ある愛の詩(1970)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > ある愛の詩(1970)
 > (レビュー・クチコミ)

ある愛の詩(1970)

[アルアイノウタ]
Love Story
1970年【米】 上映時間:100分
平均点:6.68 / 10(Review 76人) (点数分布表示)
公開開始日(1971-03-06)
ドラマラブストーリーシリーズものロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-29)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アーサー・ヒラー
キャストライアン・オニール(男優)オリバー・バレット
アリ・マッグロー(女優)ジェニファー
レイ・ミランド(男優)オリバー・バレット3世
ジョン・マーレイ〔男優・1907年生〕(男優)フィル
トミー・リー・ジョーンズ(男優)ハンク
三浦友和オリバー・バレット(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山口百恵ジェニファー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
北原義郎オリバー・バレット3世(日本語吹き替え版【日本テレビ/テレビ東京】)
翠準子バレット夫人(日本語吹き替え版【日本テレビ/テレビ東京】)
阪脩アディソン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
嶋俊介トンプソン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宮川洋一(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
野島昭生(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
沼波輝枝(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
鵜飼るみ子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
池田秀一オリバー・バレット(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
勝生真沙子ジェニファー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
藤本譲アディソン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大木民夫トンプソン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
羽村京子(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
小室正幸(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大谷育江(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
こおろぎさとみ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
亀井芳子(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本エリック・シーガル
音楽フランシス・レイ
撮影ディック・クラティナ
製作パラマウント・ピクチャーズ
配給CIC
美術ジョセフ・M・カラッシオロ
編集ロバート・C・ジョーンズ
あらすじ
いつの世にも人を惹きつけてやまない悲恋物語の一つの典型。主人公オリバーとジェニファはアメリカの名門ハーバード大学とラドクリフ女子大に通う。オリバーがハーバード大に建物を寄贈するほどの富豪の家に生まれ、ジェニファが貧しいイタリア系移民の娘で苦学生だというだけで愛し合う二人は結婚の際に世間並みの祝福を受けることができない。音楽を専攻するジェニファは留学を諦めてオリバーの法律大学院進学を助け、プレッピー(ボンボン)と馬鹿にされるオリバーはそれをはねかえすかのように優秀な成績を収めるのだが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.当時いたるところで流れていたテーマソングと宣伝コピー。雪のシーンの美しさ、純愛が涙を誘う、という感じでしたが、私にとって純愛のイメージがプラトニックだった時代に観た映画なので、「純愛じゃないじゃん」なんて思って映画館を出てきました。同時期にみた「小さな恋のメロディ」の方に感情移入していました。
omutさん 5点(2003-09-10 03:57:49)
35.《ネタバレ》 結婚して1年経たないうちに見てしまったので感動できた。当然ながら若い恋愛をしている時よりも、人生のパートナーを得た後に見た方が感動できると思う。せっかくここまで来たのにと思うと余計に悲しい。夫婦で観るのをおすすめします。ただ名作とするのには、深みが足りない気がするので9点
のりVWGWさん 9点(2003-08-04 15:19:26)
34.うーん、名作とされていますが、私はあんまり好きじゃないです。淡々とした展開に、二人の演技もやはり、淡々。(私はそう感じた)音楽は素晴らしい。哀愁が出てます。なんか重くて、もう観たくない(笑)。
もちもちばさん 5点(2003-08-03 23:30:36)
33.非常に泣ける作品。フランシス・レイの音楽は涙を誘う。話が単調なのがマイナスポイント。
Asさん 9点(2003-07-16 00:06:22)
32.何年か前に見たんですけど、久々に見直してみました。やっぱりもう1度見てみて良かったです。昔とは違った感じで見ることができました。もうラストは涙涙!「愛とは決して後悔しないこと」涙!!!音楽もキレイ!泣けてくる曲ですよね本当。セントラルパークの雪の中を2人でずっと寄り添って歩くシーン、とてもじ~んときました。
悠梨さん 7点(2003-07-15 22:23:37)
31.《ネタバレ》 「愛とは決して後悔しないこと」という誤訳はなんだかいいね。「本当に愛しているふたりなら、 I'am sorry なんていう形式的な挨拶はいらないのよ」という意味だと思うけれども(そうじゃないと最後親父にいうのが納得できん)、 そんなことはどうでもよいんだな。この映画の持ってる力強さが、 あまり意味がわからないセリフでさえ感動の一言にかえるという事実を否定することはできないと思う。重たい愛は最近の映画ではあまりみられないから未だに貴重な作品だと思う。
ものものぴーさん 8点(2003-07-04 00:02:28)
30.恋愛ものとしては陳腐な筋書きだし、アリマッグローもあまり美人じゃないけど、初めて観た中学生当時は、けっこう入り込んで見ていたのを思い出した。
くるみぱぱさん 6点(2003-07-02 22:49:43)
29.愛とは決して後悔しない事・・・もともと映画音楽大好き野郎だったので何気なくビデオでみたら泣けました。今の人(一括りにするのも何ですが)から見ると「ベタ過ぎてちょっと・・・」と思われるかもしれませんが泣けます。あと20年早く生まれたかったと改めて思う映画です(ちなみに1978年生まれ)。
Eric Depaillerさん 10点(2003-07-02 21:46:54)
28.この映画を観てから、フランシス・レイのあのテーマがかかるたびに涙が出そうになりました。最高の愛の物語です。シンプルゆえに・・・
あでりーさん 9点(2003-06-05 21:00:12)
27.名画座のカップリングであるロミ&ジュリがえらくコミカルに映るほど、この作品には純な涙を流したものです。 その後TV放映=有名カップルアテレコ、涙が止まったことは忘れられない。ん、もう!
かーすけさん 6点(2003-06-04 20:23:27)
26.《ネタバレ》 テーマ設定だけでこの点数。当時の段階でもすでに手垢がつくほど古典的だったに違いないこのストーリーに、正面から堂々と挑んだ作り手の姿勢が眩しい。それは同時に、どんな状況でも決して自分を見失わずに前を向いて進み続けるジェニーの人生そのものでもある。だから、この作品は時を超えて輝きを放ち、語り継がれるのである。脚本の過不足なんかはないではないが、そんなことはどうでもよい。最後、ジェニーの死の瞬間をあえて描いていないところが、逆に切なさを増幅させている。
Oliasさん [DVD(字幕)] 9点(2003-05-28 19:56:49)★《更新》★
25.当時、中学生だった私は素直に感動してしまった。愛する人のために生きることが自分の生きがい。そのように見えた。いつの時代でも恋愛には世代のギャップがある。わかり合おうとしても十分ではない。当然だろう。たとえば貧しさを貧しさと感じないのは恋愛に喜びと果てしない夢があるからだ。どんな形にせよ恋愛が人を成長させることは事実であり、こればかりは親も友人も介入できないし代わることもできない。ただ実体験のみがすべての答えなのだろう。この一瞬、ジェニーを楽しませようと見事なスケートをするオリヴァー。思いを伝えるジェニー。一生懸命であることは後悔を越える力をも生む。フランシス・レイの音楽は永遠を奏でているようにも聞こえる。時代は変わっても「二人でいれば何も怖くない。それだけで幸福」という恋愛感情は変わらないのだろう。打算的な恋愛、かけひきの恋愛、ゲームのような恋愛、そして常識をものさしにした恋愛はいくら経験を重ねても本当の自分の成長にはならない。残るのは後悔だけなのだろう。あれから30年以上経ちましたがラブストーリーの原点として、今でも名作の一本だと思っています。
天地 司さん 7点(2003-05-13 17:48:57)
24.この映画、フランシス・レイの名曲が相当な力を持って作品の魅力を過多にしてるような気がします。ようするに、もし音楽なしでみたら、いたってそんなに切ない映画って感じでもないんじゃないかなと、、、。題名もストレートですけど、内容もストレートで、今の時代こんなシンプルな映画って作られることあんのかな?と思っちゃうぐらい。
あろえりーなさん 6点(2003-05-10 21:24:34)
23.恋愛映画はあまり好きではありませんが、こういう悲しい映画は好きです。私もこんな純愛をしたいと思いました・・・あっ、でも悲劇はいやです。
めろめろメロンさん 8点(2003-03-18 22:28:02)
22.噂通り良いですね~ジェニーの知的沙がまた素敵そんな可愛い女の人じゃないけどオリヴァ-が夢中になら気持ちわかる
togoさん 10点(2003-03-15 20:27:22)
21.音楽、筋書きともに最高。単純だけど、今時これだけの純愛を見て理解できる人が少しでもいてくれるとうれしい。マイ・ベストテンに入る一本。
ぜんいちさん 5点(2003-02-22 22:50:34)
20.青春時代に見た時素直に泣けた。最近見てやっぱり泣けたんで驚いた。白血病で死ぬなんてクサイ設定だと思うんだけど、作りが上手なんでしょうねぇ。オニールは素敵、対するマッグロウは美人と思えないし、健康そうなのがやや違和感あり。音楽が素晴らしくきれいで、この悲恋の涙を絞るのに大きく貢献している。
キリコさん 8点(2003-02-06 16:01:14)
19.古さを感じさせない映画も多いが、この作品は辛いな。
ヌリさん 6点(2003-01-12 18:24:54)
18. エリック・シーガルって他に何書いたっけ?「かもめのジョナサン」?(そりゃリチャード・バックだろう)兎に角コノ原作は(一応読んだけど)ベタベタで寒過ぎる。しっかし、アーサー・ヒラーも器用貧乏な職人だねぇ(この後、「ホスピタル」に「大陸横断超特急」でっせ)。節操無さ過ぎて、或る意味感心するよなぁ。天邪鬼なもんで、こんな見え見えの「泣かせまっせ」映画にゃ感情移入できないタチなんよ。フランシス・レイの主題曲は意外に好きなんだけどね…。
へちょちょさん 6点(2002-12-26 02:18:59)
17.泣けるねえ・・・もろにそれだけを誘った作品とも言えなくはないけれど・・・
恥部@研さん 7点(2002-12-05 14:02:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 76人
平均点数 6.68点
000.00%
100.00%
222.63%
322.63%
445.26%
51114.47%
61621.05%
71621.05%
81215.79%
979.21%
1067.89%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.40点 Review5人
2 ストーリー評価 5.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review3人
4 音楽評価 8.42点 Review7人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1970年 43回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ライアン・オニール候補(ノミネート) 
主演女優賞アリ・マッグロー候補(ノミネート) 
助演男優賞ジョン・マーレイ〔男優・1907年生〕候補(ノミネート) 
監督賞アーサー・ヒラー候補(ノミネート) 
脚本賞エリック・シーガル候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)フランシス・レイ受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1970年 28回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
主演女優賞(ドラマ部門)アリ・マッグロー受賞 
主演男優賞(ドラマ部門)ライアン・オニール候補(ノミネート) 
助演男優賞ジョン・マーレイ〔男優・1907年生〕候補(ノミネート) 
監督賞アーサー・ヒラー受賞 
脚本賞エリック・シーガル受賞 
作曲賞フランシス・レイ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS