野のユリのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ノ行
 > 野のユリ
 > (レビュー・クチコミ)

野のユリ

[ノノユリ]
Lilies of the Field
1963年【米】 上映時間:94分
平均点:7.93 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(1964-10-24)
ドラマモノクロ映画小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-10)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラルフ・ネルソン
キャストシドニー・ポワチエ(男優)ホーマー・スミス(シュミット)
リリア・スカラ(女優)マリア院長
田中信夫ホーマー・スミス(シュミット)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
麻生美代子マリア院長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
浅井淑子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ジェームズ・ポー
音楽ジェリー・ゴールドスミス
撮影アーネスト・ホーラー
製作ラルフ・ネルソン
字幕翻訳篠原有子
日本語翻訳木原たけし
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.シドニー・ポワチエの爽快感を前面に出した演技とシスター達の厚かましさと無知さが正反対に描かれていてなかなか。都合のいいような事も少しはありますがジェームズ・スチュアートやフランク・キャプラが持っていた良心さがこの映画でも溢れていてとてもいい気分になれました。細かい事は掘り下げないしポワチエ自身の過去も明かされないので彼が神からの使いで教会を立てに来た、と思えばいいんでないですかね。ポワチエとシスター達が時折エイメン♪エイメン♪と歌ってる所は噂には聞いてて初めて見たけど、テンポがいいなぁあとあと残るなこりゃ。
M・R・サイケデリコンさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-12-16 11:26:44)
4.《ネタバレ》 面白かったです。みなさんと同じように♪エイメン♪が鳴り続けています。スミスがなぜ旅をしているのか、シスターたちがなぜドイツから来たのかなど、なにも触れないのがまたいい。シスターは人に感謝せず神に感謝する。自分が祈ったからみんなの善意が得られると;スミスは何かを成し遂げたくて;ホアンたちは「保険」のため。。。うーん、考えさせられました。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-10-01 23:57:02)
3.《ネタバレ》 ジャンルで考えるとよくある話ですね。「天使にラブソングを」を思い浮かべました。
この映画の良いところは素朴で静かなところだと思います。作業の手伝いをする際、職人気質のスミスを気遣う行動を見せたダイナーの親父だったり、またスミスは尼さんリーダーを気遣い感謝の言葉や報酬を求めずに立ち去ったり。そこには言葉というものが存在しません。こういう目立たない事こそ本当の思いやりだったりするのかもしれませんね。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 8点(2008-11-08 10:55:43)(良:1票)
2.世間知らずの子供か、はたまた天使のような尼さん達に見込まれて、彼女達に協力するハメになるポワチエ。奇跡と人間の善意を信じ、またそれに応える善良な人間。「あー人間も捨てたもんじゃない」とほのぼの思わせてくれる。純真なドイツ人の尼さん達がとっても可愛い。ポワチエの笑顔もね。
キリコさん 8点(2003-05-11 15:57:50)
1.そんなどうって言う事もないストーリーですけど、生きている人々の姿がユーモラスでもあり、ちょっぴり切ないです。素直に見れるいい映画です。
ningenfushaさん 8点(2003-02-02 13:29:35)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 7.93点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.33%
513.33%
6516.67%
7413.33%
8516.67%
9930.00%
10516.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1963年 36回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞シドニー・ポワチエ受賞 
助演女優賞リリア・スカラ候補(ノミネート) 
撮影賞アーネスト・ホーラー候補(ノミネート)白黒
脚色賞ジェームズ・ポー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1963年 21回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)シドニー・ポワチエ受賞 
助演女優賞リリア・スカラ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS