ヘイトフル・エイトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ヘイトフル・エイト
 > (レビュー・クチコミ)

ヘイトフル・エイト

[ヘイトフルエイト]
The Hateful Eight
2015年【米】 上映時間:168分
平均点:6.53 / 10(Review 58人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-02-27)
サスペンスウエスタン犯罪ものミステリーバイオレンス
新規登録(2016-01-03)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-03-20)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クエンティン・タランティーノ
キャストサミュエル・L・ジャクソン(男優)マーキス・ウォーレン
カート・ラッセル(男優)ジョン・ルース
ジェニファー・ジェイソン・リー(女優)デイジー・ドメルグ
ウォルトン・ゴギンズ(男優)クリス・マニックス
デミアン・ビチル(男優)ボブ
ティム・ロス(男優)オズワルド・モブレー
マイケル・マドセン〔男優〕(男優)ジョー・ゲージ
ブルース・ダーン(男優)サンディ・スミザーズ
ゾーイ・ベル(女優)6頭馬のジュディ
チャニング・テイタム(男優)ジョディ
クエンティン・タランティーノナレータ―(ノンクレジット)
大塚明夫マーキス・ウォーレン(日本語吹き替え版)
菅生隆之ジョン・ルース(日本語吹き替え版)
後藤敦クリス・マニックス(日本語吹き替え版)
楠見尚己ボブ(日本語吹き替え版)
宮内敦士ジョー・ゲージ(日本語吹き替え版)
勝部演之サンディ・スミザーズ(日本語吹き替え版)
脚本クエンティン・タランティーノ
音楽エンニオ・モリコーネ
撮影ロバート・リチャードソン〔撮影〕
製作リチャード・N・グラッドスタイン
ステイシー・シェア
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ジョージア・カカンデス
配給ギャガ
美術種田陽平プロダクションデザイン
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
南北戦争から数年後、ワイオミング州の雪山。賞金首の遺体をレッドロックへ運搬中のマーキス・ウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)は馬が死んで立ち往生していたが、同じ賞金稼ぎのジョン・ルース(カート・ラッセル)の駅馬車に乗せてもらう。ルースは賞金首のデイジー・ドメルグ(ジェニファー・ジェイソン・リー)を護送中で、一行に自称保安官のクリス・マニックス(ウォルトン・ゴギンズ)が加わる。まもなく猛吹雪が来たためミニー(ダナ・グリア)の紳士洋服店でやり過ごすことにするが、そこには4人の先客がいた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
58.《ネタバレ》 恥ずかしながら初鑑賞。
そして、観おわって即 これはカーペンター版『遊星からの物体X』だと思った。
オープニングの長回し、雪原を疾走する空撮ショット。
吹雪で隔離された密室と誰一人信用できない犯人探し。
終盤で展開する血生臭い修羅場。
それはまるで、狡猾な《人の皮を被った悪魔》との戦い。
最後に残される二人の人種も、その後の全滅を予感させるラストまでそのまんま。

よほど、タランティーノは『物体X』が好きなんでしょう。
先ごろの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の終盤でも
完全に物体Xと化したヒッピー娘が○○○○○で焼かれてましたからね〜 (笑)
墨石亜乱さん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2019-09-21 20:24:22)
57.推理・謎解きのサスペンス映画をタランティーノが撮ったら、そりゃこうなりますよね。(笑) 最終章は、タランティーノだからこその展開。
たけたんさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-09-16 15:45:26)
56.《ネタバレ》 西部劇は、あまり観ないのですが、この作品は西部劇の設定でなくても作れそうですね。
かなり長い映画で、チャプター3まではもう少し短くしても良いのでは? と思いました。
チャプター4の過去の出来事から、俄然ストーリーが動き出し面白くなりました。
ラストでは、結局登場人物は全員死んだか、死にかけの状態になってしまいました。
血だらけの惨劇シーンは余り好まないのですが、この内容ならOKです。
個人的には、ラストをもう少し追加し、「女ギャングの言ったことが真実で、仲間のギャング15人が店に到着し、入口を開ける直前」というシーンがほしかったです。
TerenParenさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-08-19 00:49:51)
55.《ネタバレ》 正直ストーリーはいまいちだった。
ただタランティーノ節は健在で
どうでもいい会話がなぜか心地いい。
そしてド派手なゴア描写。
タランティーノのゴアは気持ち悪いよりギャグっぽいので好き。

話の方は途中までサスペンス調でようやく謎解きか?
と思ったとたん犯人が自ら出てきてドンパチ開始。
一風変わった推理物を期待してしまったわ。
SASUKEさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-08-06 01:45:30)
54.《ネタバレ》 一癖も二癖もある登場人物、密室劇、時間を巻き戻して内幕を説明する演出、そしてバイオレンス描写、観客を楽しませる工夫を凝らしているのは分かりますが、いまいち乗り切れず。長かったなというのが最初の感想でした。期待し過ぎましたかね。フロム・ダスク・ティル・ドーンのようなあっと驚く展開があればよかったのに。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 5点(2019-06-11 22:50:14)
53.《ネタバレ》 タラちゃん好きです。長いけど飽きさせない(もともと長尺耐性は高めです)がしかし、密室的なトリックやら伏線回収は「あら、そう?」という感じで意外性がなく残念。レザボア、パルプと似た構成だとは思うのですが、会話を含め小ネタ等が全般薄味で印象に残るシーンやネタが無いかな。唯一大統領の手紙ぐらいですが、強烈な印象はないのでしばらくしたら忘れてそう。例えば、レザボアの色決め、マドンナ談義や耳削ぎ、パルプのバイオレンス全般、嘘聖書引用とかね、思い出されるのが多い。本作は、もう一度観たいとは思わせるものはないかも。なるべく良いところを挙げたいと思って居るのに悪口ばかり書いていたので6⇒5点に変えました。
ないとれいんさん [インターネット(字幕)] 5点(2019-05-24 09:43:48)
52.タランティーノに求めるのはまちがいだとは思うけど、もっとテンポをよくして木更津キャッツアイみたいに編集してくれたら、もっともっと面白かったと思う。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-03-25 21:54:35)
51.《ネタバレ》 大好きなタランティーノだけれど、これはダメだった。(2作連続)長く感じた。ただ、ラストの活劇シーンは良かったが。
にけさん [映画館(字幕)] 6点(2019-01-06 16:42:19)
50.《ネタバレ》 ただただグロい。騙し合い、殺し合う。最後はあっと驚かされるエンディング。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-05-06 12:53:20)
49.《ネタバレ》 こんなに長い時間なのに飽きさせないというのがすごいなー。まさにタランティーノにしかつくれない映画だよね。面白くないのは最初の20分ぐらいで見れなくなるもん(苦笑)。下からバーンは意表をつかれたけど、なにかちょっとズルいような気もしたり。←チャニングの出番が短かったなぁ(苦笑)もうちょっとお話しに絡めていけたら良かったかも。最初の2時間はほんと面白かったけど、最後の残虐場面全開・血生臭ささ全開なのはちょっと自分的には減点。あとあの毒薬って何なんだろう、あんなに血を吐くって、スゴイ。全般的な血・血・血 の描写がきつかったので6点でゴザイマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-04-06 08:18:15)
48.《ネタバレ》 密室で攻防させたらタランティーノの右に出るものいないんじゃないか。
レザボアを意識してしまうような展開で8人が黒幕の探り合い。これはこれで西部劇バージョン。おもしろい。
刺激の強い暴力的な作風も長いセリフもドラマ風なアートに仕上げてくる。
レザボア、イングロ、ジャンゴほどではないけど十分インパクトはありました。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-03-27 12:20:22)
47.最後まで予測のつかない展開。タランティーノ得意の時間差によるロジックパターンといい、ハラハラするし、アクションもサイコーだが、"血飛沫"そんなに必要?!。
Q兵衛さん [映画館(字幕)] 7点(2018-02-21 16:34:30)
46.佳作。タランティーノの映画らしく飽きさせない面白さが最後まで続く。だから何か心に残るというわけではないけれど。
mohnoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-11-07 20:58:18)
45.《ネタバレ》 タイトルで8人と言っていながら、舞台となる洋品店に集まったのはどう数えても9人。最初のクレジットでもっともらしく「タランティーノの8作目」とか言っていながら、それも数が合わない。この時点ですでに、「全体がインチキ宣言」はなされているわけです。なので、こちらとしても、毒を入れた犯人は誰かとか、偶然集まった登場人物には実は個々にこういう背景が、なんていうオーソドックスな謎はどうでもよくて、いつもの「気がついたらやたら時間が経っている会話の積み重ね」と、怖そうに登場したカート・ラッセルでもあっという間に埋もれてしまう各キャラのアクの強さを堪能するわけです。ただそれでも、中盤まではいろいろ心理の綾やその噛み合わなさが重なって面白かったのですが、終盤が単調になってしまったのは残念でした。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-07-18 00:48:05)
44.《ネタバレ》 雪山の小屋で起きるサスペンス、という個人的にたまらない設定。密室の緊張感が出ていて良かった。また、誰を信用すべきなのかという疑心暗鬼な状況が生まれていて、奇妙さに拍車がかかっていた。
肝心のストーリー展開もすごく丁寧に作り込まれていて写実的。3時間の上映中、後半2時間は特にあっという間だった。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 7点(2017-06-17 23:01:58)
43.《ネタバレ》 西部劇って比較的善悪がハッキリしている物語と云うイメージを持っていたけど、本作に悪はあっても善が見当たらない。気の毒な人はたくさんいましたけどね。悪人ども(賞金稼ぎ含む)は個性がハッキリしていて、みんな力強いです。ほぼ私刑のカタチで女性を吊るし「イイもんを見た」と笑いながら死んで行くような奴等です。自己主張が弱いと餌食になるし、結果はすべて自己責任。裁きの場へ出ない限りは無法がまかり通る。それも確かに西部劇の世界観です。この監督なりに西部劇の強さと混沌を純化した作品だったのだと思います。密室ミステリーの味付けは悪くないですね。
それにしても、ぐちゃぐちゃの血みどろでした。体液や吐瀉物を他人にぶちまける。この監督さん、人の嫌がることを敢えてやって喜んでいる幼稚園児みたいな印象です。つまり健在でした。ただねぇ、床下から股間を撃ち抜かれる痛みだけは想像したくないです(笑)。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-06-10 00:52:05)
42.意外に評価が低いですね。パルプフィクションに次ぐタランティーノの名作のように思える。
MARTEL1906さん [DVD(字幕)] 8点(2017-06-02 23:21:58)
41.何作作ってもテンションの衰えないタランティーノ、ほんとに偉大な映画バカですね。ヘイトに血しぶきに腹の探りあい。またかよー、ではあるものの、タランティーノリピーターをもってして170分釘付けにする話力の凄いことよ。タラ監督作はすべて観ている当方、血しぶきが上がるのは分かっているが、そのタイミングはいつも分からない。いつ誰が引き金を引くのか毎回度肝を抜かれる。
今作は密室ものであるので、狭い空間に充満する”ヤバイ空気感”は相当のもんである。いわば「イングロリアス・バスターズ」の地下居酒屋だけで120分、君は耐えられるか。
殺伐とした中に挟まるピアノや、しみじみ聞かせるジェニファーのギターソングなど、こちらの心を懐柔するやり口も巧い。
難を言うと、演技達者揃いの中ティム・ロスが「ジャンゴ」のクリストフ・ヴァルツの真似をしてるんじゃないのかと見えてしまうのが惜しかった。だって似てるよお?
tottokoさん [DVD(字幕)] 7点(2017-05-29 16:57:17)
40.《ネタバレ》 3時間という長さは気にならず最後まで見れたのでまあ面白かったのではないでしょうか?見終わった後特に残るものはありませんでしたが。誰が犯人かという下りで殆んど犯人側だったというのは面白い
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2017-05-24 16:56:13)
39.《ネタバレ》 良くも悪くもタランティーノでした。なので、登場人物の行動、そこにある物、たわいない会話に何かある。と終始疑いながらみてました。(とはいえ、突然の床下からの銃撃はちょっと反則では?)
リニアさん [映画館(字幕)] 6点(2017-05-07 13:47:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 58人
平均点数 6.53点
000.00%
100.00%
200.00%
311.72%
400.00%
5712.07%
62034.48%
72136.21%
8712.07%
923.45%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review4人
4 音楽評価 7.25点 Review4人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
助演女優賞ジェニファー・ジェイソン・リー候補(ノミネート) 
撮影賞ロバート・リチャードソン〔撮影〕候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)エンニオ・モリコーネ受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2015年 73回
助演女優賞ジェニファー・ジェイソン・リー候補(ノミネート) 
脚本賞クエンティン・タランティーノ候補(ノミネート) 
作曲賞エンニオ・モリコーネ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS