ドント・ブリーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドント・ブリーズ
 > (レビュー・クチコミ)

ドント・ブリーズ

[ドントブリーズ]
Don't Breathe
2016年【米】 上映時間:88分
平均点:5.84 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-12-16)
ホラー犯罪もの
新規登録(2016-12-25)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2017-09-13)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フェデ・アルバレス
キャストジェーン・レヴィ(女優)ロッキー
ダニエル・ゾヴァット(男優)マニー
スティーヴン・ラング(男優)盲人
脚本フェデ・アルバレス
音楽ロケ・バニョス
製作サム・ライミ
フェデ・アルバレス
ロブ・タパート
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.一方的にボコられるとこは結構胸糞ですが、久々に本当に怖い映画が見れて満足。
にしきのさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2019-06-09 06:54:05)
37.《ネタバレ》 最強盲目ジジイVS窃盗団。
一切救い手を差し伸べることが出来ないクズばっかりの登場人物達。
それでも息をつく暇もなく恐怖が加速していく。
結末はどうなる!?これだけで最後まで飽きずみれる。生き延びた女も金金金。クズだな~。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-05-28 23:12:19)
36.《ネタバレ》 なんであのハサミ?で腹を刺されて、死んでないどころか起き上がって歩いて、じいさんを殴れるんだ
女の子助けに行ってからは、痛そうですらなかったぞ
じいさんも死んでないし
銃で撃たないと人は死なない世界なのかな

この手の映画にある
ストーリーのためにキャラが不自然にバカなのもうんざりする・・
スズメッキの魔女さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2019-05-25 23:06:03)
35.《ネタバレ》 盲目の老人の家に盗みに入ろう、という時点で客を味方にできない若者どもなんですが、これがその後いろんな方向に予想を裏切ってくるのがこの映画のミソ。まず被害者の老人がモンスター。サイコっぽくもある。危な。あまりに思考がぶっとんでいる元軍人のじーさんを「被害者」と呼んでいいのか、こちらの判断も怪しくなってきます。居心地悪いです。作品中唯一といっていい「被害者」の女の子は助からないし。大金せしめて逃げおおせたと思われた強盗一味の彼女はラストに知ります。「逃げ切れていない」と。こういった一連の斜め上の脚本力はなかなか、と思いましたが、ホラーとしてはいまいちかなあ。ちょっとね、逃げる、追うの繰り返しで長く感じちゃうんですね。一軒家なんだからこんなに広いわけない、とか細かいこと気になったり。冒頭の寂れに寂れたラストベルトの街並は、やばそうな雰囲気満点だったんですけども、そこが作品のピークかな。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-02-10 14:49:32)
34.《ネタバレ》 数ヶ月前に、NETFLIXで鑑賞
盲目の独居老人の家に盗みに入ったら、そのじいさんの方がよっぽどクレイジーだったという、好きな展開でした。

当初あなどっていたこのじいさんに、得意なフィールドに持ち込まれたりとか、ホラー要素が新鮮で結構コワかった。
たまに、全然怖くないお化け屋敷の映画とかありますがこの映画はいい意味でお化け屋敷感があります。
ホラー・スリラー系が好きなら、見て損はない出来です。
おもちパンさん [インターネット(字幕)] 8点(2019-01-29 23:14:02)
33.盲目の退役軍人VS3人の屑強盗はてその結末は、そんなストーリー展開ですが劇中オプションが多数出てきますがインパクトに乏しいのが現実ですか、映像が多少凝っていたのでそこが救いでしょうか、暇なときに鑑賞する作品です。
SATさん [DVD(吹替)] 7点(2019-01-03 08:26:20)
32.《ネタバレ》 登場人物がみんなクズなのがいい。普通のホラー映画だと、大体、殺人者対一般人の構図で一般人の方に感情移入できるようになっている。だが、今作では登場人物みんなクズ。誰が勝つのか助かるのか本当にわからない。終盤のどんでん返しに次ぐどんでん返し、すごくよかった。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-10-25 00:26:06)
31.“最凶盲目爺さん”が織りなす恐怖と狂気。貧困による若者の絶望と犯罪。
デトロイトを舞台にして、現代社会が抱える“病”とそれに伴う“鬱積”が、一軒の古屋敷の中で渦巻き、恐怖と悲劇のるつぼと化しているようだった。
両者に同情の余地はあり、だからこそ両者ともに罪と罰を叩きつけられる。完全に是となる者が存在しないサスペンスホラーの構成が新しい。

盲目の屈強な老人が、暗闇の中で襲ってくる様は、恐怖体験としてフレッシュであり、その“モンスター性”にも独自性と魅力があったと思う。
“悪しき者”のアンチヒーロー化は、実にサム・ライミ(製作)らしいと思えた。
盲人役を演じたスティーヴン・ラングは、「アバター」で悪役軍人を憎らしく演じた様が印象的に記憶に残っているが、あの軍人が盲目になって襲ってくると想像すると、そりゃあ恐ろしい。

というわけで、盲目の老人が襲ってくるというアイデアを礎にして、アクション性とサスペンス性を散りばめた上で、確固たるホラー映画として成立させていることは、映画作品としてとても独創的だったとは思う。
ただし、ストーリー展開的には、どうしても粗というか、無理が生じていることを否めない。

逃げ場がないとはいえ、舞台は一般的な家の中なわけだから、いざとなったら如何様にも脱出は可能に見える。
盗み目的で侵入した若者たちが、自ら積極的に袋小路に入り込んでいるように見え、序盤から「お前らは馬鹿なのか?」やや鼻白んでしまった。
そして、最凶爺さんの方も、流石に超人的すぎてリアリティラインの境界を見失ってしまった。
元軍人という設定で、身体的な能力の高さや、玄人的な銃器の取り扱い、殺人に対する躊躇いのなさ等は理解できるが、盲目の状態であのような異様で綿密な“企み”を遂行できるわけがない。
ただシンプルに、実は何人もの侵入者を返り討ちにしていたということであれば許容範囲だったが、あそこまでいっちゃうともはやファンタジーだ。

まあしかし、そのぶっ飛び方が良い意味でも悪い意味でも常軌を逸しているポイントであることは確かで、それが老人のモンスター性を高めているとも言える。
もはや彼は、憎しみの権化として「人間」という領域を逸脱した悪魔的な存在であり、それを劇中で速やかに呑み込めさえすれば、心ゆくまで楽しむことができる恐怖映画だと思う。

僕自身は、そのリアリティラインの境界を呑み込みきることが出来なかったので、完全にこの映画を楽しみきるには至らなかった。
けれど、悪魔的な存在性へと高まった盲目爺さんが、主人公を追ってカリフォルニアで新たな恐怖を展開する“逆・ホーム・アローン2”的な続編があるのならば、それはそれで観たい。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-10-21 17:45:34)
30.《ネタバレ》 うーん 期待したんだけど残念な感じ。 
リアリティは置いといて、返り討ちにあうガキどもはもっと大勢欲しかったかな(笑
この際、ゾンビの迷作「バタリアン」みたいに、次々襲われるドタバタにして欲しかった。
しかも・・ブラインドのじいちゃん側も、サイコだったって設定、要るかなあ。
殺された娘の代わりに、加害者の女を監禁して、新しい子供を生ませるとか、目が見えないのに無理でしょ。
その辺は逆にリアリティ欠如してる。
虐待家庭から妹と一緒に逃げる資金の為なら、犯罪で稼ぐのは許されると言わんばかりのスタンスも嫌い。
キャラの誰にも感情移入できないから、対岸の火事の煙だけ見てるような距離感。
親父が防犯関係の仕事なのに、裏切ってそれを利用して窃盗に走る息子が、親父と離れるのは嫌だ? 変じゃない?
どーも人物の設定が適当すぎる。 結果、面白い映画見た気持ちにはなれなかった。

親の部屋からカギを持ち出す息子の俳優さん、3Dゲームのキャラっぽい顔で、超気になった。
まるでCGのような顔って、ある意味イケメンなのかも。余談でした。
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 5点(2018-10-05 23:32:56)
29.《ネタバレ》 主人公とおじいちゃんとの攻防の流れは、いたってありきたり。

あともうちょっとのところで、おじいちゃんに捕まってアアアアア・・・とかもう見飽きる。
最初の1名はけっこう早めに死んだけど、残り2名とおじいちゃんはストーリーをひっぱるためにほぼ不死身という設定もなんかキツイ。殺されたと思っても「ま、どーせまた起き上がるんだろ」ってなる。

これじゃまるでゲーム版「バイオハザード7」のジャックおじさん。(分かる人だけ分かる)

屋外に出るのに、いちいちカギでどうにかしようとしないで窓ぶちやぶって出ろやとか、突っ込みどころがテンコモリなのだけど、その中でも特に、おじいちゃんが、赤ちゃん産ませたら開放するとか言ってるけど、あんなボロ家で盲目の1人暮らしでいクタバってもおかしくないキチガイジジイがどうやって1人で子供育てるんだ?って、シンプルに謎。

殺戮シーンもぜんぜん怖くないからホラーって感じでもないし。

サムライミが製作してても、ハズレはあるんですね。
フィンセントさん [インターネット(字幕)] 1点(2018-09-27 11:50:40)
28.《ネタバレ》 冒頭で主人公の少女ロッキーが泥棒を繰り返す動機をじっくり見せられてしまったコチラとしては、見ている間ずっと味わっていた“絶望と安堵の繰り返しの果て”からのラストの場面で「良かった…。」と心から思うのでありました…。何度か登場するテントウムシの“赤”が色味の薄い、閉塞感で満ちているこの映画の中にあって鮮やかなイメージを見せてくれていたように感じます。

スーパー盲目爺さんも単なるサイコではなく、理路整然と話のできる人物(しかもレイプはしないという倫理観)であればこその“でも、もっと一線超えてるっしょ”という怖さが良かったです。

それにしても…こんなにスポイトが怖かった映画が今まであっただろうかッ!?(ポタ~リ)←垂れてるよ!

(追記)皆さんのレビュー見てたら「結局お金かい!」という意見多くてビックリ!『インシテミル』のラストシーン(鞄ポ~ン)に「ちょ、待てよッ!」と思った俺としては、断然…

「僕はロッキーちゃん!」
幻覚@蛇プニョさん [DVD(吹替)] 8点(2018-08-08 14:59:39)
27.《ネタバレ》 映画館で鑑賞した友達が面白いと評価していたのでレンタルしてみました。
泥棒3人組が主人公で、屋敷に侵入したはいいがそこに住んでいたお爺さんがめちゃめちゃ狂人だったという話。
「呼吸をするな」のタイトル通り、台詞のやり取りがあまり無く、息をつく暇もない展開が続きます。
こういうスリラー映画を見慣れてると、ある程度お約束が分かるので少し退屈かもしれない。
つまり、目新しい展開はありませんでした。
最後ももうひとオチあると思ったら何もありませんでしたね。

お爺さんもなかなか悪いことやってるけど、それ以前に泥棒やってるはずの主人公が罪のない善人に見えてくるのはうまいな~。
アーウーマンデさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-08 14:27:49)
26.もっと面白いかと思ったけど、いまいち。
センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-02-17 20:53:05)
25.《ネタバレ》 感情移入せずに鑑賞したのが功を奏したのか純粋に楽しめました。
二転三転する展開はそれこそ「息つく」暇も無かったと言う事で。
ちゃんちゃん
悲喜こもごもさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-02-11 02:23:48)
24.密室サバイバルホラー。過去のサム・ライミ作品に負けず劣らず、脚本が面白いので、ハラハラドキドキ楽しめる映画。音楽、カメラワークもじっとりしてて良いです。綺麗に視聴者の視点をエスコートしてくれます。
VNTSさん [DVD(字幕)] 7点(2018-02-03 18:06:52)
23.《ネタバレ》 それは楽な仕事になるはずだった――。泥棒して得た金でその日暮らしの生活を送るケチなコソ泥三人組。ある日、彼らの一人が飛びっきりの情報を仕入れてくる。町の郊外にひっそりと建つ一軒家に盲目の退役軍人が愛犬ととも一人暮らしをしていて、交通事故で死んだ娘の賠償金をたっぷりと貯め込んでいるというのだ。根が小心者のアレックスは良心の呵責から反対するものの、密かに心惹かれる仲間の女の子ロッキーの頼みもあって、「これで最後だから」と盗みに入ることを決断する。そして、迎えた計画の夜。楽々とその爺さんの家へと侵入した三人組。だが、彼らは予想外の事態に直面することに。なんとそのじじいが無茶苦茶強かったのだ!!あっという間に仲間の一人を殺されたロッキーとアレックスは、閉鎖された家の中で逆に追い詰められていくことに。そして彼らは知ることになる。地下室の奥で密かに実行されていた、じじいの狂気の計画のことを…。アイデア勝負のそんなB級ホラーなんですが、これがけっこう技ありな演出が冴えていてなかなか面白かったですね~。目が見えない分、研ぎ澄まされたそれ以外の感覚で家の中を駆けずり回るじじいと軽佻浮薄な今どきの若者たちの壮絶なかくれんぼは、見ていて楽しかったです。主人公たちが同情の余地のないコソ泥たちなら、本来は被害者であるはずのじじいもこれまたイカれたサイコ野郎なので、こいつらがどんな痛い目に遭おうとさして心が痛まないというのがミソですね。てか、このじじいがキャラ立ちまくりでもうこの時点で映画として勝ち。じじいが自らのアレを喉奥にちょんばーされたとこは笑っちゃいました。まあ目が見えない分研ぎ澄まされた感覚を持つというじじいが、侵入者の隣を歩いているのに気づかないという詰めの甘さはご愛敬(笑)。ゲームはまだまだ始まったばかりと言わんばかりのラストも良かったです。うん、僕はぼちぼち楽しめました。7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2018-01-24 20:57:38)
22.ムキムキおじいちゃん強いね。主人公らが盲目を逆手に取ってトラップを、なんて無くて妙なリアリティがあります。
真尋さん [DVD(吹替)] 6点(2017-12-31 17:25:31)
21.《ネタバレ》 公開時に見るつもりだったけど、ちょうど体を壊して見逃してました。この度、WOWOWで鑑賞。友人からは「思ったより大したことない」と聞いていたけど、本当につまらなくてガッカリでした。ラスト「えっ?結局お前だけ金持ってトンズラか?」とびっくり。「貧すれば鈍する」と言うけど、荒廃したデトロイトに住んでいると、カリフォルニアが天国に思えて強盗が当たり前になって来るのか?いくらなんでもそりゃないでしょ、と思った。
ぴのづかさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2017-10-07 20:59:04)
20.《ネタバレ》 勧善懲悪、白黒ハッキリ付いているお話は分かりやすくて好きですが、感情の置き場所に困るような複雑な要素を孕む物語は、もっと好物です。“自業自得だけど情状酌量の余地はある”vs“境遇に同情はするがやってるコトがキチ過ぎる”。う~ん、どちらに感情移入しようかしら。ウソです。同じ犯罪でも感覚的な罪の重さ(法で規定する量刑の重さに比例しない)には、大きな差異がありました。“セキュリティ会社の内部犯+視覚障害者の弱みにつけこむ窃盗”も相当悪質ですが、“拉致監禁+強姦罪”は、それを遥かに上回ります(侵入者に対する過当防衛は不問としても)。つまり、観客は窃盗犯サイドに肩入れし、この自業自得な悪夢と対峙する羽目になります。 暗闇、室内閉鎖空間、番犬、銃、格闘スキル。弱者と強者の立場を逆転させるマジックはお見事で、命懸けの目隠し鬼ごっこを堪能させていただきました。後味も秀逸です。ほぼ真相は藪の中ということ。それでいいのでしょうか。いえ、良いはずがありません。しかし、主人公には自らの手札を切る勇気は残されていないでしょう。大金を手にした代償は、ある種の呪い。選択肢を奪われるのは恐ろしいことです。トリッキーかつテクニカルな”技あり“ホラーで、王道サスペンスに飽きた御仁には特にオススメの一作であります。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 7点(2017-08-25 01:41:59)
19.我らがヒーロー・座頭市も、敵の側から見たらかなりホラーな存在なんだろう、という訳で、「逆・暗くなるまで待って」とでもいうような趣向の作品。これも実にヤな感じで、コワくて楽しめます。
限られた登場人物、限られた小道具、限られたシチュエーションを、これでもかと最大限に駆使して、何だか、よくできた詰将棋のような。
あと、貧困の問題とか、空き家の問題とか、結構、昨今の日本の社会問題にもつながるものがあったりして、そういう普遍性が、製作費の安上がりな感じと合わせて、今後続々と亜流作品を生みそうな予感が(笑)。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2017-08-12 08:41:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 5.84点
000.00%
112.63%
200.00%
312.63%
4615.79%
5410.53%
61436.84%
7615.79%
8615.79%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review2人
5 感泣評価 2.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS