ガス燈(1944)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > ガス燈(1944)
 > (レビュー・クチコミ)

ガス燈(1944)

[ガストウ]
Gaslight
1944年【米】 上映時間:114分
平均点:6.42 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスモノクロ映画ミステリーリメイク戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-18)【シネマレビュー管理人】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョージ・キューカー
キャストイングリッド・バーグマン(女優)ポーラ・アルキスト・アントン
シャルル・ボワイエ(男優)グレゴリー・アントン
ジョセフ・コットン(男優)ブライアン・キャメロン警部
メイ・ウィッティ(女優)ミス・ベッシー・スウェイツ
アンジェラ・ランズベリー(女優)ナンシー・オリバー
エドモンド・ブレオン(男優)ハドルストン将軍
ハリウェル・ホッブス(男優)マフィン氏
テリー・ムーア(女優)14歳時のポーラ
ギブソン・ゴーランド(男優)使用人(ノンクレジット)
日野由利加ポーラ・アルキスト・アントン(日本語吹き替え版【PDDVD】)
仲野裕グレゴリー・アントン(日本語吹き替え版【PDDVD】)
檀臣幸ブライアン・キャメロン警部(日本語吹き替え版【PDDVD】)
池田昌子[声]ポーラ・アルキスト・アントン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷悟朗グレゴリー・アントン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
堀勝之祐ブライアン・キャメロン警部(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高村章子ミス・ベッシー・スウェイツ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
浅井淑子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
岸野一彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
増岡弘(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作パトリック・ハミルトン(原作戯曲)
脚本ウォルター・ライシュ
音楽ブロニスラウ・ケイパー
撮影ジョセフ・ルッテンバーグ
ハリー・ストラドリング・Jr(アシスタント・カメラ〔ノンクレジット〕)
製作MGM
配給セントラル
特撮ウォーレン・ニューカム(特殊効果)
美術セドリック・ギボンズ(美術監督)
エドウィン・B・ウィリス(セット装飾)
振付チャールズ・ウォルターズ(ノンクレジット)
衣装アイリーン〔衣装〕
編集ラルフ・E・ウィンターズ
録音ダグラス・シアラー
その他デヴィッド・O・セルズニック(スペシャル・アドバイザー〔ノンクレジット〕)
あらすじ
19世紀の末、ロンドンのソーントン通りで有名な女性歌手が殺される事件が起きたが、未解決のまま時が過ぎた。その女性歌手の姪であるポーラ(バーグマン)は、事件を忘れるためにイタリアに歌のレッスン留学に出るが、伴奏者グレゴリー(シャルル・ボワイエ)と恋に落ち、歌手になるのはどうでもよくなってしまった。グレゴリーと結婚したポーラは、殺された叔母の遺産であるロンドンの家に住むことになったが、事件後手つかずの部屋で殺される2日前に受け取った手紙を発見する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.《ネタバレ》 精神的に追い詰められている過程はそれなりに見応えはあるものの、ストーリーになんのヒネリもないし、結局は宝石欲しさというしょうもない動機で拍子抜け。宝石盗むのになんでこんなに手の込んだ事する必要があるのかと。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2021-02-23 18:06:24)
47.《ネタバレ》 今でも十分通用するストーリーと構成で、最後まで集中して見れました。
溌溂としていたポーラが、グレゴリーの策略によってどんどん病んだようになっていきます。
あまりにポーラが受動的なので見ててイライラしましたが、洗脳の怖さを十分に感じました。
情報の遮断、友人知人と接触させない、妄想や幻聴と思うように仕向け自分の正気を疑わせる、やることは今も昔も同じですね。
イングリットバーグマンがとても美しく、細いウエストを強調するドレスも素敵でした。
タイトルの「ガス燈」が効いてます。
nanapinoさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2020-08-22 20:18:36)
46.《ネタバレ》 何が面白いのか理解に苦しむ作品でした。
イングリット・バーグマンがどうしてこんな男と恋に落ち、結婚したのか、それが全く描かれていないので、冒頭から登場人物全員に感情移入できませんでした。
で、結局、夫は過去に叔母の愛人でもあったという、それをどう捉えていいのかわからないオチで、最初からコイツは犯人だろうと思って見ていた1時間55分、無駄な時間を過ごしたという、喪失感しか残らない作品だった訳であります。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2020-08-22 01:24:37)
45.《ネタバレ》 往年の名画だろうが、現在は文化的価値とは別の面で有名らしいのでどういうものかと思って見た。
公開時期はニューヨークが1944年5月4日、ロンドンでは同年7月とのことで戦時中の映画ということになる。アメリカではまだしも内地は平穏だったろうが、ロンドン市民は空襲におびえながら映画館に行ったということなのか?? 主人公がロンドンからイタリアへ留学したのも公開時には現実離れしたことだったろうが、劇中でヨハン・シュトラウス2世の「こうもり」(1874初演)を「新作のオペレッタ」と言っていたことからすれば、映画の時点から70年くらい前の話だったらしい。そもそもガス燈自体が相当昔のものということかも知れない。

物語に関しては、主人公が最初から中年男(役者は当時40代中盤)とラブラブ状態で、こんな怪しげな男で大丈夫なのかと思わされる。マエストロの言葉からすると恋は盲目という意味かも知れないが、本人が生来の甘ちゃんだからということも当然あったはずで、下町育ちらしいメイドとの対比が際立っている。ただ、ちゃんとしまったはずのものがなくなるというのはなくもないことなので(実際ある)、こういう弱味を衝かれると危ないとの警告をくみ取るべきかも知れない。
個人的趣味としては精神的虐待の話など好んで見るものでもないが、しばらく我慢すれば爽快なラストを迎えるはずと信じて期待していたところがそれほどでもない。終盤いきなり反転攻勢に出たところが見せ場だったのだろうが、疲れ果てていたはずの主人公が、あらかじめ仕込んだような台詞で的確に相手を追い込んでいたのは出来すぎである。その割に、終幕の時点でまたロンドン警視庁の男にさりげなく暗示をかけられていたようで、こういう相手なら騙されてもいいということなのか(心理操作の正しい使い方?)。
またその最後の締め方は、当時はこれで普通だったのかも知れないが、今までの男が抜けたあとをすぐ別の男で埋めようとする態度は安易というしかない。しかし男の立場としては少年時代からの夢がかなうということらしいので、ダルロイ夫人に賛成してもらえるならいいかも知れない。

ほか主人公が取り乱した場面のうち、息を止めていてプッと噴き出した(ように見えた)ところは笑ってしまった。音楽会での出来事自体はそれほど大ごとでもなかったが、非常に気まずい雰囲気になっていたのは周囲が上流階級の人々だったからだ。
かっぱ堰さん [DVD(字幕)] 6点(2019-04-06 09:59:36)
44.《ネタバレ》 古いメロドラマ。ストーリーうんぬんよりも、若きバーグマンの気品、美貌を愛でる映画。それしか覚えていない。
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-16 11:11:03)
43.気の強さに鼻白む事が多々あるイングリッド・バーグマンを骨抜きにする伊達男シャルル・ボワイエ。とびきりのメロドラマに今日もキュンキュンと思ったのが、まさか、あんな形で骨抜きにするとは。威圧感満点のボワイエの酷薄な表情に見惚れたものの、生来の品の良さで極悪になり切れないところが何とも歯痒い。また、いたぶられるバーグマンの一本調子な演技に興に乗れず。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2018-12-01 00:57:18)
42.《ネタバレ》 1940年の古いモノクロ映画。オリジナルがさらに古くてそのそのリメイク版だった。
オリジナル版は未見だが、もともとは舞台の映画化。しっかりしたサスペンスで後のお手本になるような内容だった。
夫が怪しいのはすぐにわかるけど、それでも最後まで目が離せない。
見る前はタイトルとスチール写真でなぜか勝手にロマンティックなラブストーリーかと思い込んでいたので、良い意味で意表をつかれた。

正統派美女で思い浮かぶ歴代ハリウッドスターといえば、ニコール・キッドマン、シャーリーズ・セロン、ティア・レオーニといるが、時代をもっと遡ればイングリッド・バーグマン。その整った気品ある容姿に、思わず見入ってしまう。
主役のバーグマン以外のキャラとキャストもちゃんとハマっていて、いかにも胡散臭い新郎、仕事のできるイケメン警部のほか、小生意気な若いメイド、ヤジ馬根性丸出しのお婆さん等の脇役もいい味を出している。
飛鳥さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-01-27 22:46:02)
41.カビ臭そうで退屈するかなと思いきや、まったく杞憂でした。ヒロインを心理的にギリギリと追い込んでいく様子は、まさにサスペンスの王道。予備知識ゼロのせいもあってダンナの意図がなかなかわからず、不気味さに惹きつけられました。「ガス燈」という小道具(大道具?)の使い方もシャレています。
ただし、イングリッド・バーグマンほどの美人より価値のある宝石がこの世に存在するとは、私にはどうしても思えませんが。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-27 01:27:26)(良:1票)
40.定番で古典なサスペンス映画。
最初はダレていたが、途中から入り込めた。この時代にこういった映画が上映されていたんだな、という感覚はあるものの、現在観るには普通の作品。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-09-19 14:38:50)
39.《ネタバレ》 1944年。戦時中にこんなサスペンス映画を作ってるだなんてアメリカはすごいですねぇ。
モノクロ映画の良さが存分に出た画作りでした。そしてイングリッド・バーグマンの美しさに見とれておりました。
純粋で性格の良い、当時の女性でしたら、こんな強引な言いくるめで洗脳していくのもアリだったのかなと。
今だともっと過激に見せていくんだろうけど、時代もあって全体的に上品。それがまた良いです。
あろえりーなさん [地上波(字幕)] 6点(2016-09-05 21:29:56)
38.夫との関係を軸に展開される、主人公の妻が次第に精神的に追い詰められていく様を
些細な出来事を積み重ねじっくり描くサスペンスですが、
歴史を感じさせる屋敷の佇まいや古城の中のような室内装飾の様式美にはゴシックロマンの香りも漂う。
本作の少し前に撮られたヒッチコックの「断崖」「レベッカ」あたりを思わせる作品です。
ヒッチコックなら本作の主演女優はジョーン・フォンティーンで決まりだったでしょうか。
霧が立ち込めたロンドンの夜に浮かび上がるガス燈の灯り。室内のガス燈が作り出す光と影。
モノクロの世界。そして美しい伝説の名女優イングリッド・バーグマン。
昔の映画の中にある、格調の高さを感じさせる空気もたまらなくいい。
ミステリとしては、誰が犯人なのかは前半で見当が付いてしまいますが、
本作はその上で夫妻の関係の中にあるサスペンスを堪能する映画。
本作でオスカーを手にしたのはバーグマンでしたが、シャルル・ボワイエの悪役も秀逸。
嫌な雰囲気を漂わす若いメイドの存在も効いていました。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-02-27 21:33:14)
37.《ネタバレ》 正直イングリッド・バーグマンは余り好きじゃなかった。

恐らく「カサブランカ」などというアホくさい恋愛ドラマを先に見てしまったせいだろう。


ところが「ガス燈」のバーグマンは見直した・・・いや惚れた!

あの心を吸い寄せられるような目の演技。

家族を殺され、愛していた筈の男に騙され、ノイローゼになって追い詰められていく様・・・彼女の目は光を失っていく。

だが真実を知った時の彼女の燃えるような瞳。

「あの野郎よくも・・・今に見てなさい・・・!」復讐心ではなく、冷ややかな眼と口舌でグレゴリーを罵るポーラの凄さ。目!眼だよ眼!!

グレゴリーの不気味な優越感に浸ったあの黒目が、唖然として丸くなっていくあの時の目。
「やられた!」というグレゴリーの眼。
そしてポーラの「ざまあみさらせ」という最高に冷たい視線・・・勃起したわ。



ラストシーンの「おや、まあ」には不覚にも笑ってしまった。あの瞬間に解放される感じが良かった。
ジョージ・キューカーは女を撮らせたら世界一ですね。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-20 21:41:35)
36.イングリッド・バーグマンのガス燈っサスペンスなんですね、ラブストーリーかと思っていました。そこそこに面白い作品でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-08-05 19:47:28)
35.《ネタバレ》 内容についてよく知らず、サスペンスものだというだけでビデオを借りてきたのが最初。以来、これもお気に入りの一本です。主な舞台はロンドンで、それらしい小道具がちりばめられているのが嬉しい。特にタイトルにもなっているガス燈は、誰かが家で新しく点ける→自分の部屋の灯りが暗くなという、電灯では起こりえない特性を使っているのがミソ。暗くなる灯りがおののくヒロインがの心を象徴しているようですね。そのほか宝石が見つかる場面での月光の使い方、ヒッチコック風の長く伸びる人影など、モノクロを生かした光の使い方が印象的でした。
本作の見どころは、やはりラスト。屋根裏部屋での対決シーンでしょう。これまで虐げられたヒロインが一気に形勢逆転。ほとんどイングリッド・バーグマンの一人芝居ですが、感情を爆発させるのではなく、本当にどこかおかしいのではないかと思わせる“逝っちゃった”芝居は見ごたえがあります。シャルル・ボワイエもいかにもな悪役顔で、往生際の悪さもある意味お見事。これがデビュー作というアンジェラ・ランズベリーも、存在感がありました。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2012-07-24 18:22:37)
34.ある新婚夫婦の妻を襲う恐怖を描いたミステリー・サスペンス。
犯人は最初からわかっており、妻が精神的に追いつめられていくスリルを楽しむ流れだが、
バーグマンの終始恐がり演技には、「いい加減気づけよ」と、ちょっとイライラした。
「恐怖に怯える美女の顔」が、本作の見せ場の一つなので仕方がないけど・・・。
定番演出なれど、ロンドン名物の霧が効果的に使われており、この年代のサスペンス物としては、
手堅くまとまっているかと思う。ラストのヒロインのセリフは印象的でよかった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-02 01:49:38)
33.《ネタバレ》 よくできてると思うわ。 スッキリまとまりすぎてるのが難と言えなくもないけど…。 舞台作品としてはこれぐらいでちょうどいいんでしょうけど、映画にするとちょっと出来すぎてる感じがしちゃうのよね。 でもそこを補ったのがイングリッド・バーグマンの狂気の演技と、ジュード・ロウ似のシャルル・ボワイエの高橋英樹ばりによく動く眉毛よね。 バーグマンは後半にかけてほんとにゲッソリしちゃって、彼女の美貌を堪能したかったアタシとしてはちょっと残念だったけど、まあ演技力がアピールできて良かったのかしら? ところでナンシー役のあの娘ってジェシカおばさんなのね! 意外なところで意外な人を見れてちょっとうれしかったわ。
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-09-07 14:14:18)
32.もうちょっと最後が盛り上がるように作れるんじゃないかとも
思ったけど、うまくまとまってるのかな。
自分が正気じゃないかもしれないって、そんなに短期間で
刷り込みできるものなんだろうか?
そして、あのおばあちゃんいるか?
Skycrawlerさん [地上波(字幕)] 7点(2011-08-07 00:59:56)
31.ミステリー映画としては、どんでん返しも何もなくおもしろいとは言えない。しかしこの映画が元々は舞台劇だったとなると話は別で、台詞のかけあいは見応えがあるだろう。
前半では夫が妻は精神を病んでいると言い、終盤では逆に妻が自分は精神を病んでいるからと切り返す。このあたりを観客に向かって大げさに演技するとまさに舞台劇、その場面が目に浮かんでくるようだ。
バーグマンは主演女優賞だったらしいが、私にとっては不満、この役はもっと演技力を要する役だと思うが。

ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2011-08-03 15:03:37)
30.《ネタバレ》 序盤で犯人がわかり、もう少しして大半のストーリーの察しがつき、終盤に入る手前でほぼ全ての内容が読めます。そのままどんでん返しもありません。時代が新しくなるほどもっとひねりが必要になると思いますが、この時代の作品としてはこんなものでしょう。もちろん、ここで何か意外性があればもっと点数は高くしましたが・・・
ラストで復讐する気配が少しありましたが、結局無難に終わり、これはこれで後味が悪くなくてよかったと思います。
映像、音楽はベタなんでしょうが雰囲気を感じました。またバーグマンの美貌も個人的には高ポイントです。
午の若丸さん [DVD(字幕)] 7点(2010-05-08 06:45:54)
29.1940年の同名リメイク。当時の映画としては上出来のはず。バーグマンの美しさが引き立つ。BSはカット版だったのか、14歳のときのポーラを見た覚えがない。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-03-03 23:52:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 6.42点
000.00%
100.00%
200.00%
324.17%
424.17%
548.33%
61327.08%
72143.75%
8510.42%
912.08%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 6.50点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1944年 17回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞シャルル・ボワイエ候補(ノミネート) 
主演女優賞イングリッド・バーグマン受賞 
助演女優賞アンジェラ・ランズベリー候補(ノミネート) 
撮影賞ジョセフ・ルッテンバーグ候補(ノミネート)撮影賞(白黒) として
美術賞(白黒)エドウィン・B・ウィリス受賞 
美術賞(白黒)セドリック・ギボンズ受賞 
脚色賞ウォルター・ライシュ候補(ノミネート)John Van Druten、John L. Balderston

【ゴールデングローブ賞 情報】

1944年 2回
主演女優賞(ドラマ部門)イングリッド・バーグマン受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS