野のユリのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ノ行
 > 野のユリ
 > (レビュー・クチコミ)

野のユリ

[ノノユリ]
Lilies of the Field
1963年【米】 上映時間:94分
平均点:7.93 / 10(Review 30人) (点数分布表示)
公開開始日(1964-10-24)
ドラマモノクロ映画小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-10)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラルフ・ネルソン
キャストシドニー・ポワチエ(男優)ホーマー・スミス(シュミット)
リリア・スカラ(女優)マリア院長
田中信夫ホーマー・スミス(シュミット)(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
麻生美代子マリア院長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
浅井淑子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ジェームズ・ポー
音楽ジェリー・ゴールドスミス
撮影アーネスト・ホーラー
製作ラルフ・ネルソン
字幕翻訳篠原有子
日本語翻訳木原たけし
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
30.「夜の大捜査線」で見事な演技を見せたシドニー・ポワチエがオスカーを獲ったというので期待したのですが見事なクソ映画でした。
キリスト教のプロパガンダ映画でした。
白人は人種差別はしない。
祈れば願いは必ず叶う。
キリストは絶対。
そんなことをアメリカ人は訴えたくてポワチエにオスカーを与えたんだと思う。
クリスチャンが喜びそうな偽善的な内容にヘドが出そうでした。
黒人がアカデミー主演男優賞を獲得した歴史は残りましたが、作品の内容は全く語られないのが納得できます。
クロエさん [DVD(吹替)] 4点(2017-11-27 22:17:16)
29.昔から知ってはいたが、今まで見てなかったのが悔やまれるくらいの心に残る良い映画だ。お人好しの黒人青年と、すべては神の思し召しというマザー・マリアの心の通い合いは、ユーモラスで微笑ましい。エイメンのコーラスは元祖天使にラブソングであり、見た後の爽快感は何とも言えない。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 9点(2013-05-05 07:52:42)
28.《ネタバレ》 肝心のスミスの心情がよくわからなくて困りました。人物像があまり掘り下げられていないので、そこまでお人好しになる理由がよくわかりません。単に意固地なだけなのか? お話としては、ビング・クロスビーの『我が道を往く』と似ていますね。ただ、主要人物が黒人とドイツからの移民(東欧系)とスペイン系(?)という点が新しいのでしょう。全般にユーモラスなところはよかったと思います。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-08-22 11:26:27)
27.たぶん超低予算で撮られたと思うのですが、アイデアと語り口が映画には大事な要素なんだねと納得させてくれました。シドニー・ポワチエが演じる黒人青年は、あくまでアメリカの当時の白人が心に描いていた理想の黒人像であることは確かですが、あたかも神の使いの様な登場と退場するエンドシーンにしたことで、黒人の未来は今よりきっと良くなるぞ、というメッセージが感じられました。リリア・スカラと四人の修道女たちが面白いキャラで、観ているうちにだんだん可愛らしく感じられてきました。もしリメイクするのなら、ミュージカルとして撮ったら面白いんじゃないかな。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-03-03 21:58:48)
26.《ネタバレ》 余計な脇の筋に浮気せずに「教会を建てることだけ」に徹しているのが良いし、ラストで主人公が挨拶も何もなくさりげなく消えていくのも良い。本当にあの主人公は神の使いだったのではないか?なんてことまで考えてしまいます。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-02-27 21:39:55)
25.単純に良い映画。終始心地良い気分で見られる作品でした。スミスが尼さんたちに英語を教えるシーンと一緒にエーメンの歌を歌うシーンが特に印象的。院長も厳しくもどこかコミカルで面白い。
信仰心や善意、同情など無形のもので人種や国籍の異なる人々が集まり支え合っているのを美しく描いていると思います。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-12-21 18:47:36)
24.シドニー・ポワチエの爽快感を前面に出した演技とシスター達の厚かましさと無知さが正反対に描かれていてなかなか。都合のいいような事も少しはありますがジェームズ・スチュアートやフランク・キャプラが持っていた良心さがこの映画でも溢れていてとてもいい気分になれました。細かい事は掘り下げないしポワチエ自身の過去も明かされないので彼が神からの使いで教会を立てに来た、と思えばいいんでないですかね。ポワチエとシスター達が時折エイメン♪エイメン♪と歌ってる所は噂には聞いてて初めて見たけど、テンポがいいなぁあとあと残るなこりゃ。
M・R・サイケデリコンさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-12-16 11:26:44)
23.なかなかおもしろかった
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 7点(2010-10-05 22:44:36)
22.《ネタバレ》 面白かったです。みなさんと同じように♪エイメン♪が鳴り続けています。スミスがなぜ旅をしているのか、シスターたちがなぜドイツから来たのかなど、なにも触れないのがまたいい。シスターは人に感謝せず神に感謝する。自分が祈ったからみんなの善意が得られると;スミスは何かを成し遂げたくて;ホアンたちは「保険」のため。。。うーん、考えさせられました。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-10-01 23:57:02)
21.《ネタバレ》 だんだんと教会が作られていくのは自分のことのように嬉しかった。-1点はもちろん院長の厚かましさにです。この人が改心してればな~・・・
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-09-29 21:21:15)
20.シドニー・ポワチエが好きで、この映画もいいと思います。シスターに言いくるめられて、ぶすっとする顔が印象的です。寝起きの演技もリアルさがすごい。アーメンくらい自分の国の言葉で言わせてあげなよ、なんて。
色鉛筆さん [地上波(字幕)] 6点(2009-07-02 22:01:16)
19.《ネタバレ》 ストーリー展開の中で説明不足は多少あるものの、なかなかの佳作。やはりシドニー・ポワチエの存在が大きい。黒人初のアカデミー賞を今作で取ったことも大きな意味がある。彼の歌は「手錠のままの脱獄」でもそうだったが、惹きつける力がある。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2009-05-10 22:48:24)
18.《ネタバレ》 ジャンルで考えるとよくある話ですね。「天使にラブソングを」を思い浮かべました。
この映画の良いところは素朴で静かなところだと思います。作業の手伝いをする際、職人気質のスミスを気遣う行動を見せたダイナーの親父だったり、またスミスは尼さんリーダーを気遣い感謝の言葉や報酬を求めずに立ち去ったり。そこには言葉というものが存在しません。こういう目立たない事こそ本当の思いやりだったりするのかもしれませんね。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 8点(2008-11-08 10:55:43)(良:1票)
17.こんな自分にも、もし良心というものがあるのなら、その良心は、この映画が教えてくれた良心でありたいと願う。
永遠さん 9点(2005-02-26 02:24:49)
16.《ネタバレ》 修道尼の自分勝手な理論、頑なさが鼻につき、なんとなくいや~な雰囲気になってしまいました。極端な例にしても、神につかえる修道尼というのは、バカで勝手で独りよがりなのかと勘違いをしてしまいます。そんな中、半ば意地で教会を作りはじめるシドニー・ポワチエは格好良く、そして次第に教会づくりにプライドとやりがいを感じ始める。その過程がとてもすがすがしくて、ポワチエと一緒になって、修道尼の考えのなさに腹を立てたりしながら観ました。それにしても、ポワチエが教会をつくってしまったことによって、修道尼の自分勝手な理論が正しかったみたいな終わり方になってしまったのが残念無念。ちょいとフラストレーションの残る映画でした。
元みかんさん 5点(2004-12-25 13:59:15)
15.シドニーポワチエの作品の中ではいまいちなほうだと思った。尼さんたちの何も考えない言動を腹立たしく感じたりもした。
HKさん 6点(2004-10-24 20:36:30)
14.皆さんの評価が非常に高いので驚きました。私は名作と期待して見たのですが、あまりにもどうということのないストーリーに拍子抜けしました。あの院長といったら、手間賃を払う気もないのに、その点をごまかしてスミスを雇い、手間賃の話になると英語はわからないと言い出し、レンガがないと仕事にならないと言うと、「私は遠くの国から来たんだ。それに比べればレンガがないことなんて何だ」と逆ギレし、人をただ働きさせながら決して礼を言わず、いつも傲慢な命令口調。あの院長は私の目には精神異常にしか見えず、寒気がしました。なぜスミスが無償で教会建設をする気になったのかの理由もいまひとつわかりませんでした。みんなもなぜ手伝う気になったのでしょう。途中で業者の人が言っていたように、次は学校、次は病院と、院長の狂信的野望は果てしないのです。下手に手伝ったりすると、神の奇跡が起きたとか言って調子に乗って、次から次へと要求し続けるはずです。
チョコレクターさん 6点(2004-08-14 21:53:02)
13.期待通り名作でした。ほとんど完璧な感じ。シスターたちがいつも笑顔で妙にハイテンションなのが印象に残る。Amenで去っていくラストもいい。
バカ王子さん 9点(2004-01-20 23:47:22)
12.シドニー・ポワチエの代表作といっていいでしょう。ウーピー・ゴールドバーグの「天使にラブ・ソングを」で同じモチーフが使われていますが、あちらはウーピーが主導権を握っていたのに対して、こちらではリリア・スカラらの修道女たちの方がポワチエをこき使っているようで楽しいです。もちろん、皆さんお書きの通り、ポワチエが歌を教えてみんなで歌うシーンは感動モノですね。
オオカミさん 9点(2003-12-02 23:28:10)
11.ほめる映画って、あんま言うこと思いつきませんね・・・
夜明けのボギーさん 10点(2003-07-12 00:41:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 30人
平均点数 7.93点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
413.33%
513.33%
6516.67%
7413.33%
8516.67%
9930.00%
10516.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1963年 36回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞シドニー・ポワチエ受賞 
助演女優賞リリア・スカラ候補(ノミネート) 
撮影賞アーネスト・ホーラー候補(ノミネート)白黒
脚色賞ジェームズ・ポー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1963年 21回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)シドニー・ポワチエ受賞 
助演女優賞リリア・スカラ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS