ビリー・ザ・キッド/21才の生涯のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ビリー・ザ・キッド/21才の生涯
 > (レビュー・クチコミ)

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯

[ビリーザキッドニジュウイッサイノショウガイ]
Pat Garrett & Billy the Kid
1973年【米】 上映時間:108分
平均点:7.20 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
公開開始日(1973-10-13)
アクションドラマウエスタン犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-05-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サム・ペキンパー
助監督ニュート・アーノルド
キャストジェームズ・コバーン(男優)パット・ギャレット
クリス・クリストファーソン(男優)ビリー・ザ・キッド
ボブ・ディラン(男優)エイリアス
リチャード・ジャッケル(男優)キップ・マッキニー
ケティ・フラド(女優)ベイカー夫人
ジェイソン・ロバーズ(男優)ルー・ウォレス知事
R・G・アームストロング(男優)ボブ・オリンジャー
ルーク・アスキュー(男優)イーノ
マット・クラーク(男優)J・W・ベル(ジェームズ・ベル)
ジャック・イーラム(男優)アラモサ・ビル
エミリオ・フェルナンデス(男優)パコ
L・Q・ジョーンズ(男優)ブラック・ハリス
スリム・ピケンズ(男優)コリン・ベイカー
チャールズ・マーティン・スミス(男優)チャールズ・ボウダー
ハリー・ディーン・スタントン(男優)ルーク
ジョン・デイヴィス・チャンドラー(男優)ノリス
イライシャ・クック・Jr(男優)コディ(ノンクレジット)
サム・ペキンパー(男優)ウィル(ノンクレジット)
バリー・サリヴァン(男優)ジョン・チザム(ノンクレジット)
リチャード・ブライト(男優)ホリー
ジーン・エヴァンス[男優](男優)ホーレル
ブルース・ダーン(男優)(ノン・クレジット)
小林清志パット・ギャレット(日本語吹き替え版)
堀勝之祐ビリー・ザ・キッド(日本語吹き替え版)
松橋登エイリアス(日本語吹き替え版)
飯塚昭三コリン・ベイカー/レミュエル(日本語吹き替え版)
北村弘一ブラック・ハリス/ピート(日本語吹き替え版)
青野武ルーク(日本語吹き替え版)
藤本譲ボブ・オリンジャー/パコ(日本語吹き替え版)
野島昭生イーノ/チャーリー(日本語吹き替え版)
仲木隆司ホーランド(日本語吹き替え版)
音楽ボブ・ディラン
主題歌ボブ・ディラン"Knockin' on Heaven's Door"(天国の扉)
撮影ジョン・コキロン
ハーバート・スミス〔撮影・メイク〕(カメラ・オペレーター)
製作ゴードン・キャロル
MGM
配給MGM
美術テッド・ハワース
レイ・モイヤー〔美術〕(セット装飾)
ヘアメイクハーバート・スミス〔撮影・メイク〕(ノンクレジット)
編集ロジャー・スポティスウッド
ガース・クレーヴン
リチャード・ハルシー
デヴィッド・バーラツキー
ロバート・L・ウルフ
字幕翻訳清水俊二
高瀬鎮夫(日本語版監修)
スタントウィリアム・H・バートン(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.タイトルはこうなっていますが、主役はあくまでギャレットの方だったのですね。しかし、ビリーが派手な活躍をする作品ではない、という意図はいいにしても、それではそれぞれにどういう背景があって、その結果2人の関係はどうなっていて、というところまで丁寧に作り込まれているわけではないので、つまり、ただ単に2人がああだこうだうだうだしているだけのようにも見えてしまいます。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-07-11 21:48:28)
14.《ネタバレ》 ビリー・ザ・キッドがパット・ギャレットに射殺されるまでの短期間の物語なんですけど、まるで何も起こっていないかのような淡々とした語り口がもう渋すぎです。冒頭のパット・ギャレット射殺シーンをはじめ銃撃戦の描写は、ペキンパーお得意のスローモーションを駆使して迫力は満点です。キッドとギャレットの追跡劇をそれぞれの視点で平行して描く構成も、ペキンパーの円熟した技量の冴えを感じさせてくれます。とくにジェームズ・コバーンのギャレットが、渋さが爆発でもうカッコよいというしか言葉がありません。この人は本当に西部劇では輝く俳優だとしみじみ思いました。いま話題のボブ・ディランですが、俳優としては素人の彼に合わせたキャラクターなので、違和感なく物語に溶け込んでいます。脇を固める助演陣も、いつものペキンパー組に加えて何気に渋くて豪華な面々がそろっています。 これぞペキンパー西部劇の到達点で、その詩情はジョン・フォードを超えたといっても過言じゃないでしょう。
S&Sさん [ビデオ(字幕)] 9点(2016-12-19 21:28:24)
13.《ネタバレ》 誰もがあっけないまでにアッサリと死んでいく。カッコいい死に様なんてのは無いんだな、やっぱり。ひとつの時代が終わりゆく寂しさに、ボブ・ディランの歌もまた切なく胸に響く。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-11 20:06:43)
12.《ネタバレ》 ジェームズ・コバーンがビリーを仕留めるまでの追跡劇かと思っていましたが、そうではなかったようです。ビリーは逃亡しているようで、ちっとも逃亡していませんし、コバーンもビリーを追っているようで、ちっとも急いてはいません。いつか必ずやってくるその時をお互い待っているかのように穏やかとすら言える時間がゆっくりと流れ(たとえ暴力シーンがあってもだ)、両者の行動を淡々と見せていきます。そして段々と切なくなってきたところで運命の時を向かえビリーは射殺されますが、ペキンパーの映画で、しかも裸であるにもかかわらずビリーは撃たれていないかのように出血せずに死ぬ。血が流れないということは生身の人間ではないということであり、ビリーは伝説的なアウトローとして神格化されています。対して射殺したコバーンには少年が石を投げつける。つまりやっぱりこれは男の子のロマンであり、川辺で最期の時を向かえるおじさんにしたって哀愁が漂いまくっているのです。
ミスター・グレイさん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-09 18:43:44)
11.《ネタバレ》 パット・ギャレットが撃たれるシーンから始まるのだが、これから始まる物語が過去のことであり、その「過去」である物語の冒頭と「今」であるパットの最期が何度も切り返されるオープニング、この構成がめちゃくちゃかっこいい。そして原題どおりのパットとビリーの物語が始まる。このオープニングが秀逸なのはかっこよさだけではなく「死」へと向かう物語であることを予告しているからでもある。法などあって無いような時代がいよいよ終焉を迎えようとする西部開拓時代の末期、同じ穴のむじなの二人が保安官と無法者として対峙する。しかし同じ穴のむじな。二人ともが死へと向かうことに抗うことができないその切なさが漂う。そのことを代弁するボブ・ディランの「天国への扉」。ここにバイオレンスの巨匠はいない。いや、ペキンパーはたしかに暴力をスローモーションでショー化してきたが、その暴力の中に悲哀を込め続けたのも確かなのだから、これこそが彼の真髄なのかもしれない。ちなみに見たのは「特別版」。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2010-02-18 16:13:18)
10.《ネタバレ》 リアルタイムで見ました。観賞後、「どおして、最後スローモーションで血しぶきを巻き散らかしてくれなかったんだぁあー!!」と思ったものです。ペキンパー作品の質は流血量に比例すると私は思っています。後半の流血少なめに不満がありますが、前半は見所たっぷりです。ボブ・ディランの音楽と出演が嬉しいですね。
ジャッカルの目さん [映画館(字幕)] 8点(2007-05-08 01:57:02)
9.《ネタバレ》 パット・ギャレットの最期が冒頭におかれていて、斬新でなかなかかっこいいなと思った。しかしこの映画、所々だれる。僕はいつもとばしとばし観る。前半の脱走のシーンなんかは、しびれるかっこよさなのだが。ボブ・ディランの音楽もいい。もう少しおもしろくまとめてほしかった。
ジェイムズ・ギャッツさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-05-03 00:57:59)
8.最初はまあまあ楽しめるんけど、そんなに格好よさも感じられず、映画に乗り切れなかったために段々飽きてきてしいました。それにしてもビリー役、21才の生涯という割りに年取ってるなぁという違和感。それをおいといてもイメージにも合いません。コバーンは存在感あって良かったですが。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-04-16 22:29:54)
7.キッド役がイメージに合わぬ。なかなかシリアスな演出。GOOD
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-07-03 22:30:18)
6.好いですねえ、こういうウェスタン。ペキンパーが全盛期の作品といっていいでしょう。ビリー・ザ・キッド(クリス・クリストファーソン)という西部劇史上屈指のアウトローと、彼に一目置きながら対決することになる、アウトロー上がりの保安官パット・ギャレット(ジェームス・コバーン)との絡みを中心に物語が進みます。庶民の英雄のようなビリーをやっつけようとする損な役回りを、ジェームス・コバーンが好演していると思います。ラストで、ビリーが寝ている家の周りを、銃を持って忍び寄るシーンは緊張感が高まります。無法者なのに喝采されるビリーと、法の執行者として正しいことをしているはずなのに石をぶつけられるパットの対照が面白いです。
オオカミさん 8点(2003-12-03 14:52:02)
5.ずっとボブ・ディランが自分で歌う曲が苦手でしたが、「天国への扉」で初めていいじゃないか、と思って映画館に足を運びました。映像は大好きで、内容は気にかかる部分もありますが、面白かったです。
omutさん 6点(2003-09-27 06:41:53)
4.とにかく登場キャラがすべからく地味なんだよぉおおおん。加えて主役がクリストファーソンだから、よけいにダラダラしちゃうんだよぉおおおん・・・。嗚呼、コバーンにさえも魅力を感じることが出来ないんだよぉおおおん。悲しいよぉおおおん。作品中にフックが感じられないのです。おろろんおろろん・・・。
モートルの玉さん 5点(2003-07-25 02:22:10)
3.冒頭ビリー逃げる所までは身震いするほどカッコいい。ディランが変な役で楽しい。が、出さない方が話まとまったか?中盤迷走気味でだれる。主役の寡黙なダンディっぷりがカッコよかった。脇役でミュージシャンがいっぱい出てるらしい。
#45さん 8点(2003-03-25 18:30:04)
2.クリストファーソンやコバーンがいいのはもちろん、ボブ・ディランが良かったぁ。"Knocking on the Heaven's Door" も、まさにこの映画のあのシーンのための曲だね。でもこの映画が好きな人ってあまり多くないような気がする。
ビタワン仮面さん 9点(2002-07-13 22:55:30)
1.僕にとってのペキンパーNo.1。この映画は、ペキンパーの思想そのものだ。ペキンパーほど生き様と死に様が醸し出す時代精神の深みを切実に描く作家はいない。見方によってはすごく青臭いと思うかもしれない。クリストファーソンやディランのようなミュージシャンを出演させていることが若者に媚びた印象を与えたかもしれない。ジェームズコバーンが単なる理不尽なおじさんにみえたかもしれない。そう、どれも当たりです。いや、逆です。すべてがペキンパーそのものなのです。クールに生きて、あっけなく死んでいくクリストファーソンと葛藤に苛まれながら己の生き様を貫いたコバーンの対比。生き様が死に様であり、死に様が生き様であることを体現していく多くの脇役たち。<イカサマおじさんや川縁の決闘で死んでいく老ガンマンが特によかったけど、その他ペキンパー映画の常連たちも素晴らしい> これら一つの時代の終わりを丹念に追っていくこと。ひとつひとつにペキンパーの情念が感じられないだろうか? こんなにもカッコよくて、こんなにも哀しい群像に満ちた作品が他にあるだろうか? ペキンパーの撮影中の酒乱が原因で撮影が長引き、編集権を配給会社に奪われたりとかなんとか、そういう先入観でこの映画を観てはいけません。ここにこそペキンパーの集大成があるのですから。それぞれのシーンを揺蕩(たゆた)う深く哀しい情念の灯火。僕はしっかりと受け止めましたよ。とてもぐっとくる映画。
onomichiさん 10点(2002-01-12 00:11:12)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 7.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4213.33%
516.67%
616.67%
7320.00%
8533.33%
9213.33%
1016.67%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS