阿修羅のごとくのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 阿修羅のごとく
 > (レビュー・クチコミ)

阿修羅のごとく

[アシュラノゴトク]
Like Asura
2003年【日】 上映時間:137分
平均点:6.02 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-11-18)
ドラマコメディ小説の映画化TVの映画化
新規登録(2003-10-16)【】さん
タイトル情報更新(2018-06-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森田芳光
助監督佐藤英明
キャスト大竹しのぶ(女優)三田村綱子(長女)
黒木瞳(女優)里見巻子(次女)
深津絵里(女優)竹沢滝子(三女)
深田恭子(女優)神内咲子(四女)
八千草薫(女優)竹沢ふじ(母)
仲代達矢(男優)竹沢恒太郎(父)
小林薫(男優)里美鷹男
中村獅童(男優)勝又静男
桃井かおり(女優)枡川豊子
RIKIYA(男優)神内英光
木村佳乃(女優)赤木啓子
坂東三津五郎(十代目)(男優)枡川貞治
益岡徹(男優)緒方
長澤まさみ(女優)里見洋子
紺野美沙子(女優)土屋知子
加藤治子ナレーション
原作向田邦子「阿修羅のごとく」
脚本筒井ともみ
音楽大島ミチル
北原京子(音楽プロデューサー)
浅梨なおこ(音楽エディター)
作詞ブリジット・フォンテーン「ラジオのように」
作曲ブリジット・フォンテーン「ラジオのように」
主題歌ブリジット・フォンテーン「ラジオのように」
撮影北信康
製作島谷能成(製作総括)
東宝(「阿修羅のごとく」製作委員会)
毎日新聞社(「阿修羅のごとく」製作委員会)
博報堂(「阿修羅のごとく」製作委員会)
プロデューサー市川南〔製作〕
三沢和子(アソシエイト・プロデューサー)
配給東宝
美術柴田博英(装飾)
衣装宮本まさ江(衣裳コーディネート)
千代田圭介
編集田中愼二
山下健治(編集助手)
録音橋本文雄
照明渡邊孝一
あらすじ
七十になる父・恒太郎に愛人がいる。信じられない話に竹沢四姉妹が久しぶりに顔を合わせた。父と長年連れ添ってきた母・ふじの耳には決して入れまいとする姉妹達。その内に、四人がそれぞれが隠し持つ問題が露見してゆく。長女・綱子は料亭の主人と不倫。次女・巻子は夫の浮気を疑う。三女・滝子は男性とうまく付き合えず、四女・咲子は新人ボクサーと同棲中。そんな中、母・ふじだけはのほほんとしていたが・・・。家族内の秘めた愛憎を描いた、向田邦子の同名小説を豪華キャストで映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
46.《ネタバレ》 
長女 網子 45歳。
次女 巻子 41歳。
三女 滝子 29歳。
四女 咲子 25歳。
最初にこの四姉妹の名前と年齢が似顔絵のイラスト付きで紹介されて始まった事にすごく入りやすさを感じた。
四姉妹の中では次女の巻子が人間的にみて一番好きです 彼女の場合は 姉としてみても 娘としてみても 嫁としてみても 女としてみても、つまり、誰からの目線でみたとしても素敵と思える女性になっている。今回、その黒木瞳の次女的役づくりの上手さに地味に感心してしまった。そんな素敵な嫁さん巻子をほっぽらかして妖怪木村佳乃女にうつつを抜かしよる亭主 小林薫よ こらぁ。しかも、あんなチャランポランンな顔しといてからに 娘が長澤まさみですってかよ こら~ぁ 許せんな~。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2015-04-01 23:03:26)
45.《ネタバレ》 向田邦子にも詳しくないし、テレビドラマも見ておりません。

父の浮気を機に4姉妹それぞれの心の揺れを描く。姉妹間の嫉妬等のやり取りはリアルだがあまりドロドロした印象は受けない。
面白いやり取りも端々にあるのだが、全体で見るといつ着地するのだろうと感じる。やはりテレビドラマ向きか。

演技で印象に残るのは仲代達矢と八千草薫の安定感。八千草薫は昭和の母親像という感じだ。大竹しのぶと桃井かおりのやり取りはさすが。深津絵里の三女が実は一番印象に残っている。旦那の中村獅童はちと作りこみ過ぎか。

食べるシーンがかなり多く咀嚼音も聞こえるシーンは「家族ゲーム」を思い出す。鏡餅を割って油で揚げて塩をふるお菓子はうちでもやるので親近感。
さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-12-05 22:09:00)
44.女性たちの感情の動きはよく描かれていると思いました。
nojiさん [映画館(邦画)] 5点(2013-05-26 23:56:29)
43.《ネタバレ》 NHKのドラマも原作も全く見てません。そもそも私は向田作品が好きじゃない。だから期待もせずに観た。森田芳光監督死去のニュースを聞いて何日か経つわけだけど、これは観てないし、どうなのかな?ぐらいの気持ちで借りてきた。キャスティングに関しては素晴らしい。好きじゃない向田作品にしてはそれなりに楽しめたし、いや、思ったより楽しめた。大竹しのぶと桃井かおりの玄関先での壮絶なバトル、桃井かおりの放つピストルのおもちゃには噴出してしまった。黒木瞳の大人の色気、更に色気と言えば黒木瞳演じる長女の旦那を誘惑する女の木村佳乃の色気も忘れられなくなりそうなほどです。森田作品と言えば「ハル」ですっかりファンになってしまった深津絵里も良い。中村獅童演じるおかしな男にジャムパンが大好きなんです。大好きなんです。とか言っていきなり言われてそれでも一緒になることを選ぶなんて、何て良い女だ。深田恭子に関してはまあ、こんなもんかな?彼女には「下妻物語」の桃子のようなぶっとんだ役のが似合う。あっ、そうそう、四人の姉妹の母親役の八千草薫が如何にも昭和の良き母って感じで良い。女優陣に比べると男優陣は仲代達矢は良いが他がどうもいま一つ。小林薫の駄目ぷりも中途半端と言うか弱い。どうせ駄目男演じるならとことん駄目な男、例えば川島雄三監督の作品や成瀬巳喜男監督の作品に出てくる駄目男ぐらいの駄目ぷりが観たかった。小林薫の「女は阿修羅」って台詞を聞いて、なるほどね。女が阿修羅なら男は原だな?なんてくだらんことを思ってしまった。最後にもう少し!森田芳光監督「家族ゲーム」や「の・ようなもの」で見せた才気をもっと観たかった。良い役者と良い脚本にさえめぐり合えればまだまだ凄い映画を撮れるだけの実力はあるはず。それだけに61歳という若さでの死は残念です。ご冥福お祈り致します。
青観さん [DVD(邦画)] 6点(2011-12-27 21:28:42)
42.テレビドラマが好きだったので、何となく鑑賞することを躊躇っていた作品。
4人の主演女優さんたちがあまり好きではなくて、どうかなと思ったのだが、
いい役者さんたちが脇役を固めていて、予想以上に満足できる内容だった。
ストーリーもポイントをしっかり押さえていて、ハショリがすごいという印象も受けない。
向田邦子の世界観は、それなりに表現できていたかと思う。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 6点(2011-08-16 09:15:52)
41. リアルだとは思わないけれど、人間の真実というか、普遍的な部分が描かれている感じがしました。いい作品です。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2009-02-15 10:15:08)
40.《ネタバレ》 当たりでした。豪華俳優陣。見応えあります。音楽もよいです。しかし、ほんと女性っていつも何か食べてます。
笑いあり、涙あり、ほんわか幸せになる。今のご時世、こんなことされたら修羅場!というようなところでも、映画の中の女性は耐えて、「10年たったら笑い話になる」のです。
ユーモアは持っていたいものだ、と妙に感心しました。
しゃっくりさん [DVD(邦画)] 8点(2009-02-12 23:38:44)
39.どうしても始まってから20~30分で寝てしまいます。返却期限ギリギリでなんとか見た印象は女優が豪華ってことくらいしか残ってません。
にうさん [DVD(邦画)] 4点(2008-10-07 00:36:17)
38.なんだろう。この不思議な感じ。つまらなそうで、見るのをやめようかと思って、予想外に引き込まれていって、続きが気になる・・・。姉妹の名前が覚えにくいのがイマイチとっつきにくかったかな。長澤まさみが出ているのは知らなかったけど、もしや!?と気が付けれたのが嬉しかった。こんな脇役から頑張ってたんですねぇ。
お好み焼きは広島風さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-11-17 08:17:43)
37.そもそも連続ドラマを映画尺でまとめましょって試み自体がよくわからない。
家族単位でみる人間模様のあれこれといった印象しか持てない代物に。
カラバ侯爵さん [DVD(邦画)] 2点(2007-10-11 07:59:36)
36.期待してなかった、というレベルでなく、森田作品という事で「隙あらばケナシまくる!」という体制で臨んだのが効を成したのか知らんが、私的に「家族ゲーム」以来の高評価。ドロドロしたホームドラマを滑稽かつ軽やかに楽しませてくれた。
aksweetさん [DVD(邦画)] 8点(2007-08-29 01:20:51)
35.内容はドロドロ、ゴテゴテだがとっつきは良い現代の日本のテレビドラマを象徴するかのような内容で向田邦子がテレビドラマ界に与えた影響を感じさせる。いかにも連続ドラマ向けで、映画に纏めると内容は優秀だが盛り込みすぎて着地点が見つからなくなった大学生のレポートのよう。2時間に纏めようというのは少し無理があるのでは。
Arufuさん [DVD(邦画)] 6点(2007-08-15 18:50:29)
34.木村佳乃が妙にエロい。
話はそこそこ面白いと思うけど、大絶賛というほどではない。
役者の良さで飽きずに見られる感じ。
公開当時、付き合っていた彼女と一緒に観に行ったのだけど、なんで不倫なんてするかなぁ、人間って馬鹿だなぁって思って観てた。
その後しばらくして、僕自身が不倫状態に陥ってることを知らされて、自分の馬鹿さ加減を思い知らされることとなった因縁の作品。
女って怖いね。
もとやさん [映画館(邦画)] 6点(2007-02-22 23:24:58)
33.所詮、昔の主婦向け連続TVドラマの脚本でしかないのに、やけに過大評価されてる他愛ない話を、21世紀に再現する意味を一切加えないまま映画化してしまった、全く製作意図の判らない古臭い女系ホーム・ドラマ。特に、設定をTVドラマ放送当時そのままにした意図が全く不明。それも字幕で「昭和54年」(でしたっけ?)と示しただけで、当時の風景や風俗等に全く触れないのに(BGMに当時のヒット曲を使うことさえしやしない)、何でこの話は昭和54年じゃないといけないのさ? いつもの森田節が感じられるのも中村獅童の演技位で、他には何にもしてない様子。一体プロデューサーは何がしたくて企画を立てて、どうしたくて森田芳光に監督を依頼したのか? 「阿修羅のごとく」ってタイトルも大袈裟だしなぁ…、5点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-08-11 00:08:08)
32.小説を読んだことがあるので興味持って観てみたものの、映画化するほどのインパクトのある話ではないんだな、というのが感想。設定が4姉妹というところで豪華な女優を並べられるから映画にしたのではないかな。原作の小説はおもしろいけどね。
日向夏さん [DVD(字幕)] 5点(2005-06-21 21:30:23)
31.《ネタバレ》 10年たてば笑い話だよ!というお父さんは映画の最後までかっこよかったんですが、最後は微妙。なんか軽くひねりが欲しかった。出てる役者さんは皆良い演技してました。内容はドラマでやっても良いんじゃないの的な感じでした。ちょっと長く感じたので、映画館で見なくて良かった
マキーナさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-06-13 22:02:58)
30.面白かったけど、印象としては普通かなぁ。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2005-03-13 00:30:49)★《更新》★
29.映画とは!!!…「所詮フィクションだ!」とわざわざ再確認させてくれる作品。俳優さんたちの好演があったから時間を無駄にせずに済んだ。別な言い方をすれば、原作と脚本と大竹さん桃井さん等がいれば、監督さんは不要なんじゃないかとも思えた。木村さんも要らない。師童さん、深田さんも木村さんと似たり寄ったりではあるが、配役のバランス上、知名度だけでも他に負けない人が必要だったと思われるので妥当であろう。俳優さんたちの絡みの妙(ストーリーとのバランスは欠いてはいるが)に対して、点数加算。
日雀さん 6点(2005-02-01 19:29:53)
28.有名女優豪華競演!~完~
parabenさん 4点(2005-01-14 00:30:50)
27.映画でなく舞台でドタバタやった方が良さそうですね。獅童は作りすぎでしょう。あれを演技というんですか?ただ頭の「足りない」人間のような作りはいかんでしょう。不快ですね。深田恭子は陰陽師Ⅱでもそうだけど、金もらってする演技じゃないですね。それと太りすぎですね。他の方も書いていますが10日間米食わずにいた体やないって。ホンマ演技の勉強しないと消えるんじゃないでしょうか。誰か本人に気づかせて欲しい!木村は取り立てて書くべき艶技してましたか?全体的に話が大きく風呂敷を広げちゃってどこに向かっていくのかわかりづらいですね。と思ってたら誰かが死んで皆が集結するっていうおきまりのパターンでした。それを持って女の「性」だとか「業」だか「阿修羅」だとかいうレベルまで話が昇華していないと思いますね。渡る世間~好きの人は楽しめるのではないでしょうか?最後の、えらく「音」にこだわった演出をしています。それに何の意図があるのか不明です。ホラー映画じゃないんだから、音で驚かさないで下さい。森田は4回目のアカデミー監督賞らしいですが、はて?自分の中では「そろばんずく」で完全に死んでいます。あれから20年、本当に日本映画は大丈夫なんでしょうか。
たかちゃんさん 3点(2004-12-31 22:42:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 6.02点
000.00%
100.00%
212.17%
336.52%
436.52%
5817.39%
61532.61%
7715.22%
8715.22%
912.17%
1012.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS