スペースバンパイアのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スペースバンパイア
 > (レビュー・クチコミ)

スペースバンパイア

[スペースバンパイア]
LIFEFORCE
1985年【英】 上映時間:102分
平均点:5.50 / 10(Review 78人) (点数分布表示)
公開開始日(1985-08-10)
ホラーサスペンスSFパニックもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-12-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トビー・フーパー
キャストスティーヴ・レイルズバック(男優)トム・カールセン大佐
マチルダ・メイ(女優)フィメール・バンパイア
ピーター・ファース(男優)コリン・ケイン大佐
フランク・フィンレイ(男優)ハンス・ファラーダ博士
パトリック・スチュワート(男優)アームストロング院長
マイケル・ゴザード(男優)
オーブリー・モリス(男優)
ニコラス・ボール(男優)
津嘉山正種トム・カールセン大佐(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
小山茉美フィメール・バンパイア(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
田中信夫コリン・ケイン大佐(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
前田昌明ファラーダ教授(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
中田浩二ブコフスキー所長(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
石丸博也(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
小宮和枝(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
嶋俊介(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
藤本譲(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
玄田哲章(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
横尾まり(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
藤城裕士(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
屋良有作(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
島香裕(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
村松康雄(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【1987年テレビ朝日】)
松橋登トム・カールセン大佐(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
日野由利加フィメール・バンパイア(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
山路和弘コリン・ケイン大佐(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
勝部演之ハンス・ファラーダ博士(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
土師孝也ブコフスキー所長(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
池田勝(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
小川真司〔声優・男優〕(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
中博史(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
松本大(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
野沢由香里(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
脚本ドン・ジャコビー
ダン・オバノン
音楽ヘンリー・マンシーニ
撮影アラン・ヒューム
製作メナハム・ゴーラン
ヨーラン・グローバス
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
配給日本ヘラルド
特殊メイクボブ・キーン〔特撮・特殊メイク〕
特撮ジョン・ダイクストラ(特殊視覚効果)
美術ジョン・グレイスマーク(プロダクション・デザイン)
ロバート・カートライト
衣装タイニー・ニコルズ(衣装監督)
編集ジョン・グローヴァー〔編集〕
録音オムニバス・ジャパン調整(日本語吹き替え版【2005年テレビ朝日】)
字幕翻訳戸田奈津子
その他モード・スペクター(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
78.これぞまさにB級!

ヘンリー・マンシーニ作曲による壮大なテーマ曲がオープニングで流れ、どうしたって期待は高まる。

そして、いきなり宇宙が舞台。
で、謎の宇宙船を発見!
中にはスペースバンパイアこと全裸の美女が居て、それを連れ帰ってしまうんだね。

ここからはもう地球が舞台。
宇宙感はもう0。
ひたすら、美女を追いかけたり、追われたり、精気を吸われたり、ゾンビが大量発生したり、となんだかメチャクチャな展開になるんですね。

もうとにかく緊張感とか一切なくて、ひたすらグダグダした展開でつまらないんですね。
でもここまでお馬鹿な映画を予算いっぱいかけて真面目に作っちゃうんだからなんか凄いよね。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 6点(2020-02-13 19:31:24)★《新規》★
77.《ネタバレ》 日本公開1年後に鑑賞して以来、2度目の体験です。有名なエネルギー吸い取りシーン以外、忘れていたのですが・・・。⓵あのカッコイイBGMがこの作品のテーマ曲だったとは、今頃気付きました。⓶途中からゾンビものっぽくなるのは唐突ですね。⓷聖剣エクスカリバーみたいな武器は、どこから出てきたんですかね?⓸光の帯が天へ上るスペクタクルは、当時は話題になったのでしょうね。劇場で観たかったと思います。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 5点(2019-06-15 12:15:37)★《更新》★
76.《ネタバレ》 前半のつかみはばっちり!(男子は間違いなくw)SFホラーな雰囲気もなかなか良い。がしかし、後半は観つづけるのが辛い映画ですね。 知らぬ間に宇宙モノからゾンビものになってるし(苦笑)根本のストーリー構成が面白くないから観てて飽きてきちゃったよ。いちオネーサンのオパイだけで引っ張るのにも限界があるということがよく分かりました、3点。
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-01-25 08:36:09)
75.個人的に、甘酸っぱい青春の思い出とマチルダ・メイのおっぱいは同じ記憶棚に残っています。いま観るとショボイんだろうなぁ、でも内容よりもマチルダのスタイルの方が記憶に濃いので大した映画ではなかったのかも。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 6点(2016-08-16 21:35:25)
74.宇宙に漂っていた全裸の美女(マルチダ・メイ)が、男に抱きついて精気を吸い取る。
お金はかかっているようだけどB級臭がプンプンで、後半はなぜだかゾンビものに。
ストーリーが行き当たりバッタリにも思える、ツッコミどころ満載のトンデモ映画。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 3点(2015-05-04 21:17:17)
73.はじらいのないおっぱいなんて嫌いだ(こぶり希望。)
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-04-05 17:31:28)
72.おっぱいもろ出しと、バンパイアというよりゾンビものといったほうがいいような都市の混乱ぶりを描きたかったのかなあと。金はかかってそうだけど、やや緊張感に欠ける感あり。
溶解人間さん [ビデオ(吹替)] 5点(2015-03-12 00:05:29)
71.《ネタバレ》 公開当時、おっぱいが出てくるという宣伝だけが先行していたような気がする。
で、今回初めて見たけど、内容マイナスおっぱいイコールゼロの作品だった。
いや、作品と呼べる価値があるのか。
おっぱいだけ編集すれば、5分とないだろう。
後半は服着ちゃってるし。
おやじ二人の単独行動でストーリーは進みますが、正直どちらも応援したくありません。
大半が、オヤジだけの演技です。
評価は、限りなく0点に近い1点。
120分時間を返せ!
この無能監督!!
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2014-12-20 06:18:21)
70.《ネタバレ》 懐かしいですね、久しぶりにマチルダ・メイのオッパイを堪能させていただきました。この映画、たしかTVで特番まで流して宣伝にはハンパなくカネ懸けてたと記憶してますが、映画館を後にして「この映画、なんかヘンだよね、なんか勘違いしてるよね」と?で頭がいっぱいになったんですよ。監督はともかくとしても、ダン・オバノンが脚本書いてジョン・ダイクストラが特撮を担当おまけに音楽はヘンリー・マンシーニという超強力スタッフなのに、どうしてこうなっちゃったんでしょうか? その答えはプロデューサーがメナハム・ゴーランとヨーラン・グローバスという“イスラエルの角川春樹”コンビだったからでしょう。『スターウォーズ』や『未知との遭遇』がすでに世に出た後で大作SFをヒットさせるにはどうしたらよいか、それはスピルバーグが決して手を出さないもの、そう“エロとオッパイ”で勝負するしかない! 実に正しい戦略です(笑)。 でもあまりに脚本に彼らは口を出し過ぎましたね、バンパイアやらゾンビやら後半はもう支離滅裂です。串刺しになったカールセン大佐とマチルダ・メイを収容して唐突に去ってゆく宇宙船、阿鼻叫喚のロンドンをたっぷり見せられた後なので観てる方としてもあっけにとられてしまいました。 リメイク・ブームの昨今ですが、さすがにこの映画をリメイクするという企画はないみたいですね。まあ私にとっては狂乱の80年代を象徴する様な一篇です。
S&Sさん [映画館(字幕)] 5点(2014-08-15 18:36:35)
69.《ネタバレ》 ホラーブームの原点ともなった最高傑作とパッケージに書かれてた。
それも分かる内容だった。
テーマ曲の雄大な感じから気に入った。

恐らくスピーシーズの元であり、パラサイトイブもここからいくらか来ていると思う。
エイリアンのような宇宙船描写と、宇宙に対する未知の恐怖。
また吸血鬼をユニークな視点で描き、SFバンパイアというものを創造してしまった。
いや、SF映画と吸血鬼映画との高次元な融合とでもいうか。

またゾンビ映画の名作ともいえそうで、
たぶんこれは「走るゾンビ映画」の走りともいえそうだ。
たぶんヴァンパイアゾンビというのも当時まだ新しい。
この作品が元になった映画は僕が知らないだけでもっとあるだろう。

なんといっても規模が素晴らしい。
地球VS地球外生命体というスケールをこのスペースバンパイアはド派手にやってる。
大量の死体の山が他の映画に類を見ない終末的風景だ。
ゾンビ映画としてみた場合こんな規模の大きなゾンビ映画はないかもしれない。
天から教会を縦に突き抜ける光の柱は画的に神々しい。
古いSFファンタジーの良さも感じられる。
トビーフーパー監督の初期のやり過ぎ感が作り出す半端なき迫力のシーンの数々が面白い。
スプラッタやモンスターの表現も実に迫力があり「悪魔のいけにえ」でみせた実力が生きる。

そしてこの作品を見たときSF映画を見たなという実感がわいてくるそんな超SF映画だ。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2013-05-26 00:05:26)
68.勢いが凄すぎて、勢いだけで最後まで観れちゃう。ロンドン炎上のシーンはスタッフの気合と熱意を感じる。これに少しはギャグでも入れてくれると良いのに、みんな大真面目だしなぁ。
真尋さん [DVD(字幕)] 5点(2013-02-23 05:53:44)
67.マチルダ・メイにつきます。圧巻です。でも、今思えば控えめな露出ですね。テレビで嬉し恥ずかし見ましたですよ。
ジャッカルの目さん [地上波(吹替)] 5点(2012-08-27 21:20:31)
66.SFエロチックホラー。設定は悪くないし、
女バンパイヤもセクシーで目の保養にはなるのだが、
序盤を過ぎてからのストーリーが今イチで、ラストはかなりハチャメチャになってしまった。
バンパイヤは全員女にして、閉塞的な男ばかりの宇宙基地などで話を進めたほうが、
断然面白い展開が見られそうな気がする。予算がなかったんだろうけど。
もっとエロエロに、エッチな見せ場を多くしなきゃダメ。まあそこそこ楽しめる作品ではある。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 3点(2011-08-19 08:12:59)
65.今の感覚なら劇場未公開もあり得る万人受けしない映画だが、公開当時はメジャー級のSF超大作として大々的に宣伝されていたのが懐かしい。今では考えられないが、まあいろいろカオスな時代だったのだろう・・・
この映画はマチルダ・メイのまっぱと格調高いヘンリー・マンシーニの音楽。それに尽きる。
J.J.フォーラムさん [映画館(字幕)] 4点(2011-08-12 22:58:12)
64.《ネタバレ》 公開当時、女性の○○ーが見えるということで話題になり、映画の内容も何も知らず下心だけで見たが、良い意味で裏切られた映画である。実は当時バンパイアの意味すら知らなかった。
SFパニックであり、かつホラーサスペンスという両面を持った映画で、エロティックな要素はほとんどなかった。原作の小説を踏襲するために男女特に女性の裸体が必要なだけだったのである。
謎は次々とバンパイアの餌食になっていくのに、なぜカールセンが無事だったかということだが、それは終盤になって彼自身の告白となって明らかにされる。そしてバンパイアとの対決・・・。
見ていて結構おもしろかったし、後にDVDを買ったほどである。私もマチルダ・メイの美しさに餌食になったのかもしれない。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 6点(2011-05-29 06:19:26)
63.《ネタバレ》 この映画が公開される前、やたらテレビで宣伝してました。特別番組まで組まれて「最新のSFX」なんか紹介されてました。当時、子供だった私は「こんなに宣伝するなら、すごい映画なんだろうな~」と思いました。数年後にテレビで放送された時は期待に胸を弾ませて観賞。が、「…え…こ、こんな薄い内容なの…?;」しばし呆然…深いメッセージを感じ取れない私が悪いのか?なんて考えたりもしました;思えば、この頃からではないでしょうか?『つまらない映画でも、前宣伝を豪快にやっておけば、話題性である程度の動員数は確保出来る』という戦略に映画業界が染まり初めたのは…;(今はネット情報があるけど;)それにしても、いくら美女だからって「宇宙からの物体」に対して欲望もちますかね?人間じゃないし、どんなウィルスもっているか分からないんだよ?(エイズどころじゃないだろう!)気持ち悪くないの?;フェロモンでフラフラ~となっちゃうのかな?;「性欲ありき」という観点であると考えれば、エロよりポルノ要素が強いのかもしれません;
果月さん [地上波(吹替)] 4点(2010-07-28 10:45:52)
62.《ネタバレ》 なんぞこれ、おっぱいボイ~~~ンのシーンが続く映画。昔はこんなもんを日曜洋画劇場でやってたもんだから、子供の自分には刺激が強かったのよ。おかげで、今では立派なエロガッパになれました。映画の出来はSFとしてもホラーとしても、ちょっと中途半端。
シバラク・オバマさん [地上波(吹替)] 4点(2010-07-24 11:05:33)
61.そうですか、初公開から25年も経つのか・・・(遠い目)
もう時効だから正直に書きましょう。
私、本作を映画館で5回も観てしまいました。
何故かって? マチルダ・メイ見たさに決まってるじゃん・・・
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-02-16 23:01:38)
60.男子の目の保養映画ですけど、オモシロイのは確か。邦題もわかりやすいし、マンシーニのアップテンポのスコアやダイクストラの不気味な宇宙船も独特のものがあります。マチルダ・メイの完成度の高いボディ&ルックスも美し~♪ピカード艦長が途中退場なのは残念。(彼女に吸引されちゃうよりはいいかも)オバノン脚本で「エイリアン」風味もアリな怪作。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-10-29 00:00:06)
59.《ネタバレ》 ( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい! の一言で終わらせようかと思ったのだけれど、せっかくだからちょっとだけ真面目にレビューしておく。このタイトルに真面目にレビューした時点で負けのような気もしますが。

『エイリアン』の脚本家、原作コリン・ウィルソン、音楽にH・マンシーニと錚々たる面子を揃えながら、なぜにここまで安っぽい代物ができてしまったのか? (まあ問うまでもなく監督のせいかなって思うけど)。科学考証無視のおバカSFなのにおふざけで作っているという雰囲気でもなく、恐ろしく力が入っているのが異様な印象。根本的なアイディアがでたらめなのにすごく真面目に作られていて、ロンドンが壊滅する映像なんて無駄に迫力がある。

百歩譲って設定の緩さを許すとしても、これほど主要登場人物をないがしろにした脚本は珍しい。人間ドラマを描けとはいわないけれど、普通は申し訳程度にでもキャラ付けするなり、人間味を与えようという努力が見られるものだが、一切ない。しかも主要俳優陣が信じられないほど地味な顔ぶれ(マチルダ・メイを別として)。それでいて荒唐無稽な出来事が次々と起こる展開にはスピード感があって、案外退屈はしないのだから不思議なものだ。

加えてこれも独特だなと感じたのは、ユーモア感覚の欠如。普通なら作中でおちゃらけた脇役が「お前SF小説の読みすぎなんじゃねえの?」と突っ込むなりして相対化するのが定石だが、そうした台詞が一切ない。それどころかこの滅茶苦茶な事態を誰一人として疑わず、終始大真面目なテンションで乗り切っている。もちろんコメディにする必要はないのだが、これではかえって作品全体がギャグになってしまう。(唯一精神病院で女を尋問する際の「わたしは見るのが趣味なんだ」、という台詞がユーモアっぽかったが、その前の「この女は究極のマゾヒストだ…!」が意味不明すぎてそれどころでない。)

そしてなんといってもマチルダ・メイ。金髪碧眼のplaymate的なステレオタイプだったなら大して印象にも残らなかったろうが、彼女のような容姿はむしろ日本人向けと思う。皆さん冗談半分で言及していらっしゃるが、発表から四半世紀が過ぎたB級映画のヒロインがほぼ満場一致の支持を受けるというのは、それはそれですごいことだ。彼女の魅力がこの映画全体を食ってしまったのだから。ウィキで調べたらコンセルヴァトワールを首席で卒業した方だそうで、なんというか……出演作選べよマジで……。(他の出演作を確認したら『おっぱいとお月さま』だった。気の毒に、この映画でイメージが固定してしまったらしい。)

総じて、稀に見るアンバランスな作品だ。この映画では幼稚さと拙さと、成熟した技術と真剣な情熱、傑出した魅力の女優と地味すぎる出演者たちとが一緒くたになっている。真剣に論じるのは気恥ずかしいが、駄作といって斬り捨てられるのも多少気の毒な、なんとも困った作品。
no oneさん [DVD(字幕)] 7点(2009-08-27 21:32:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 78人
平均点数 5.50点
000.00%
122.56%
222.56%
367.69%
4911.54%
52228.21%
61620.51%
71114.10%
867.69%
922.56%
1022.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.60点 Review5人
2 ストーリー評価 6.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.60点 Review5人
4 音楽評価 7.80点 Review5人
5 感泣評価 4.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS