ゴジラVSスペースゴジラのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > ゴジラVSスペースゴジラ
 > (レビュー・クチコミ)

ゴジラVSスペースゴジラ

[ゴジラタイスペースゴジラ]
GODZILLA VS. SPACE GODZILLA
1994年【日】 上映時間:108分
平均点:4.00 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
公開開始日(1994-12-10)
SFシリーズものファミリー特撮ものモンスター映画
新規登録(2004-03-30)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2017-04-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下賢章
川北紘一(特技監督)
助監督鈴木健二(特技助監督)
三好邦夫
米田興弘
おかひでき
キャスト橋爪淳(男優)新城功二
柄本明(男優)結城晃
小高恵美(女優)三枝未希(サイキックセンター主任)
吉川十和子(女優)権藤千夏
米山善吉(男優)佐藤清志
斉藤洋介(男優)大久保晋
中尾彬(男優)麻生孝昭(Gフォース作戦司令官)
上田耕一(男優)兵藤巌
佐原健二(男優)瀬川隆之(Gフォース長官)
木下ほうか(男優)大野隊員
小堺一機(男優)ゲームセンターの会社員
松村邦洋(男優)ゲームセンターの会社員
今村恵子(女優)コスモス
大沢さやか(女優)コスモス
出演峰岸徹権藤吾郎(回想)
脚本柏原寛司
音楽服部隆之
伊福部昭(ゴジラテーマ曲作曲)
北原京子(音楽プロデューサー)
撮影岸本正広
江口憲一(特技撮影)
製作田中友幸
富山省吾(共同製作)
配給東宝
特撮大屋哲男(スーパーバイザー)
作画破李拳竜(絵コンテ)
美術大澤哲三(特技美術)
清水剛(美術助手)
録音宮内一男
照明望月英樹
斉藤薫〔照明〕(特殊技術)
スーツアクター薩摩剣八郎ゴジラ
その他東京現像所(協力)
小林清志(予告編ナレーション)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(2点検索)】[全部]

別のページへ(2点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.ゴジラ映画ファンでありながら、長年に渡ってスルーし続けてきた作品だけあって、ある意味“安心”の駄作ぶりだった。
ハードルを限界まで下げきった上での鑑賞でありながらも、「早送りしてぇ」と思わざるを得なかった出来栄えには、もはや「流石」と言いたくなった。

「ゴジラVSビオランテ」以降“平成VSシリーズ”の“心のヒロイン”としてレギュラー出演し続けた三枝未希(小高恵美)が、ついに作中のメインヒロインとして登場したことは嬉しかったが、青臭い恋愛模様が痛々しくて仕方なかった。(おまけにイメージチェンジのショートカットが可哀想なくらいに似合っていなかった……)

兎にも角にも、90年代の映画であることを疑うくらいにストーリー展開の稚拙さが際立っている。諸々の事情により急遽製作された作品であるらしいが、それにしても酷い。

ただし、一点だけピックアップポイントはあった。
主要キャラとして登場する女性科学者の名前が「権藤」。これはピンときた。
「VSビオランテ」ファンとしては、“権藤一佐の弔い”という一つの要素には口元が緩んだし、彼の形見であるジッポーを柄本明演じる少佐が使っているという裏設定は胸熱ではあった。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-06-15 22:24:25)
2.《ネタバレ》  なんか、南の島にのんびり地雷埋めてるけど、ゴジラ来るのが判ってるのかね?子供いるからか?それにしても、超能力の使い方が、あまりにもセンス古くて、ESPカードなんて、昭和シリーズの頃の(それこそ、エスパイの)世界観だものな。それらを含めて、もう新しいセンスを持った、若い世代の力を使わないとダメだな。だから、他の人の言うような今回の曲がダメだとは思わない。それどころか、服部隆之がよくゴジラの音楽やってくれたとさえ思う。
 どっちにしろ、もうリアリティの欠片もない、どこかのパラレル世界の出来事なんだから、いいっちゃあ良いけど、「モゲラ」なんていう名前を臆面もなく登場人物に喋らすのは、どうなの?後、今更だが、ロボットの大きな胸板なんか、一枚板じゃ不自然だっつーの。それも「銀色塗装」モロ出しのプラスチックぽさ。
 ところで、この平成シリーズは、やたら細胞だ遺伝子だって言ってるけど、よしんばゴジラの遺伝子から新たな生物が生まれても、元の側は子側の事判んないでしょ?安直だよね。そういうの。「この子、あなたの子なの」って言われても、ホントかどうか判らんでしょ、人間だって。同じ遺伝子がなぜ戦うのか?少なくとも地球上では、同種族で殺しあう生物はなかなかいない。(唯一のモノが人間だが、そんな事意識してないよね?)子供向け映画にはそういうトコ、大事なんだと思うけどな。
 そして、最後の最後まで気に入らない。「宇宙が汚され続けてゆくのなら、いつ第二のスペースゴジラが現れるかも分からない。私たちへの警告だわ」て、いつ宇宙を汚染したのかね?我々人類は。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 2点(2011-08-08 02:21:37)
1.《ネタバレ》 血液凝固弾だか色素沈着弾だか知らないが、あんな小さい銃で、ミサイルも砲弾もレーザーも落雷さえも耐えるゴジラを討ち取れると思っていた結城は、シリーズ屈指の不思議ちゃんだと思う。
FBIの滝さん [地上波(吹替)] 2点(2009-05-06 13:34:36)
別のページへ(2点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 4.00点
014.17%
1416.67%
2312.50%
3416.67%
414.17%
5625.00%
614.17%
728.33%
800.00%
900.00%
1028.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.25点 Review4人
2 ストーリー評価 7.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.75点 Review4人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 6.75点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS