女王蜂(1978)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 女王蜂(1978)
 > (レビュー・クチコミ)

女王蜂(1978)

[ジョウオウバチ]
1978年【日】 上映時間:139分
平均点:5.10 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
公開開始日(1978-02-11)
サスペンスシリーズもの犯罪ものミステリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-07-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川崑
松林宗恵(協力監督)
キャスト石坂浩二(男優)金田一耕助
仲代達矢(男優)大道寺銀造
高峰三枝子(女優)東小路隆子
岸恵子(女優)神尾秀子
司葉子(女優)蔦代
中井貴恵(女優)大道寺智子
加藤武(男優)等々力警部
沖雅也(男優)多門連太郎
伴淳三郎(男優)山本巡査
神山繁(男優)九十九龍馬
小林昭二(男優)木暮刑事
佐々木剛(男優)駒井泰次郎
大滝秀治(男優)加納弁護士
坂口良子(女優)おあき
常田富士男(男優)農夫
三木のり平(男優)嵐三朝
草笛光子(女優)お富
佐々木勝彦(男優)日下部仁志
武内亨(男優)
白石加代子(女優)速水るい
冷泉公裕(男優)黒沢刑事
萩尾みどり(女優)大道寺琴絵
中島久之(男優)赤根崎嘉文
原作横溝正史「女王蜂」
脚本日高真也
桂千穂
市川崑
音楽田辺信一
大橋鉄矢(音楽ディレクター)
作曲三木たかし「智子のテーマ愛の女王蜂」
編曲田辺信一「智子のテーマ愛の女王蜂」
撮影長谷川清
製作馬場和夫
企画角川春樹事務所
配給東宝
美術阿久根巌
編集小川信夫
長田千鶴子
南とめ(ネガ編集)
録音矢野口文雄
宮内一男(録音助手)
斉藤禎一(録音助手)
照明佐藤幸次郎
その他IMAGICA(現像)
土屋テル子(記録)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.犯人の動機は理解できるし、物語そのものも面白くないわけではないのですが、私の、犬神家の一族を基準に考える癖からすると、やはり魅力が薄いのです。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 5点(2018-03-03 10:07:36)
41.《ネタバレ》 過去三作品の主役を並べ、脇に伴淳三郎、大滝秀治、三木のり平といった手練れをはべらせ、黒沢映画準主役仲代達矢に妖怪白石加代子。
あとは常連の加藤武、坂口良子。忘れていたけど石坂浩二。
これだけ揃えばさぞ重厚で見応えのある劇が観られる、と期待していたが・・・
中井貴恵はみなさんのご指摘のとおりであるが、それと同じくらい沖雅也と神山繁が残念だった。
重厚なドラマのはずだったが、沖雅也の登場で画がテレビの2時間サスペンスドラマっぽくなり、
神山繁(の特に髪型)のせいで、まるで堤幸彦監督作品のような悪ノリ喜劇映画になってしまった。
でもでも、司葉子は獄門島には及ばないものの相変わらず美しい。この時代(1970年後半)の彼女の美しさは半端ないが、このころはあまり映画作品に出演されていないようだ。寅さんマドンナにもなっていないし。ああもったいない。
最後に、唐突ですが加藤武に叱られる伴淳三郎がツボでした。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 6点(2017-01-25 08:46:17)
40.《ネタバレ》 終わったか、と思わせてそれからが長い。というか全体的に退屈な展開と内容で正直面白くないなぁ。強いて感心したのはからくり壁?の構造かな(笑)。出演者が豪華なのは大変素晴らしいことなのだけども、それがプラスに働いてないような気がします。なかなか難しいものですね
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-12-01 10:17:01)
39.《ネタバレ》  犬神家から、手毬唄、獄門島と、回を追うごとに残念になってきているので、この映画も覚悟して観たら、これ、意外に良い。
 事件の終わりからの、「最後の謎解き」の部分に魅せられる仕掛けがあって、そこで明かされる物語に結構感動できました。
 リアルタイム時は、横溝の本格推理に凝っていたため、事件自体のつまらなさと小物感を感じていたが、今見ると、神尾先生の切なさに涙が禁じえません。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 7点(2012-04-23 18:00:49)
38.《ネタバレ》 女王蜂っていいタイトルですね。近づく男がパタパタ死んでいく魔性の女、そしてそのそばに居る謎の家庭教師。時代背景の雰囲気もあいまって、謎めいた感じがよく出ています。ま、実際の犯行については意外なホンボシなんですが、哀しいラストメッセージは『どう落とし前つけるの?』ってゆーふーに考えさせられるものがありました。
あの遺言の隠し場所はいいですね、死ぬ予定はないですけどわたしも真似したくなりました。
金田一は死体遺棄のおもしろさがひとつの売りのシリーズかと思いましたが、今回はそーでもなかったですね。神山繁さんの死にかたはおもしろかったですけど『なんで?』が過ぎる気も(笑)
おなじみのキャストで安心感はありつつも、設定は新たなもの(加藤武さんのはじめましてぶりはいつもニヤリとさせられます)なので毎回楽しく観られるのも魅力のひとつですね!
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-03-25 06:15:45)
37.《ネタバレ》 中井貴恵に対する評価が一般には厳しいが、私は当時はそうは思わなかった。当時は化粧品CM出演などもあり、期待の大型新人と騒がれていたように思う。ただ佐田啓二の娘ということで、本人はたいそうプレッシャーを受けていたようだ。
映画は原作を読んで熟知していたのでまずまずだった。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 6点(2011-09-19 11:06:37)
36.石坂金田一の四作目。この間に渥美清の「八つ墓村」が制作されているので、
横溝ブームが始まってからは五作目の作品になる。キャストは相変わらず豪華だし、
見所はしっかり押さえているのだが、シリーズ物は基本的に、
おもしろい原作から映画化されていくものなので、さすがにここまでくると、
お話の内容もスケールも小さくなったなという印象は受けた。
もちろんストーリー自体はしっかりしており、映画の出来としては悪くはないのだが、
これまでの他の作品と比較すると、やはり評価は下げざるを得ない。
横溝ファンならそこそこ楽しめるとは思うけど・・・。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 4点(2011-08-03 03:16:20)
35.《ネタバレ》  完璧なネタバレがあるので注意してください。
 この映画を見て、自分が横溝作品について誤解してたことがわかりました。
推理物として見ちゃ駄目なんだ。あくまで特異な環境、因縁の下での人間の情念を味わうものなんだと。
 そう考えれば、ちっとも事件を防げない金田一も、映画の中盤から後半にかけて明かされる真犯人の過去と動機も(普通の推理物として考えれば、大反則ですよね)、少しも苦になりませんでした。
 ただ、自分の実の父親を殺し、自分を殺すことも考え、自分に近づいてきた男を殺しまくる継父を娘が深く慕うラストには納得できませんでしたが。
あそこはやはり家庭教師のために涙を流して欲しかった。
さんざんけなしましたが、横溝作品の本質に気づかせてくれたこと、美しい色彩、細かいカットバックなど十分楽しめる作品でした。
 あとはヒロインがね。
誰でも納得できるヒロインでリメイク希望です。
(九十九と書いてつくもと読むには笑いました。こんなところに源流があったとは!)
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-09-12 21:35:48)
34.豪華絢爛な大スター達を凌駕し最大のインパクトを与える新人女優・中井貴恵恐るべし!
しかしもっと恐ろしいのはこれを撮り切ったしたイチカワくん。
どんな気持ちでOK出してたのか、そして共演者たちは・・・
でもこの凸凹感、私は結構好きで何回も見ましたね。決して悪い作品ではないと思いますよ。(ちなみに本物の大道寺智子が見たい方は稲垣吾郎版金田一の栗山千明をどうぞ)
チョッパーさん [地上波(邦画)] 6点(2008-08-01 23:58:31)
33.ヒロインのキャスティングが悔やまれる惜しい作品。石坂金田一シリーズの中ではちょっと格が落ちる。
すらりんさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2007-12-29 12:30:00)
32.あの部屋はどうやって中からカラクリ仕掛けを動かしたん?
古谷一行のほうがやっぱり好きです。
Skycrawlerさん [DVD(字幕)] 4点(2007-11-30 00:31:55)
31.石坂版金田一の4作目。何度かオンエアーで鑑賞していると思うが、改めてDVDにて鑑賞。皆さんのおっしゃるようにヒロイン(中井貴恵)に華がないですね。展開等含めて4作目ともなるとマンネリ感は仕方ないでしょう。
SITH LORDさん [DVD(邦画)] 5点(2007-08-15 20:52:29)
30.《ネタバレ》 やはり、中井貴恵の演技が致命的になってる。智子の存在感が命ともいえる作品なので評価は低くならざるをえない。高峰三枝子や司葉子にあんなしょうもない役で出てもらうくらいならば、「犬神家」の島田陽子に智子役として再登場してもらったほうがよかったのでは?内容のほうもどうもいまいち。昔の殺人で原作にない設定で動機の強化をはかるのならば、現在の殺人のほうの動機もうまく脚色してほしかった。原作では犯人がかなりひどい人物になっているのであの動機でもありかなと思わないでもないが、映画版の犯人はそう悪く描かれていないのであの動機で人を殺すのかなと・・。
陽炎さん [ビデオ(邦画)] 4点(2007-07-28 06:16:58)
29.石坂浩二の金田一耕助シリーズ。横溝正史の世界に浸れる。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-05-25 13:30:10)
28.仲代達矢の学生服&全裸ダッシュ、それに神山繁のロン毛が笑えます。だけど、それ以外はいま一つ。前三作に比べて、遺体発見現場に驚き(笑い)はないし、因襲ドロドロも弱い感じ。なんかふつうの推理ドラマになってます。せっかく往年の三大女優が共演してるのに残念。ちなみにヒロインの中井某は魅力なし。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2007-05-08 19:03:10)
27.《ネタバレ》 前作といい、これといい、「この役いらないんじゃないかいな?」と思う人が・・・。
中井貴恵は、新人だし・・・台詞少ないし・・・まあ、いんじゃないでしょうか。
あれ以上台詞があったらイカンが。
それにしても岸恵子さん、キレイですねぇ~。
いや、当時の女優さんってキレイですよね。
でも仲代達也の学生服姿は・・・・いただけません。
あずきさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-05-03 22:37:20)
26.《ネタバレ》 4作目ということで、マンネリズムと安心感みたいな雰囲気は感じてしまう。で、相変わらずの複雑な人間関係に練られたストーリー。DVDで見ていたら、ちょっと待って、もう一度、ってできるけど、映画館じゃ無理ですね。テレビも。大物俳優に有名女優が次々と登場するから、結局犯人はこのうちの誰か、って思わざるを得ない。まあ、犯人はわかった後でも、この複雑な設定を紐解くのもシリーズの魅力になっている。なるほど、そういう悲しい過去が、とシンミリ来ますね。色彩の鮮やかさとドロドロ感は健在。
パセリセージさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2007-05-03 00:09:41)
25.確かに、他の市川・石坂金田一作品と比べると見劣りしてしまいますが、
ヒロインのイモさに目をつぶれば、それなりに楽しめます。
岸・仲代の二人に依るところが大きいと思いますが。

ラストシーンの美しさはシリーズ屈指ではないでしょうかね。
彬彬さん [DVD(邦画)] 8点(2006-12-21 09:51:12)
24.このシリーズの中でダントツに酷評されてるこの作品、実はシリーズの中で好きなほうに入ります。たしかに中井貴恵は男を惑わす令嬢のイメージからほど遠いうえに演技もダメダメっていうのは救いがたい汚点だし、沖雅也はただ出てるだけで全然絡まないしかといって謎めきもしないし、もう終わっているのに遺書によって丁寧に説明されるのもくどい。でもこのシリーズ特有のあの短いカットをパラパラパラって見せるやつ、はっきり言って他の作品のはあざとさのほうが勝っちゃってるんですがこの作品のは実に効果的にそのシーンの意味深さとその後の惨劇を予感させる雰囲気を作り上げていたと思う。それだけかよ!と言われれば、それだけだよ!としか言えないのですが、それだけで満足しちゃったからしょうがない。
R&Aさん [DVD(邦画)] 5点(2006-07-13 13:25:55)
23.《ネタバレ》 今回の注目は仲代達矢もあるけど、やっぱり高峰三枝子・岸恵子・司葉子の三人! このキャスト実現させてるだけで感激。内容の方は4作目までくるとお約束に慣れてきたせいか気になるところもまぁ流せる。でも仲代達矢が学生服って...。あとは相変わらず画面が暗いのが見にくいかなぁと。
バカ王子さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-03-21 23:55:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 5.10点
000.00%
100.00%
212.38%
324.76%
4921.43%
51433.33%
61330.95%
724.76%
812.38%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 4.66点 Review3人
5 感泣評価 1.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS