鉄道員(ぽっぽや)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > 鉄道員(ぽっぽや)
 > (レビュー・クチコミ)

鉄道員(ぽっぽや)

[ポッポヤ]
Railroad Man[米]
1999年【日】 上映時間:112分
平均点:5.59 / 10(Review 117人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-06-05)
ドラマファンタジー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-12-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督降旗康男
助監督佐々部清
瀧本智行
キャスト高倉健(男優)佐藤乙松
大竹しのぶ(女優)佐藤静枝
広末涼子(女優)佐藤雪子
小林稔侍(男優)杉浦仙次
安藤政信(男優)吉岡敏行
吉岡秀隆(男優)杉浦秀男
志村けん(男優)吉岡肇
田中好子(女優)杉浦明子
平田満(男優)川口
中本賢(男優)飯田
石橋蓮司(男優)町長
奈良岡朋子(女優)加藤ムネ
大沢さやか(女優)杉浦由美
本田博太郎(男優)坑夫
木下ほうか(男優)坑夫
田中要次(男優)坑夫
板東英二(男優)集配人
中原理恵(女優)店員
きたろう(男優)牛乳配達
高月忠(男優)国鉄職員
江藤潤(男優)新村
原作浅田次郎「鉄道員(ぽっぽや)」(集英社)
脚本降旗康男
岩間芳樹
音楽国吉良一
作詞奥田民生「鉄道員」
降旗康男「鉄道員の唄」
阿久悠「サウスポー」
作曲坂本龍一「鉄道員」
佐藤準「鉄道員の唄」
都倉俊一「サウスポー」
編曲坂本龍一「鉄道員」
主題歌坂本美雨「鉄道員」
挿入曲ピンクレディー「サウスポー」
撮影木村大作
ビクターエンタテインメント(撮影協力)
製作高岩淡
東映(「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会)
東北新社(「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会)
朝日新聞社(「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会)
テレビ朝日(「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会)
集英社(「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会)
企画坂上順
プロデューサー木村純一
配給東映
衣装江橋綾子
編集西東清明
録音紅谷愃一
照明渡辺三雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
77.日本的な情緒溢れる作品といったら言い過ぎだろうか。雪景色の中に、いつまでも変わらない男の友情と家族の絆が描かれる。ただ、同じ赤川次郎作品としては大林宣彦監督の「あした」のほうが、個人的には好きだ。この作品も情感はあるものの、ベタな場面は多いし、せっかくの娘との再開も最後に広末という強烈な個性を持ってきてしまっては違和感がある。(VIDEO)
mhiroさん 5点(2005-01-25 14:00:05)(笑:1票)
76.雪のホームに立つ健さんが本当にかっこいい。
原作とイメージが違うという意見がありましたが、
そんな事は見なくてもわかります、
結局この人は幾つになっても、どんな役をやっても高倉健だった。
amickyさん 7点(2005-01-19 23:15:29)
75.作品としては好きなんだが、広末使う意味はない。
わけわかんないアイドル使うなって。
志村けんも同様。
高倉、奈良岡、小林ら大御所の熱演と、足をひっぱる素人というちぐはぐさが理解できない。
もちろん広末、志村健に罪はない。だって素人なんだから。
どこからも批判がでなかったのだろうか?
それにしても健さんどうしちゃったの。健さんが泣くシーンなんて見たくないよオレ。
健さんは涙見せずとも哀愁を演じることが出来る俳優。それを一番判ってるはずの降旗監督がなぜ?僕にはその涙には老醜を感じるだけだった。言葉悪くて申し訳ないが。
でもやっぱり好きな映画。小林稔侍の存在感が抜群。年輪を重ねてますますいい役者になってます。
ぜんぜん話題変わるが、しかし駅長さん暇そう。あんな仕事で食っていけるなんてある意味うらやましいような・・・。決まったことだけ頑固にやってればそれでいいっていうのもいかがなものかと。無論クリエイティブな駅長さんって何よっていうハナシもあるが。
kazu-chinさん [DVD(字幕)] 6点(2005-01-15 23:04:19)
74.降旗康男の高倉健ものは、どうも心底好きになれない。なぜだろうと考えてみると、あまりに思い入れ人情たっぷりで、逆に退いてしまうからだ。音楽も「泣かせ」が見え見えで、チープだ。でも、これはそのうちで最良で、許せた。自分自身が少年時代、鉄道ファンだったこともあるのだろうが......。
goroさん 7点(2005-01-10 01:23:26)
73.「健さん老けたなー」と言うのが第一印象、広末以外は、演技のうまい人ばかりなのでちょっと広末には荷が重かったかなと思いました。あと小林稔侍さんもいい仕事してました。
kenzさん 5点(2004-11-04 18:03:08)
72.ある意味大人のメルヘンということでしょうか。泣きたいときに見に行ったので、よく泣けました。雰囲気がいいですね。
ishikawaさん 5点(2004-07-03 07:29:06)
71.自分の故郷の方言をバカにしてるんじゃないのか?ってくらいムカついた。少なくともどんなに田舎に行っても、あんな話し方をする道産子なんていない。健さんは渋くて好きだったのに、がっかり。
C・C・バクスターさん 1点(2004-06-19 00:49:12)
70.なんか音楽聞いただけで泣けてきた。
夏目さん 6点(2004-06-12 01:33:42)
69.高倉健さんも良かったけど志村のけんさんも良い味出してた。
ゆきむらさん 3点(2004-03-22 13:54:36)(笑:1票)
68.健さんが演じた不器用な男は素晴らしいけど、広末がどうもきついっす。あと、少し淡々としすぎたかなぁ・・・と。
アルテマ温泉さん 6点(2004-03-19 18:30:59)
67.一昔前の邦画を観ているようで懐かしい気分になりました。
じふぶきさん 5点(2004-03-03 22:54:25)
66.広末がどうしても浮いている。しかたない。雪国に突然現代っ子が落ちてくる。でも、異界の存在としての雰囲気は出ている。しかしぽっぽやにはずれる。ファンタジー過ぎるからアニメだといいんじゃないかなぁ
no_the_warさん 6点(2004-02-26 02:12:02)
65.悪い映画では無いと思う。主人公の生き方、決して共感はできないけど、これも一つの生き方なのでしょう。この作品はただ、ただ、仕事に生きた1人の男の人生を描いただけ。でもきっと同じように生きてきた人は、涙無しでは観られなかったでしょう。一昔前には、こういう生き方の男性は多かったでしょうし。自分の父親世代から上なんて、特にそうなんじゃないかな。はっきり言って、女性には共感を得られない映画だとは思うけどね(^^;;でも仕事人間の気持ちも分からなくはないんだよなー・・。どれだけ責められようと、こういう生き方しかできない人間もいるんだよね・・。そんな主人公に涙。 坂本美雨の歌が最高。
深海さん 7点(2004-02-12 23:59:49)
64.高3の頃、この原作がセンター現代文の練習問題として載っていて、授業中に問題を解きながら涙ぐんでしまったことを思い出す(笑)。
映画の方はというと、雪子役が広末だと聞いて、当時、かなり幻滅した。どう考えてもミスキャスト。ただ、高倉健のファンなので、冒頭、雪深いホームに立っている健さんの絵だけで涙ぐんでしまった。立っているだけでこれほど絵になる俳優も珍しい。もう一人のけんさんは、酔いっぷりが殆どコントだったが、こちらもファンとしては嬉しいところだった。ただ、登場が異様に少なかったのが残念。シリアスな演技も見てみたかった。
カシスさん 4点(2004-02-09 20:54:02)
63.観たときはけっこうボロボロ泣いてしまったんだけど、後になってみると、どうしてか、そんなに作品の印象が残っていない…。主人公の周りの人たちのエピソードがちょっと多すぎて、自分には乙松と家族の物語にいまいち集中できなかったというのもあるかも。あと、乙松の娘がだんだんと成長していく姿で、そのつど彼の前に現れるという話は、ほろりとくるファンタジーでとても好きだけど、最終的に成長した姿の広末涼子が現れたとき、娘の雪子ではなく、いかにも「あぁ、広末だ」と思ってしまい、そこで感動は冷めてしまったなぁ…一つ前の姿を演じた子が、もっと素朴な感じで大人っぽかった気もして、二人のイメージが重ね合わないし。雪景色の美しさとその土地の厳しい寒さが、いちばん印象に残っています。
kiku☆taroさん 6点(2004-02-09 01:22:55)
62.健さんの鉄道員姿は哀愁が漂っていてよろしいが………内容は…
c r a z yガール★さん 4点(2004-02-08 23:40:05)
61.外国映画特にアメリカ映画で夫が仕事一途な夫婦は、相手の心の痛みに気付こうともしないで自分だけがどれだけ傷ついたかをお互いにまくしたてて離婚へというシーンをよく見かける。この夫婦は夫が一途に仕事を愛し仕事に誇りを持ち真っ直ぐに生きてきたからこそ妻もついていったのだろうし、そういう妻だったからこそ不器用にも最期まで鉄道員をまっとうしたのだと感じた。こういう夫婦のありかたは羨ましく思う。
JAPANESE. 551さん 7点(2004-02-06 00:34:57)(良:2票)
60.実直で仕事人間..寡黙な男の..ちょっと切ない、不思議な物語...
コナンが一番さん [ビデオ(邦画)] 6点(2004-02-04 12:43:55)
59.健さんは凄いねぇ~~途中の志村けんの酔っ払いはハマリ役。エンディングの坂本未雨の歌も好き。
アンナさん 7点(2004-02-03 15:56:18)
58.はかなげに微笑む大竹しのぶが口ずさむテネシーワルツに泣けて泣けて仕方なかった。原作はどちらかというと真冬の怪談に近い短編でしたが、映画は切なく、温かい作品に仕上がっていました。じじくさいと言われようとも、こういうのに弱いのです。
denny-joさん 7点(2004-01-21 22:53:26)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 117人
平均点数 5.59点
010.85%
175.98%
200.00%
3119.40%
41210.26%
51815.38%
62420.51%
72420.51%
81613.68%
943.42%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review3人
2 ストーリー評価 5.37点 Review8人
3 鑑賞後の後味 5.62点 Review8人
4 音楽評価 6.33点 Review6人
5 感泣評価 5.12点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS