らせんのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > らせん
 > (レビュー・クチコミ)

らせん

[ラセン]
The Spiral
1998年【日】 上映時間:99分
平均点:2.61 / 10(Review 135人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-01-31)
ホラーサスペンスSF医学ものシリーズものミステリー小説の映画化オカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督飯田譲治
助監督浜本正機
キャスト佐藤浩市(男優)安藤満男
中谷美紀(女優)高野舞
佐伯日菜子(女優)山村貞子
松嶋菜々子(女優)浅川玲子
真田広之(男優)高山竜司
鶴見辰吾(男優)宮下
松重豊(男優)吉野
小木茂光(男優)前川警部補
丹野由之(男優)警官
清水宏(男優)(男優)警官
鈴木光司(男優)デパートの父親
伴大介(男優)伊熊平八郎
原作鈴木光司「らせん」
脚本飯田譲治(脚色)
音楽池頼広
撮影渡部眞
製作東宝(「リング」「らせん」製作委員会)
角川書店(「リング」「らせん」製作委員会)
IMAGICA(「リング」「らせん」製作委員会)
ポニーキャニオン(「リング」「らせん」製作委員会)
アスミック・エース(「リング」「らせん」製作委員会)
プロデューサー原正人(エクゼクティブ・プロデューサー)
河井真也
一瀬隆重
仙頭武則
配給東宝
特殊メイク松井祐一(スペシャル・メイクアップ)
特撮松本肇(VFXスーパーバイザー)
編集阿部亙英
上野聡一(編集助手)
宮島竜治(編集協力)
その他IMAGICA(現像所)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
135.《ネタバレ》 いやぁ、この映画は相当言っちゃってますねぇ。ホラーに理屈付けしちゃいかんという例そのものでした。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 1点(2018-11-08 21:34:45)
134.《ネタバレ》 とんでもないクソ映画。
日本映画にありがちな、説明的で、設定を登場人物がとうとうと述べるパターン。
時間を返せ。
プラネットさん [DVD(字幕)] 2点(2017-02-15 21:05:23)
133.《ネタバレ》 いくらなんでも飛躍し過ぎだろう!
リングの話の続きなのだが話は山村貞子のルーツからズレてとにかく呪いのビデオ絶滅へ。今度は医学で呪いを暴け!
でもいくら待っても、ビデオを見てもホラーな要素は無いに等しい。いや、人が死ぬけどそこにホラーはない。本当にホラーがない。
死体の高山が動いたりとかあるけれどホラーというより幻覚のような感じだし、高山だしあんまり怖さは感じず。それに松重豊の髪型が変だ。
怖い山場がほとんどないおかげでどんどん話は退屈になる。出るぞ出るぞ詐欺の連続だ。
そして後半になればなるほど展開がわかりにくくなり、いつの間にかSFな話になっていく。え、この人貞子なの!?
そんでもって貞子の世界征服計画が淡々と語られる。主人公に賄賂も払ったしオッケーオッケー!高山竜二も生まれ変わったよ!呪い入りの小説も出版しちゃえ!っておぉい!!!なんだそれ!!!何でもありにもほどがあるだろう!!!!
そんなこんなで前作リングの素晴らしい緊張感や恐怖を全部無かったかのようにする退屈なSF映画でした。
えすえふさん [インターネット(字幕)] 3点(2017-01-30 17:23:03)
132.《ネタバレ》 最後はクローン貞子大量生産して全人類貞子計画とかいうわけのわからんオチ。そういえばこの時期クローンとか流行っていたなぁ。それと絡めたのでしょう。あと佐藤浩市、中出しセクロス決めてんじゃねえ。おかげで大惨事。この映画は避妊の大切さを教えてくれます。
たろささん [インターネット(邦画)] 1点(2016-07-20 18:29:13)
131.《ネタバレ》 リングの続編でホラー風味を減じた原作に忠実編である リングシリーズの原作全てを読んだがどれも傑作である その原作にそった複雑なストーリーであるために説明不足な部分が多い したがって全体を簡単になぞった感じ、これが全部を薄くしている この映画わざと怖くない演出をしたと思われるところが結構ある たとえば高山竜司や高野舞の死顔が普通、前作だとことごとく恐怖が張り付いた顔だった ここは怖がらせようとすればどうにでも出来たはず さらに本家の山村貞子の前作のおどろおどろしさをまったく廃した ここをちゃんと恐怖演出すればだいぶ違ったはず 映画なのだからその辺のアレンジは原作のイメージから外れてもいいだろうに残念 極めつけは佐藤浩市演じる主人公が死の期日を過ぎても生きているという演出がまったく無い いつのまにか死ぬ期日が過ぎた感じ ここは一番力を入れて盛り上げるところじゃないか 前作はこのテーマが山場だったはず この辺にこの映画の弱点があると思った なにせ山場がない ウイルスの増殖に手を貸せば生き延びるとか 高野舞や高山が再生されるとかは原作でもかなりホラーな展開だったのでそこを軽く流すと益々ホラーとして成り立たなくなってくる エンディングの砂浜のシーンでは高山達の妖艶なメイクが結構笑える 再生した高山を人間とは違うモンスターとして描きたかったのだろうけど完全に外した 高山は偉そうなオカマにしか見えなかった(笑) 主人公と再生された子供を劇中の印象的なイラストとだぶらせて終わるラストシーンは砂浜が出たところで予想できるのでわざわざ中谷美紀が件のイラストを風になびかせるのはくどすぎる なぜそこまでくどく説明するのか オーディエンスをばかにしすぎ しかしあの傑作小説を基本的に外れないように作ったことは評価できる
にょろぞうさん [DVD(邦画)] 6点(2013-12-24 11:54:02)
130.《ネタバレ》 原作を読んでいる最中です、いきおいで観てみましたが微妙な感じ、あまり怖さが無いですね。
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 4点(2013-09-24 08:59:27)
129.原作シリーズがすごく好きです!あまり評価は良くないですが、それほど悪くもなかったと思います。ただ、冒頭真田さんのシーンと、首からベロンチュする演出が悪趣味でした。。確かに鳥肌が立ちました。貞子はかわいいよね?
小星さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-09-07 22:04:08)
128.《ネタバレ》 ホラーというより『リング』の謎の解説編って色合いが強い。
ビデオだけではなく文章からもウイルスが発生し、ウイルスの増殖に手を貸せば死なない。
貞子は自分のDNAデータをビデオに念写し、それが安藤の体から舞の子宮に入り込んで生まれ変わった。
貞子の望みは、自分がずっと味わってきた恐怖をみんなに伝えること。

ただ、呪いのビデオの科学的な裏づけを見せられても、それがメインで求めているものではないので。
理屈っぽくなった感は否めず、ホラーとしてはつまらなくなってしまった。
『リング』には、わけのわからないものへの怖さがあった。
ところが、生まれ変わった貞子の口からいろいろ説明されると、そういう怖さは消えてしまう。
ラストで安藤の息子と高山が生前の姿で復活したのには、前半から科学的な解説をしてきた割にはご都合主義すぎてうんざり。
科学とオカルトという本来相容れないものを無理に融合しようとするからおかしなことになる。
飛鳥さん [地上波(邦画)] 2点(2013-01-07 00:15:11)
127.《ネタバレ》 リングの謎に迫る続編、、、なんでしょうけど無くてもよかったかなぁ。子供を亡くした親の悲しみはわからんではないけど。中谷美紀さんが妖しい演技で作品の軸をつくっていましたね。
ろにまささん [DVD(邦画)] 2点(2012-05-07 09:03:58)
126.《ネタバレ》 これホラーじゃないですよ。リングがまぁまぁだったんで「うわっびっくりした」くらいのを期待してたんですけどねぇ。「リング」での現象を科学的に解体した話です。
Jar_harmonyさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2011-07-11 21:08:36)
125.あまりにも強烈な前作の続編ということで、どうしてもインパクトの無さは否めない。
nojiさん [地上波(邦画)] 4点(2010-08-16 20:41:39)
124.《ネタバレ》 「リング」の続編とはいうものの「リング」とはかなり印象が異なります。かなり強引な理論ではあるが、科学的な分析に踏み込んでいてホラーの要素は極めて低い。個人的には終盤近くまでは意外と面白く見れました。ただ最後の方は話が飛躍し過ぎててまるでSFみたいな展開はやりすぎでついていけない。とはいうものの「リング」よりはこちらの方が好みで、ここでの評価ほどひどくは感じなかった。
きーとんさん [DVD(邦画)] 4点(2010-08-07 16:13:54)
123.序盤に気持ち悪いシーンがいくつかあったのには引きました。しかし中盤以降は案外、良かったような気がします。前提条件としてリングを見ていないと楽しめないような気はするのですが。ラストは、中途半端な終わり方だったのが残念です。
もんでんどんさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-03-12 14:26:13)
122.まあリングと2本立てなので見ましたけど、普通におもしろかったですよ。でもリングのぞっとする感じはなかったな~
HAMEOさん [映画館(邦画)] 5点(2009-08-31 17:12:42)
121.《ネタバレ》 要は、邦画はSFという分野に極めて弱い、これに尽きるんじゃないかと思う。原作は面白い、そして「原作への忠実さ」ではリングよりこちらの方が上、なのにこうも面白くない・・・のはそれが原因はでしょう。小説の続編「ループ」はもはやホラーでとは呼べず、あの世界観の映像化は出来ないといわれている(試みなくて賢明)。「らせん」は前作「リング」から続編「ループ」の世界に発展していく過程を書いたものであり、小説として大変面白いのだが、ホラーの名残は残しつつやはりSF色が強まる。邦画でなくても原作もののSFを作るのは難しいと聞く。SF小説って当然理屈っぽいし、あんまり理屈の説明に時間を裂くと映画としてのテンポが悪くなるから。で、あの作品を映像化したら結局こうなっちゃったってことだろう。私は映画のリングもあまり評価していないが、やはりそれを更に下回るなあ。それに、本作は割に原作に忠実なのに、中谷美紀:高野舞を貞子(の生まれ変わり)にしちゃうって・・・何故そこだけ大きく変える?襲われるシーンで別の女優さん使ってるのに不自然じゃんよ。
あっかっかさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2009-02-09 13:38:05)
120.ここでの評価はかなり低いですが、自分は結構好きです。
N.Y.L.Lさん [ビデオ(邦画)] 7点(2008-08-30 17:18:48)
119.《ネタバレ》 『リング』のテンションで観たら痛い目に遭うが、「呪いのビデオ」解決篇としては悪くない出来。前作では「呪い」の一言で片付けられていた現象を科学的に解明しようとする試みは面白く、「ウィルスによる人類の進化」というテーマも意外性があって良かった。前作は死ぬこと自体が恐怖だったが、今回は生き残ってしまった者たちの苦悩が描かれる。佐藤浩市の演技に助けられている部分は大いにあるが、「Jホラー」ブームの今だからこそ、再評価されるべき作品。
フライボーイさん [DVD(邦画)] 5点(2008-06-17 21:55:42)
118.意味がよくわからなかった。
真田さん。たのむからそんな姿で話さないでくれ。マジで気持ち悪いから。
eurekaさん [地上波(邦画)] 2点(2008-03-29 14:26:32)
117.『リング』の延長でついでに観たが、不快極まりない適当作品。バツ。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 0点(2007-10-12 00:21:51)
116.中学のとき学校で見ました。これを学校で見せるのはどうかと思うが。内容のほうは・・・つまらないです。怖くもないし。
こまごまさん [ビデオ(邦画)] 1点(2007-01-04 21:17:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 135人
平均点数 2.61点
0128.89%
13022.22%
22921.48%
32417.78%
42115.56%
5118.15%
632.22%
742.96%
810.74%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review4人
2 ストーリー評価 4.00点 Review6人
3 鑑賞後の後味 2.80点 Review5人
4 音楽評価 4.25点 Review4人
5 感泣評価 1.00点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS