、モスラのゲスト出演はファンには嬉しい限りですね。ただ・・・ストーリー展開とかがすごく中途半端な所が残念です。「強いと思われていた」スペース・ゴジラの最期が唐突すぎて本当に困っちゃいましたしね。うーむ・・・これは間違いなく、手抜き作業じゃ! 大幅減点の5点献上じゃ!!(←いつから、、、ジジイになったの?)
ピルグリムさん 5点(2004-04-04 22:08:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 4.00点
014.17%
1416.67%
2312.50%
3416.67%
414.17%
5625.00%
614.17%
728.33%
800.00%
900.00%
1028.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 7.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.75点 Review4人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 6.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS