スター・ウォーズ/クローン・ウォーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
 > (レビュー・クチコミ)

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

[スターウォーズクローンウォーズ]
Star Wars: The Clone Wars
2008年【米・シンガポール】 上映時間:98分
平均点:5.90 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-08-23)
公開終了日(2008-12-17)
アクションSFアドベンチャーファンタジー戦争ものアニメシリーズものCGアニメ
新規登録(2008-07-22)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2010-11-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デイヴ・フィローニ
サミュエル・L・ジャクソンメイス・ウィンドゥ
アンソニー・ダニエルズC-3PO
クリストファー・リードゥークー伯爵
ケヴィン・マイケル・リチャードソンジャバ・ザ・ハット
浪川大輔アナキン・スカイウォーカー(日本語吹き替え版)
坂本真綾パドメ・アミダラ(日本語吹き替え版)
森川智之オビ=ワン・ケノービ(日本語吹き替え版)
玄田哲章メイス・ウィンドウ(日本語吹き替え版)
永井一郎ヨーダ(日本語吹き替え版)
岩崎ひろしC-3PO(日本語吹き替え版)
羽佐間道夫ドゥークー伯爵(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子アサージ・ヴェントレス(日本語吹き替え版)
金田明夫キャプテン・レックス/クローン・トルーパー(日本語吹き替え版)
本田貴子TC-70通訳ドロイド(日本語吹き替え版)
中尾隆聖ズィロ・ザ・ハット(日本語吹き替え版)
若本規夫ナレーター(日本語吹き替え版)
伊藤静アソーカ・タノ(日本語吹き替え版)
稲垣隆史パルパティーン最高議長(日本語吹き替え版)
原作ジョージ・ルーカス(原案)
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生](テーマ音楽)
製作総指揮ジョージ・ルーカス
配給ワーナー・ブラザース
字幕翻訳林完治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(5点検索)】[全部]

別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」と「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」の間のエピソードであるクローン戦争を描いたCGアニメ。とりあえず惰性で見てしまったが、この後製作される全100話のテレビシリーズの序盤を描いているだけなので、なんか物足りなく、また実写映画と比べて画面作りが粗いのか、とくにライトセイバー戦のシーンなどは見ていて目が少しチカチカしてしまった。(実写だとそんなことないのに。)アナキンが新三部作と比べると人間が出来すぎているのもなにか違和感を感じる。ただ、クローン戦争だけを描いていてアナキンと新人パダワンが主役の話なのでパドメの出番が少なく、アナキンとの恋愛シーンが皆無なのでその分冗長さがなく見やすかったと思う。紛れもない「スター・ウォーズ」の中の一篇ではあるが、でもやはり「スター・ウォーズ」は実写で見たいと思うのが正直なところ。配給会社が変更になっていて最初にワーナーのマークが出るのにも違和感を感じる。20世紀フォックスじゃないとしっくり来ない。
イニシャルKさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-07-19 13:07:59)
7.《ネタバレ》 アナキンと新人女パダワン・アソーカの絆を描いたシリーズ第2作と3作をつなぐ番外編。臨場感・迫力において実写の本シリーズに劣るのは無理ないですな…。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2010-03-27 21:46:24)
6.気のせいか、初期の頃のゲーム版トゥームレイダーみたいなCGと動きになってる気がする。
本当にILMなのか、これ?
ひで太郎さん [DVD(字幕)] 5点(2009-04-21 12:44:40)
5.なんかこう、いまいち盛り上がらない感じで。
全体を通して、特に驚く展開もなく淡々とクローン戦争を見ていく感じです。
しかしオビワンやアナキンもいいけど、どうせアニメ作品つくるならキットフィストー系統の人間ぽくないキャラをいっぱい出して欲しかった・・・。
それにマラジェイドやスローン提督のエピソードも映像化してほしい。。。
ユージャンヴォング以降は長いので却下かなぁ。
そういえば100時間ドラマ作るとか言っていた話はどうなったのかしら?
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 5点(2009-01-21 16:29:19)
4.《ネタバレ》 SWでありSWではないような作品だったと感じました。 やはり すごいCG画面等があってこそのSWだと思うので少し残念 ただ効果音、登場人物はSWなのでうれしいところです ストーリーがイマイチなのは EP1からのことなので仕方ないか アナキンのわがまま行動がなくなんか凄腕のマスターだった そんな男だったけ?  願わくばまた SWの新作が観たいな~
ジダン・ソゼさん [DVD(吹替)] 5点(2008-12-18 03:03:01)
3.《ネタバレ》 最初の作品を30年前に見た当時「オビ=ワンの友人で、かつてクローン戦争で活躍したパイロットのスカイウォーカー」っていうのをイメージしてたワケですけれど、アナキンもクローン戦争も、こうしてあれこれと映像化されると随分自分が抱いていたイメージとは遠いものだったんだなぁ、と。自分の中のアナキンはもっとシブいおっさんだったし、クローン戦争はクローン軍団とジェダイ騎士団の大艦隊戦だったし。今作は、あの2Dのパワーパフ・サムライ・クローン大戦とどう違うの?って感じですが、パラレルなのでしょうかねぇ? それともあれより前? ややこしい。で、映画の中身なのですが、なんとも安いデキで、もう少しキチンとしたものにできなかったかなぁ、と。戦闘シーンなんぞは、本シリーズからしてCGアニメワールド状態でしたから、比較しても遜色のないモノになっていますが、人物シーンが単純化されたモデルをモーションキャプチャーもマトモに使わず、がちゃがちゃっと動かしたようなシロモノで。もう、お手軽アニメとして割り切って作ってあって、下手すりゃゲームの『コール・オブ・デューティ4』とか『ギアーズ・オブ・ウォー』とかのリアルタイムレンダリング画面に劣る世界。ILMブランドぶら下げてる以上は、CGでもやっぱりちゃんと正面から勝負して欲しいのですけどねぇ。物語の方も、新エピソードのパターンに倣って謀略VSジェダイのマンネリパターン、毎度のドロイドVSライトセーバー。正直、新エピソードのキャラクター設定、背景、デザインで見るの、いい加減退屈でツラいんですけど。旧エピソードの方がデザインはずっと良かったですよねぇ。そんな中、唯一の救いが新キャラ、アソーカのアクティブな魅力ですが、どうせこの先、どっかで死んじゃうんですよねぇ。先が決定付けられてる物語はコレだからイヤ。誰が生き残る、死ぬ、どうなる、っていうのが全部見えてるのってドラマとしてつまんないです。ルーカスもこんなところにウダウダ停滞してないで、EP7作ればいいんですよ、もう!
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 5点(2008-08-31 17:00:49)
2.これから放送されるアニメの一部分を上映したらしいので、映画自体は殆ど物語の途中でブッツリと切られた様な感じにで終わります。なので別段スター・ウォーズのファンで無かったら見に行く必要は感じませんでした。
ファンにしてはあのジョン・ウィリアムスの超有名なメインテーマのアレンジが冒頭で流れるだけでも満足なのですが、それでもあのCGアニメの微妙な出来は何とかならなかったのでしょうか?近年の日本のアニメや、ピクサー、ドリームワークスアニメなどを観ている人にしたらちょっとアニメーションとしての質の低さにまず耐えられないかと思います。
まあ、あの感じがアメリカンスタイルだ!と云われればそれまでなんですが。
民朗さん [映画館(字幕)] 5点(2008-08-31 13:44:51)
1.《ネタバレ》 「スター・ウォーズ」については、それほど詳しくはなく、素人からの目線でレビューしたい。
画像については、それほど違和感がなかったが、実写ではない分、バトルシーンにはどうしても迫力を欠いてしまうところがある。
実写では迫力などでごまかすことができるので飽きずに済むところがあるが、飽きずにもたせるには展開の面白みがなく、短い映画にも関わらず非常に長いと感じられた作品。
また、アニメ作品「クローン大戦」を見ていないと、ヴェントレスという敵キャラクターが分からないので、やや違和感があるのではないか。むしろグリーヴァス将軍の登場を期待していたので、やや拍子抜けしたところがある。
まだまだ続きがありそうだが、ⅡとⅢを繋ぐブリッジストーリーとしては、本作だけでは物足りなさすぎる。
ジャバの息子の誘拐など、子ども騙し的なネタしか描かれていないので、本作を観たとしても、大きなものはあまり得られないと思う。
最初から最後まで、クローンとドロイドがただ無益な撃ち合いをしているという印象しか残らなかった。
一番驚かされたのは、アナキンがパダワンを取っていたということだろう。
ただ、このエピソードも個人的にはあまり好ましいとは思わなかった。
パダワンを持つということは、ジェダイの騎士としてそれなりに責任が増すのであるから、ジェダイを裏切るという最終的な方向とは逆の意味に繋がってしまう。
また、パダワンを持たせるというアイディアは、オビワンとヨーダの考えのようであるので、二人はアナキンのことを一人前と認めている証拠でもある。
一本立ちを認めないオビワンのことをアナキンは憎んでいたはずではなかったか。
パダワンを持ったことでジェダイを憎むような展開になればよかったが、そんな展開にもならなかったので、やはりアナキンにパダワンを持たせる効果がよく分からない。
任務を優先することを第一に考えるジェダイと、ピンチに陥ったパダワンの生命を考えるアナキンとの間に亀裂が生じるという展開にでもなれば、本作にも意義が生じるとは思ったが、結局パダワンが自分の危機を一人で切り抜けるという面白くもない展開になってしまった。
慎重派オビワンと無鉄砲アナキンとのコンビとは違う、無鉄砲コンビの誕生もそれほどすっきりしたものを感じられないのも惜しいところであり、全体的には評価しにくい作品となっている。
六本木ソルジャーさん [映画館(字幕)] 5点(2008-08-24 22:51:28)(良:1票)
別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 5.90点
000.00%
100.00%
200.00%
313.23%
426.45%
5825.81%
61238.71%
7619.35%
813.23%
900.00%
1013.23%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.20点 Review5人
2 ストーリー評価 6.37点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.57点 Review7人
4 音楽評価 6.62点 Review8人
5 感泣評価 5.50点 Review4人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

2008年 29回
最低続編・リメイク賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS