GODZILLA 怪獣惑星のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > GODZILLA 怪獣惑星
 > (レビュー・クチコミ)

GODZILLA 怪獣惑星

[ゴジラカイジュウワクセイ]
2017年【日】 上映時間:88分
平均点:4.62 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-11-17)
公開終了日(2018-05-16)
SFアニメシリーズものモンスター映画
新規登録(2017-07-31)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2019-08-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督瀬下寛之
静野孔文
森田宏幸(副監督)
宮野真守ハルオ・サカキ
櫻井孝宏メトフィエス
花澤香菜ユウコ・タニ
杉田智和マーティン・ラッザリ
梶裕貴アダム・ビンデバルト
諏訪部順一ムルエル・ガルグ
小野大輔エリオット・リーランド
三宅健太リルエル・ベルベ
堀内賢雄ウンベルト・モーリ
中井和哉ハルエル・ドルド
山路和弘エンダルフ
洲崎綾ハルオ・サカキ(少年時代)/管制官
石谷春貴ジョシュ・エマーソン
原作虚淵玄(ストーリー原案)
脚本虚淵玄(シリーズ構成/脚本)
村井さだゆき(シリーズ構成)
音楽服部隆之
製作東宝
制作ポリゴン・ピクチュアズ
配給東宝(東宝映像事業部)
作画森田宏幸(絵コンテ)
美術渋谷幸弘(美術監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(4点検索)】[全部]

別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.人類の生き残り4000人しかいなく、勝算もあるわけでもないのに600人の人員を派遣するのは、戦略としておかしいのではないか?
映画にそれを言っても仕方ないけど・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2019-10-10 10:44:26)
3.やりたい事はわかるんだけどね〜。
アニメならではのぶっ飛んだ設定と、壮大なSFもの。
ただ、やっぱりエンタメとしての盛り上げ方が下手というか、戦闘描写にしても何が起こっているのか、どういう作戦なのかとか分かりづらく、非常に入り込み難い。キャラクターの人物描写も掘り下げが足りない。
もうちょっと単純でいいと思う。ごちゃごちゃ盛り込み過ぎ。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 4点(2018-05-28 07:27:50)
2.ゴジラをアニメ化するのであればSF設定でやるくらいの冒険は必要とした東宝の判断は間違っていないし、何を作っても批判を受けることは百も承知のうえでこの企画に挑んだクリエイター達の心意気も買いたいのですが、そんなおおらかな心をもってしても、本作はダメな映画だったと思います。
この手のチャレンジ企画はオリジナルをどれだけイジろうが面白くさえできれば勝ちなのですが、結局面白くできなかった。これが最大の問題ではないでしょうか。感情移入のできないキャラクター、作戦概要の説明がくどいほどなされる一方でイマイチ戦況の伝わってこない戦闘描写、脅威の対象が怪獣である必要をまるで感じない見せ場作りなど、ほとんどの要素で失敗しています。
また、怪獣云々以前の問題として、SF映画としてもまともに成立していません。人類の大半を怪獣に殺され、わずかな生き残りも地球を出ざるをえなくなり、しかもその過程では異星人との接触もあった。そうした大イベントを背景とした世界なのであれば人々の価値観や社会風俗も様々な影響を受けているはずなのに、その変化がまるで見て取れないために世界観は面白みに欠けたものとなっています。
さらには、人類を絶滅寸前にまで追い込んだゴジラというトラウマに再度対峙するきっかけとして、宇宙船内の飢餓や先の見えない航海への絶望感が挙げられていましたが、そうした苦しみの描写が致命的に欠けているために、地球奪還作戦の切実さが観客の側に伝わってきませんでした。また、地球奪還の急先鋒となる主人公の動機付けもイマイチで、いくら親の仇とは言え、核兵器を何発使っても傷一つ与えられなかったほどの超越的な怪獣が個人的な復讐の対象になるものだろうかと、その行動原理には疑問符しか浮かびませんでした。
本作は三部作構成とのことですが、残る2作で巻き返しが図れるのかかなり不安なスタートとなりました。
ザ・チャンバラさん [インターネット(邦画)] 4点(2018-05-24 18:44:24)
1.《ネタバレ》 すべてに渡り、最近の邦画アニメのテンプレのような映画でした。

ウジウジとした展開と、いかにも思惑を秘めていそうな人物や、陰謀やらなんやかや。

彼らの目的=移住可能な惑星を探すこと。
手段=居住可能な地球に戻るため、そこに巣くうゴジラを倒す。
だったのが、地球は人のすめる惑星ではなくなっていたという時点ですべての計画が破綻。

そのような状況にも関わらず、ゴジラを倒すことしか頭にない単細胞な主人公に
指揮権を委ねてゴジラに総力戦を仕掛けるという筋道のまったく通らない展開。
その裏には主人公を煽る人物になんらかの思惑が透かし見えます。

そういう流れも含めてテンプレ感が満載。
こういうのはお腹いっぱいと言いたくなるアニメでした。
kirieさん [映画館(邦画)] 4点(2018-01-18 22:35:10)
別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 4.62点
000.00%
116.25%
2212.50%
316.25%
4425.00%
5318.75%
616.25%
7318.75%
816.25%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS