ハウルの動く城のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハウルの動く城
 > (レビュー・クチコミ)

ハウルの動く城

[ハウルノウゴクシロ]
Howl's Moving Castle
2004年【日】 上映時間:119分
平均点:5.63 / 10(Review 378人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-11-20)
アドベンチャーファンタジーアニメロマンス小説の映画化
新規登録(2004-03-07)【あろえりーな】さん
タイトル情報更新(2018-09-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督宮崎駿
倍賞千恵子ソフィー
木村拓哉ハウル
美輪明宏荒地の魔女
我修院達也カルシファー
神木隆之介マルクル
伊崎充則小姓
大泉洋かかしのカブ
大塚明夫国王
原田大二郎ヒン
加藤治子サリマン
保村真小姓
佐々木誠二港町の魚屋
菅野莉央マッジ
安田顕兵士
森崎博之ケーキ屋店員
戸次重幸橋の上の男
音尾琢真城の門番
塚本景子
村治学
ジーン・シモンズ[女優]老齢時のソフィー(英語吹替版)
エミリー・モーティマー若い時のソフィー(英語吹替版)
クリスチャン・ベールハウル(英語吹替版)
ローレン・バコール荒地の魔女(英語吹替版)
ビリー・クリスタルカルシファー(英語吹替版)
ジェナ・マローンレティー(英語吹替版)
ジョエル・マクラリー補足音声(英語吹替版)
ブライス・ダナーサリマン(英語吹替版)
原作ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『魔法使いハウルと火の悪魔』(徳間書店刊)
脚本宮崎駿
音楽久石譲
新日本フィルハーモニー交響楽団(演奏)
作詞谷川俊太郎「世界の約束」
作曲木村弓「世界の約束」
編曲久石譲「世界の約束」
主題歌倍賞千恵子「世界の約束」
撮影奥井敦(映像演出)
製作奥田誠治(製作担当)
島谷能成(「ハウルの動く城」製作委員会)
徳間書店(「ハウルの動く城」製作委員会)
日本テレビ(「ハウルの動く城」製作委員会)
ブエナビスタ(「ハウルの動く城」製作委員会)
東宝(「ハウルの動く城」製作委員会)
電通(「ハウルの動く城」製作委員会)
高井英幸(「ハウルの動く城」製作委員会)
星野康二(「ハウルの動く城」製作委員会)
市川南〔製作〕(「ハウルの動く城」製作委員会)
製作総指揮ジョン・ラセター(アメリカ)
プロデューサー鈴木敏夫
制作スタジオジブリ
西村義明(制作業務)
配給東宝
作画高坂希太郎(作画監督)
マッドハウス(作画協力)
Production I.G(作画協力)
高橋賢太郎(デジタル作画)
T2 Studio(デジタル作画)
GONZO(デジタル作画)
近藤勝也(原画)
米林宏昌(原画)
田中敦子〔作画〕(原画)
小西賢一(原画)
大杉宜弘(原画)
山下明彦(作画監督)
美術武重洋二(美術監督)
真野薫(タイトル)
男鹿和雄(背景)
保田道世(色彩設計)
編集瀬山武司
録音若林和弘(録音演出)
北田雅也(フォーリー)
東京テレビセンター
井上秀司(整音)
上田太士(光学録音)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
その他久石譲(指揮・ピアノ)
IMAGICA(現像)
糸井重里(キャッチコピー【ノンクレジット】)
あらすじ
戦時中の国。ある日19歳の少女ソフィーは荒地の魔女の呪いで90歳のおばあちゃんにさせられてしまう。おばあちゃんソフィーは一人、荒野で四足で動き回っている城(だかなんだかよくわからない塊魂)に住んでいるハウルに会いに行く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516171819
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
358.《ネタバレ》 「しばらく待たれよ。」この声を聞くとホッとするんだよね。
ちゃっぷまんさん [DVD(邦画)] 7点(2010-12-16 17:31:11)
357.《ネタバレ》 世界観とかキャラクタは魅力的ですが、全く面白くないわけではなく、ストーリー等わからないことが多い、そういう部分は想像力で補いなさいと言いたいのでしょうか?特に最後は投げっぱなしで終わっちゃうのですっきりしません。すでにおっさんになってまして、アニメ=子供向けの概念で育ってきた世代なのですが、小学生ぐらいの子供達は楽しめたのかなぁと疑問に思いました。
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 5点(2010-09-04 10:08:48)
356.《ネタバレ》 宮崎駿はこの道を極めすぎて逆に一般人にはわからない作品になってきてるんじゃないか。
色々なものが投げっぱなしでいきなり終わる。これを誰が理解できるのというのか。
動きと絵が綺麗なだけ。ジブリだというだけでみんなが観に行ってしまうから
このつまらなさでも大ヒットしてしまう。ひどい話だ。
あと、ちゃんとした声優を使って欲しいというのは強く感じた。
だがキムタクは予想以上にハウルと合っていた。しかしヒロインの声がダメすぎた。
老婆の時はあれでもいいが若い時は違う人を使うべき。
虎王さん [映画館(邦画)] 4点(2010-09-03 21:04:02)
355.うーん。これはねえ。たくさんのキャラクターでてたけど、ちょっと話の収受がつかなくなっているかな。なんかキムタクまずありきの感もしないでなかった。毎回ちょっとくどいくらいのメッセージあるんだけど、今回は無し。絵作りはきれいだったけど、テンポの悪さとか宮崎作品としては今までの水準にいっていない。ストーリー的にもオチもちょっとな。倍賞さんの声優もちょっと評価できないなあ。ちゃんとプロ持ってきた方がよかったかな。
タッチッチさん [地上波(邦画)] 4点(2010-09-03 16:04:22)
354.《ネタバレ》 いくらなんでも説明不足すぎ、話が途中で終わりすぎである。
多くの人が、かかしがキスされて人間になって脈絡なく「私は隣の国の王子です」と言い、エンディング曲が聞こえてきた瞬間に戸惑ったはずだ。とどめはサリマン先生の「ハッピーエンドってわけね」。
観客にとっては中途半端エンドだと思う。
ヒナタカさん [映画館(邦画)] 4点(2010-08-24 18:30:41)
353.映画館で観て以来久しぶりに鑑賞。やっぱり全体の雰囲気は良いんだけどサリマンとかいう悪玉の立ち位置が微妙なのでそれが全てをぶち壊し。「待たれよ」は何度聴いても最高。
すたーちゃいるどさん [映画館(邦画)] 7点(2010-08-23 21:57:51)
352.色んな謎を解決しないまま、強引にハッピーエンドに仕上げた感じ。かかしのカブ君の動きが可愛かった。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 5点(2010-08-13 00:15:59)
351.作者の自己満足、丸投げ映画。ジブリはそれじゃあいかんと思う。あとハウルのキャラとキムタクの声は気持ち悪かった。どうもカッコつけには抵抗がある。後半見ていてイライラした。
N.Y.L.Lさん [地上波(邦画)] 1点(2010-07-27 17:12:51)
350.《ネタバレ》 これまでの宮崎作品に比べ、絵の感じが変わったように感じた。しかし主人公のソフィーは久し振りの正統派美少女で(すぐ老婆になってしまうが…)、オープニングの空中散歩の浮遊感には、涙が出そうなほど感動した。ストーリーは難解というほどではないが少々分かりづらくなっており、ラスボスと思われた荒地の魔女が、サリマンによって魔力を奪われてしまうくだりは意外だった(ただの婆さんになってからの荒地の魔女が笑わせてくれる)。マルクルやヒン(犬)、カルシファーの可愛らしさ、ハウルの格好良さ(キムタクが意外と健闘)など、キャラクター重視の作品となっており、メッセージ性やストーリー性を期待すると肩透かしを食うが、やや説教臭さを感じた『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』よりも、純粋に楽しんで観られる作品となっている。引っ込み思案で地味なソフィー(呪いをかけられる前から老婆のようだった)が、愛を知り、キスを贈るラストは清々しく、素敵だ。
フライボーイさん [映画館(邦画)] 8点(2010-07-20 19:45:27)
349.ハウルの動く城は、二度みたが、崖の上のポニョと同様、だれが・なぜ・なにを・どうしたいのかが最後までわからなかった。なんで肝心なところがいつもこうなるのだろう。映像が魅力的なだけに惜しまれる。作者は過去にストーリー性も完璧な多くの傑作をものしている。こういうストーリー性が希薄な方向に変節したのは残念。昨日の自分の作品に飽き常に新しいものを求めようとしているのだとは思うが原点を忘れてはなるまい。
郭公さん [地上波(邦画)] 5点(2010-07-20 06:09:26)(良:1票)
348.初めて宮崎駿の失敗作を観たという印象。千と千尋から毒気を抜いたらこんな感じ。原作への中途半端なリスペクトからか、原作をぶっ壊して自分のやりたいようにやることもできず、かといって自分の主張を押し殺してつつましく原作の再現のみに徹するようなタマではなく。キャラ立ちしているおかげで退屈すぎるというレベルには陥ってはいないが、ジブリにはもっと完成度の高い作品を期待したい…
Mum,theSanChrysさん [地上波(邦画)] 5点(2010-07-19 17:06:16)
347.最近のジブリはとにかく理解を観客任せにし過ぎている。そもそも魔女・魔法使いの存在意義がはっきりしていない。一番重要なハウルの過去についてはサリマンのセリフだけで済ませちゃうし。カルシファーが可愛いだけ。
nojiさん [地上波(邦画)] 4点(2010-07-17 23:50:10)
346.《ネタバレ》 ずっと案山子がハウルだと思ってました。感覚的には好きな感じです。でもジブリ作品には悪い想い出が・・・
成田とうこさん [地上波(邦画)] 7点(2010-07-17 00:47:40)
345.《ネタバレ》 最初に言わせていただきたいのが、声優さん。木村拓哉氏は思っていたより全然マシでまぁまだ聞けました。が、倍賞さんは90歳のおばあちゃんの声の時は全く不満はないのですが、若いソフィも大して変わらない老婆のような声では雰囲気ブチ壊しでしょう……。そこはもちろん倍賞さんの責任ではなく、監督の責任ですよね。
ただ、各キャラクターはとても魅力的だと思いました。特にハウルは女性がうっとりしてしまうような美少年に作られており、私もまんまと監督の思惑にハマってしまった1人です。というか、ハウルがいるからこそ私はこの映画が好きでいられるのでしょう。
ストーリーは破綻している気がします。意味不明という言葉が最もふさわしい映画だと思えてしまいました。
ハウルがかっこいいため、なんとかかろうじて5点という……ミーハーですみません。
ぷに子さん [地上波(邦画)] 5点(2010-07-17 00:16:27)
344.原作未読で鑑賞。
ストーリー的には、ジブリ作品の中では良いほうであると感じた、ただ悲しいことに声優が×である。
円軌道の幅さん [DVD(邦画)] 4点(2010-07-03 16:15:41)
343.新聞のテレビ欄に毎日毎日カウントダウン、日本中の期待を背負って・・・はい!いざ箱を開けてみたらあらびっくり。全然分かりませんでした。私の理解力不足?
ピンフさん [DVD(邦画)] 2点(2010-03-08 14:24:19)
342.何年か前に見ましたが、ああ、見たなってくらいしか印象がありません。
シトロエンさん [DVD(邦画)] 4点(2010-01-04 23:04:29)
341.《ネタバレ》 相変わらずジブリ作品は音楽が良いし、舞台の街並や小道具に至るまでこっています。さすが、と言わざるを得ません。恋、したくなりますよ。
lalalaさん [映画館(邦画)] 7点(2009-12-29 15:45:08)
340.よくわかりませんでした・・
zackさん [映画館(邦画)] 4点(2009-12-03 11:39:50)
339.《ネタバレ》 ソフィとハウルが一緒に空をあるくというオープニングは最高。あとはよくわからないけど…この始まりで「劇終」ってでてもいいぐらいに泣きそうになる。絶対にオープニングだけははずさない。それが宮崎駿。
HAMさん [映画館(邦画)] 8点(2009-09-06 00:36:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213141516171819
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 378人
平均点数 5.63点
051.32%
161.59%
2143.70%
3307.94%
45314.02%
56717.72%
66717.72%
76717.72%
84311.38%
9164.23%
10102.65%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.73点 Review34人
2 ストーリー評価 4.75点 Review58人
3 鑑賞後の後味 5.88点 Review53人
4 音楽評価 7.90点 Review61人
5 感泣評価 4.39点 Review46人
chart

【アカデミー賞 情報】

2005年 78回
長編アニメーション賞宮崎駿候補(ノミネート) 
長編アニメーション賞鈴木敏夫候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS