ラスト サムライのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラスト サムライ
 > (レビュー・クチコミ)

ラスト サムライ

[ラストサムライ]
The Last Samurai
2003年【米・ニュージーランド・日】 上映時間:154分
平均点:6.85 / 10(Review 672人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-12-06)
アクションドラマ戦争もの時代劇歴史もの
新規登録(2003-08-24)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-11-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドワード・ズウィック
助監督ゲイリー・カポ(第二班監督)
演出原田眞人(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊達康将(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
キャストトム・クルーズ(男優)ネイサン・オールグレン大尉
渡辺謙(男優)勝元盛次
トニー・ゴールドウィン(男優)ベンジャミン・バグリー大佐
ティモシー・スポール(男優)サイモン・グレアム
真田広之(男優)氏尾
小雪(女優)たか
原田眞人(男優)大村
福本清三(男優)寡黙なサムライ
小山田シン(男優)信忠
中村七之助(二代目)(男優)明治天皇
池松壮亮(男優)飛源
菅田俊(男優)中尾
ビリー・コノリー(男優)ゼブロン・ガント軍曹
ウィリアム・アザートン(男優)ウインチェスター銃の商人
スコット・ウィルソン(男優)スワンベック大使
ジョン・コヤマ(男優)大村のボディガード
虎牙光揮(男優)官軍兵士
松崎悠希(男優)兵卒
舟山弘一(男優)
森川智之ネイサン・オールグレン大尉(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
渡辺謙勝元盛次(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
原田眞人大村(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村七之助(二代目)明治天皇(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山路和弘ベンジャミン・バグリー大佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村育二サイモン・グレアム(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
吉田鋼太郎ゼブロン・ガント軍曹(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
蛍雪次朗スワンベック大使(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫ベンジャミン・バグリー大佐(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
富田耕生サイモン・グレアム(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木敏ゼブロン・ガント軍曹(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坂詰貴之信忠(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内田直哉ウインチェスター銃の商人(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
稲垣隆史スワンベック大使(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ジョン・ローガン(原案)
脚本エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコヴィッツ
ジョン・ローガン
音楽ハンス・ジマー
ブレイク・ニーリー(追加音楽)
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影ジョン・トール
ゲイリー・カポ(第二班撮影監督)
製作エドワード・ズウィック
スコット・クルーフ
トム・クルーズ
マーシャル・ハースコヴィッツ
トム・エンゲルマン
ポーラ・ワグナー
マイケル・ドーヴェン(製作補)
奈良橋陽子(製作補)
ワーナー・ブラザース
製作総指揮テッド・フィールド
リチャード・ソロモン
ヴィンセント・ウォード
チャールズ・マルヴェヒル
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクマシュー・スミス
ウォルド・メイソン
マリア・パラゾン
コナー・オサリヴァン(補綴スーパーバイザー)
特撮ウィリアム・メサ(視覚効果スーパーバイザー)
ポール・J・ロンバルディ(特殊効果コーディネーター)
ピクセル・マジック社(視覚効果)
美術リリー・キルヴァート(プロダクション・デザイン)
グレッチェン・ラウ(セット装飾)
ジェス・ゴンコール
クリーチャー・エフェクツ社(馬の造形)
衣装ナイラ・ディクソン
編集スティーヴン・ローゼンブラム
録音アンディ・ネルソン[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳佐藤恵子(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
スタントケイシー・オニール
ツヨシ・アベ[スタント]
ジョエル・クレイマー
その他ケビン・デ・ラ・ノイ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ブレイク・ニーリー(指揮)
奈良橋陽子(キャスティング)
あらすじ
南北戦争で犯した原住民虐殺を悔やみ酒に溺れるオールグレン大尉(トム・クルーズ)に、日本軍で戦術指導する役が舞いこむ。戦争でしか自分を見出せないオールグレンは、日本に着いてからも心の安寧を見つけられずにいた。ある時、彼は新政府の意向に沿わず頑なに"侍"としての生き方を貫く武将・勝元(渡辺謙)の討伐を命じられる。しかし、部隊の士気は低く彼は勝元の奇襲に逢い捕えられてしまう。自らの刃で倒した武将の妻たけ(小雪)の家で静養するうちに、オールグレンは侍としての生き方に惹かれ、共に戦う道を選ぶ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
172.「ハリウッド作品でも日本をちゃんと描けているじゃないか」という意見を耳にするが、これは明らかに「サムライ」をリスペクトした作品で必ずしも真実を語ろうとする映画ではないと感じた。
「これが日本だ」とは思わないがエンターテイメントとしては素直に楽しめた。人を切っても血がでないのは、僕としてはリアルさが欠けているとは感じなかったし、印象がとても良かった。
ただ、やっぱりラブシーンはなきゃいけないの?って思った点が唯一不満。
ここっすさん 7点(2004-01-11 02:55:16)
171.最高でした。もう感動して泣きまくりです。
渡辺謙がとてもかっこよくて、世界に日本人の良さを伝えることができた作品だと思いました。
日本人で良かったなぁ、と改めて感じました。
美咲さん 10点(2004-01-11 00:39:20)
170.日本限定公開であればもっと深く作ったはずです。
今の日本人ですら判りづらい武士道を世界に発信するわけですから多少日本人から見れば「そりゃないよ!」てな部分も妥協できるレベルだと思います。(忍者とか天皇のスタイルだとか・・。)

中盤は神々しい雰囲気が映画全体に漂ってて引き込まれました。
西南戦争がベースかな??だったら渡辺謙は西郷隆盛??
見終わったあとは「武士道」を勉強したいという衝動にかられました。
いい映画を見させていただきました。 10点!!


DiscAさん 10点(2004-01-09 23:36:40)(良:1票)
169.《ネタバレ》 とても期待してみにいきました。私は渡辺謙さんも真田広之さんも大好きなのです。渡辺さんは特に「独眼竜正宗」の頃からずっと好きなのです。なのに・・・。
何でしょう、別に怒ってるわけじゃないし、こういう映画を作ろうとしていただいたことは本当に有り難いのですが、面白くなかったです。
武士道とは何だかよくわからない意地のためにたくさんの命を犠牲にすることではないと思います。この描き方ではそんな風にみえてしまうじゃないですか。
皆さんおっしゃってますが、桜が何桜かさっぱりわからなかったり、ていうか造花にしか見えなかったり、明治時代に忍者(武器のツメがカリオストロの城に出てくる敵が使ってたやつとそっくりだった)が出てきたり、わりと何発も撃たれた真田広之が長いこと元気だったり、登場からずっとおしとやかだった小雪が最終的には大胆にも夫の仇・トムの着物を脱がせておまけに接吻したり、行水をのぞかれても恥ずかしがる様子も見せなかったり、ええもうそんなことどうでもいいですから武士道精神だけはしっかり描いてほしかったです。お願いしますほんとに・・・。
クリロさん 4点(2004-01-09 23:03:34)(良:3票)(笑:1票)
168.渡辺謙よくやった!他の日本人俳優達も本当に素晴らしかったと思う。トム・クルーズも、今まであまり良い俳優だと思ったことは無かったが、この作品はよく頑張ったと言えるのではないだろうか。素直に感動。侍を、武士道をこれだけ荘厳で美しく描いてくれただけで、ありがたいと思った。侍が最初に出てくるシーンなんて、鳥肌が立った。この映画のテーマは、武士道もさる事ながら、最後のシーンでの言葉が重要だと思う。私たちは、自国の文化や伝統大事にすると共に、他国の伝統や文化も認め、大事にしていかなければならない。これは互いの文化を認めようとせず、弾圧していく人類の悲しい歴史、そして今なお続く現実に対する警鐘なのだろう。
深海さん 9点(2004-01-09 18:46:02)(良:1票)
167.ツッコミ所は数有れど、侍、武士道をテーマにした熱い作品がハリウッドで作られた事に惜しみない賛辞を、邦画で作れなかった事に歯噛みをしたいですね。個人的にはDVD化された場合の日本語吹き代えがどうなるのか(ちゃんと本人が当てるのか)が非常に気になります(笑
BAN/さん 10点(2004-01-09 14:10:03)
166.泣きました!!
多少??といったところもありましたが面白かった!
トム・クルーズって和服も似合うなぁ、、(笑)
GRINさん 8点(2004-01-09 12:25:04)
165.《ネタバレ》 余裕で満点です。なんで明治に忍者出てきてんだとか、そういうことを気にしたら負け。渡辺謙だけでも見る価値あると思う。
海棠ルチアさん 10点(2004-01-08 21:37:09)
164.明治の日本を舞台にしたファンタジー。指輪物語の映画を見ているときと気持ちがダブったです。
morさん 8点(2004-01-08 20:19:55)
163.大いなる勘違いに基づく壮大な時代劇ファンタジー。娯楽作品としては及第点。立ち回りや戦闘シーンの迫力も最近の日本映画ではなしえない素晴らしいものでした。そして点数の半分は渡辺謙さんの存在感に。
ただ、あまりにありえない設定なので、妙に醒めてしまいました。これは莫大な予算を投じた遠山の金さん暴れん坊将軍水戸黄門、なのね。アメリカ人が考えたんだなーと強く思ったのが列車強盗という発想。まるでアパッチVS第七騎兵隊?
映画ですから史実に忠実である必要はないとは思いますが、中途半端に史実を織り交ぜるものだから、かえって違和感が膨らんでしまいました。その違和感を差し引いても、あまりに「サムライ」たちがご立派に描かれすぎていて、私は感情移入できませんでした。
HIDUKIさん 6点(2004-01-08 12:36:48)(良:1票)
162.《ネタバレ》 今日見てきました。平日の初回なのに満席状態。同じ条件で10%に満たなかった「キル・ビル」とは大違いです。確かに神風連の乱などが下敷きになっての刀・槍。弓での近代軍隊との対戦(でも甲冑はやりすぎ)で、それも政府軍の挑発(これは西南戦争か)によって意地を見せずにはいられない、已む無き戦闘ですから筋は通っています。オルグレンはビッグホーンの生き残りとの設定になっているけれど、その報復としての先住民部族の虐殺に荷担したことで酒びたりで武器商人のマネキンを勤めていたのが明治政府に雇われて徴兵の訓練係に日本に来たことになっている。オルグレンの説明の中でテルモピュライのスパルタ軍の話が出てくるけれど、これとかアラモとかでの戦士の義務は上からの指示でなく自発的なもので、それを自分の義務と課すのが戦士で、命令だから(尤も最後の一兵までなんてのは日本軍だけのお題目で、兵士は責任範囲を果たせば降伏しようと逃げようとお構いなしがグローバルスタンダード)ではないと言うところに共感を持つのは洋の東西を問わないのだと思います。最後に勝元がテルモピュライの結果を聞くと、「勿論全滅した」との答が返ってきて、それで勝元は自分の役割を明確に悟ったのでしょう。「タイムライン」とかでも示されると思うけれど、弓は火縄銃はもちろん近代銃に比べてもそんなに効果は見劣りしないようです。もちろん絶え間ない訓練があっての話です。でもオルグレンがガトリング銃が使用されるのを知りながら、煙玉とかの準備をしなかったのは納得できない(機関銃は弾着が見えると効果が上がるのだから)けれど、そこまで自軍は保たないと考えていたのでしょうか?釈放されてそのまま村に戻るのはいかにも納得できないところで、冒頭のような僧形で放浪の果てに戻るようならまだよかったのにと思いました。
たいほうさん 8点(2004-01-08 00:25:37)(良:2票)
161.《ネタバレ》 ハリウッドが作った日本が舞台の映画としては最高レベル。現実的な時代考証を抜きにして言えば、「武士道」たるものを、フォレスト・ウィテカーのゴースト・ドッグより言葉少なによっぽど分かりやすく表現しており、純粋にエンターテインメント作品として見ても、スピード感溢れる殺陣、格好良すぎるヒーロー達、メリハリのあるストーリー展開、すべてにおいて完成度が高く、見ていてゾクゾクする。武士を、日本人を、大きな勘違い無しにここまで格好良く描いた映画を他に知らない。
最後まで感動できるポイントは、上から渡辺謙、トム・クルーズと並ぶスタッフロール。ストーリーと絡めて理解できる配慮。
もたさん 10点(2004-01-07 23:11:39)
160.劇場に1人で行くべきではないですね。1人で感涙するのは恥ずかしいものです
亜空間さん 9点(2004-01-07 18:16:21)(良:1票)
159.《ネタバレ》 最高に良かったです。霧の中から突撃する騎馬隊の幻想的かつ勇壮な姿に震えました。歴史的事実が至る所に反映されているので、歴史好きの自分には最高の作品でした。時代考証が間違っているという人に限って誤解しているようですし、批判自体行き過ぎたもの。史実をどのように脚色しているかを考える楽しみもありました。
上総介さん 9点(2004-01-07 03:47:40)(良:2票)
158.日本人は近代化の際に捨てなくて良いものまで捨ててしまったんですね。
外国人に教わるとは・・・
ぱぴんぐさん 7点(2004-01-06 20:16:23)
157.《ネタバレ》 日本(人・語)描写はキル・ビルにくらべてよかった。戦闘シーンも迫力あるし。が、確実に死ぬとわかってて戦うまでの強い理由が理解できなかった→感動できない。土下座はえっ?ってかんじ。キスをしかけてしない、だとよかったのに。
コジコジさん 7点(2004-01-06 08:19:38)
156.全世界向けのハリウッド映画としては上々の出来としていいのでしょう。
トム・クルーズと日本人俳優たちの演技、ハリウッドスタッフの誠意にも好感が持てました。

しかし、「邦画」、特に歴史ものとしては時代や精神面を含めた文化の解釈や
考証が滅茶苦茶、はっきり言って子供だまし以外の何者でもありません。
「フジヤマ・ゲイシャ」レベルです。
例をあげればきりがありませんが、いくらなんでも明治に忍者はいません。
天皇は政治なんかしません、ラストエンペラーと勘違いしてます。
勝元がモーフィアスにしか見えません。
大村なんか「007」のハロルド坂田そっくりなステレオタイプで偏見の塊です。
日本は戦国時代以来、戦争の主力兵器は鉄砲であり当時は世界最大の銃保有地域でした。
物語のモデルと思われる西南戦争が起こったのは明治維新の原動力となった
薩摩藩士にその見返りがなかったのが原因でもあります。
いくらなんでも評価が高すぎます。自国の文化歴史を考えるべきです。

非常に期待して観たので辛口の評価になました。


追記
この作品のモチーフは、第2次世界大戦中の日本でたびたび見られた現象です。退却も降伏も許されない状況で敵に追い詰められ、精神的にパニックになった末の自暴自棄な特攻・いわゆる「バンザイアタック」と思われます。硬直した日本社会の縮図です。
しかし作品中ではこれが日本人の精神文化の最も神聖で気高いものとして描かれています。
最も根本的なところで考察が間違っています。
y_osukaさん [映画館(字幕)] 3点(2004-01-06 01:32:24)(良:6票)(笑:2票)
155.”ダンス・ウィズ・ウルヴス”と”ブラック・レイン”をあわせたような映画。結構おもしろかった。ハリウッドが気を遣い金を使い作り上げた日本。ホビット庄のような畑は”ブラック・レイン”のラストのようにも見える。夕日や桜などきれいに撮ろうとしているあたりが好感が持てる。渡辺謙のキャラは魅力的だが一番リベラルな感じがして、あんまりサムライらしくないのでは。トム・クルーズの役があまり深く描かれていないのでなんだかラストはしらけるなあ。日本を細部まで気を遣って描きながらもストーリー、分かりやすいキャラ設定はハリウッド大作の王道だと思う。あくまで娯楽作として楽しめるかな。女の子は泣くよ。デートにどうぞ。
GOさん 7点(2004-01-05 23:10:38)
154.内容的には、可もなく不可もなく。ただ、道端に仏像があったり、冬の間抜け出せない豪雪の偏狭の村に、雪が降っている場面がない点や、天皇謁見の間で天皇までの距離が短すぎるなど納得いかない場面が多々ある。
孤島の鬼さん 5点(2004-01-05 18:42:57)(良:2票)(笑:1票)
153.素晴らしい!!劇場に入るまでは「変な日本人が出てきたらどうしよう・・・」とか心配していたが上映が始まった途端そんな心配は一気に吹っ飛んだ。
でも皆さんが言われているように最後の土下座は明らかにやりすぎだと思った。折角の感動シーンだったのにあれで一気に冷めた。しかしアメリカにこんなの作られたら日本の時代劇はどうすればいいんじゃ。
チャールストンさん 9点(2004-01-05 14:15:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 672人
平均点数 6.85点
010.15%
160.89%
2121.79%
3263.87%
4284.17%
5649.52%
611016.37%
716524.55%
813419.94%
98312.35%
10436.40%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.75点 Review48人
2 ストーリー評価 6.02点 Review70人
3 鑑賞後の後味 6.70点 Review71人
4 音楽評価 7.01点 Review60人
5 感泣評価 5.66点 Review48人
chart

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
助演男優賞渡辺謙候補(ノミネート) 
音響賞アンディ・ネルソン[録音]候補(ノミネート) 
美術賞リリー・キルヴァート候補(ノミネート) 
美術賞グレッチェン・ラウ候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞ナイラ・ディクソン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2003年 61回
主演男優賞(ドラマ部門)トム・クルーズ候補(ノミネート) 
助演男優賞渡辺謙候補(ノミネート) 
作曲賞ハンス・ジマー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS