キャプテン・マーベルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > キャプテン・マーベル
 > (レビュー・クチコミ)

キャプテン・マーベル

[キャプテンマーベル]
Captain Marvel
2019年【米】 上映時間:124分
平均点:6.50 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-15)
公開終了日(2019-04-25)
アクションSFアドベンチャーシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2019-01-02)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2019-04-13)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンナ・ボーデン
ライアン・フレック
キャストブリー・ラーソン(女優)キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル
サミュエル・L・ジャクソン(男優)ニック・フューリー
ベン・メンデルソーン(男優)タロス
ジャイモン・フンスー(男優)コラス
リー・ペイス(男優)ロナン
アネット・ベニング(女優)ウェンディ・ローソン
クラーク・グレッグ(男優)フィル・コールソン
ジュード・ロウ(男優)ヨン・ログ
コリン・フォード(男優)スティーブ・ダンバース
マッケナ・グレイス(女優)キャロル・ダンヴァース(13歳時)
スタン・リー(男優)本人役(列車の乗客)
クリス・エヴァンス〔男優・1981年生〕(男優)スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(ノンクレジット)
スカーレット・ヨハンソン(女優)ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(ノンクレジット)
マーク・ラファロ(男優)ブルース・バナー/ハルク(ノンクレジット)
ドン・チードル(男優)ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン(ノンクレジット)
水樹奈々キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル(日本語吹き替え版)
森川智之ヨン・ログ(日本語吹き替え版)
日笠陽子ミン・エルヴァ(日本語吹き替え版)
安元洋貴ブロン・チャー(日本語吹き替え版)
日野聡アット・ラス(日本語吹き替え版)
関俊彦タロス(日本語吹き替え版)
竹中直人ニック・フューリー(日本語吹き替え版)
村治学フィル・コールソン(日本語吹き替え版)
乃村健次ロナン(日本語吹き替え版)
榊原良子ウェンディ・ローソン(日本語吹き替え版)
後藤敦ノーレックス(日本語吹き替え版)
中村悠一スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(日本語吹き替え版)
米倉涼子ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(日本語吹き替え版)
宮内敦士ブルース・バナー/ハルク(日本語吹き替え版)
出演アーノルド・シュワルツェネッガー「トゥルーライズ」のポスター
ジェイミー・リー・カーティス「トゥルーライズ」のポスター
原作アンナ・ボーデン(原案)
ライアン・フレック(原案)
脚本アンナ・ボーデン
ライアン・フレック
編曲ジョン・アシュトン・トーマス
撮影ベン・デイヴィス〔撮影〕
製作ケヴィン・ファイギ
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作総指揮ヴィクトリア・アロンソ
ルイス・デスポジート
スタン・リー
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
アニマル・ロジック社(視覚効果)
美術アンディ・ニコルソン〔美術〕(プロダクション・デザイン)
アンドリュー・マックス・カーン(美術監督スーパーバイザー)
衣装サンジャ・ミルコヴィック・ヘイズ
編集エリオット・グレアム
録音ゲイリー・ライドストロム
動物グース
その他ジョン・アシュトン・トーマス(指揮)
ジャック・カービー(スペシャル・サンクス)
スタン・リー(彼に捧げる)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 アベンジャーズ誕生秘話。ツヨすぎるアタシを演じるのは四角いおカオのブリー・ラーソン。手からファイアーー。隻眼のニック、体内にタコが潜むネコがマブダチ。最後に何か吐き出したぞ??もう一度観る。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2019-04-07 01:25:45)
15.《ネタバレ》 彼女は一体何者なのか?人間か!?宇宙人か!?
正直あまりにも日本ではドクターストレンジやアントマン並に馴染みがないキャプテンマーベルさん。
そんな彼女の登場は想像より遅く、そして想像以上に魅力的だ。歯に着せぬ立ち振る舞いは可愛いしイカす!戦闘スタイルも思考より先に手が出るタイプなのも好きです。
記憶喪失からの敵味方逆転などストーリーも飽きない内容だ。しかし一体変身宇宙人の家族達はなぜ宇宙船に隠れていたのか、宇宙猫のグースは何故いたのかなどなどわからない…というより引っかかる部分は結構多い。ニック・フューリーの片目も伏線なのか、ただ治らないだけだったのかよくわからないのもモヤモヤしちゃう。
それと最近のマーベル映画にある視覚的な楽しさがあまり無く地味な印象は取れない(クリー人のシーンはもっとはじけて欲しかった)、その代わりフューリーのお茶目な姿や大好きコールソンが観れるのは嬉しかったです。そして見所は地味ながらもちょっと嬉しい90年代描写。レンタルビデオショップやパソコンで待たされる所はニヤニヤしちゃいました。これでこの頃の洋楽も分かっていればもっと楽しめたんだろうなぁ…。
でもこれで役者が揃いましたね。アベンジャーズが楽しみです。
えすえふさん [映画館(吹替)] 7点(2019-04-04 23:32:32)
14.極端な意見ですので、ご容赦を。

フラーケン!もう最高っす!
見どころは数々あれど、あのシーンが私のツボ。
私の脳裏で幾度もよみがえる。
幸せいっぱいで気分はスキップ。

喜びを叫んだので、ここからは落ち着いて…
キャプテンマーベルの強さにびっくり。
全てがパーフェクトなのよ、後光と共にオーラを放つ。
それから、フューリーとコールソンが若いしお茶目。
「エンドゲーム」に向けた序章としてぴったりでした。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 7点(2019-04-03 10:30:38)
13.《ネタバレ》 アベンジャーズが束になって掛かっても相手にならなそうな程に、とにかく強い。
こんなに強すぎちゃ敵が居なくなっちゃうと思ったのは余計な心配か。
とにかく、それくらいの規格外の強さ。
この強さならアベンジャーズの最終章は5分で終わってしまうかも?
サノスなんざ、片手で充分と言う感じ。
ワンダー・ウーマンと言い、本作と言い、強い美女が活躍するのは気分がいい。

追伸1 ベン・メンデルソーンの宇宙人役が意外とはまり役。
追伸2 オープニングのMARVEL STUDIOSのタイトル、不覚にも泣きそうになった。  
たくわんさん [映画館(字幕)] 7点(2019-04-02 13:23:01)
12.率直に言って、面白かったです。記憶をなくしている主人公が、少しずつ少しずつ思い出したり真実を知らされたりしていく過程が、観客である我々の興味を引き、終盤まで飽きさせません。傑作とまではいかないものの、基本に忠実な作りであり、人(?)としての成長や、ピンチでハラハラしたり、シビアな場面ではユーモアを忘れない、といったことが、全編に散りばめられています。ちょっと強すぎかなとは思いますが、まあ許容範囲でしょう。ただ、オスカー女優を使った割には、見せ場は少ないようです。音楽はあの時代の代表曲を使っていましたが、効果的かどうかは疑問です。
shoukanさん [映画館(字幕)] 8点(2019-03-25 17:51:39)
11.《ネタバレ》 ブリー・ラーソンのファンなので楽しみに鑑賞。強すぎ! 両手のアレとか宇宙を飛んじゃうとか。に比べて敵は弱すぎたか。一作目なのでしょうがないのかな。このシリーズも含めてマーベルものはどんどん深みに。最終的にどう着地するのか? 一ファンですがちょっと心配。
kaaazさん [映画館(字幕)] 7点(2019-03-23 17:40:56)
10.感情的で何が悪い?
怒り、悲しみ、泣き、笑い、「女」は何度だって立ち上がる。
彼女の圧倒的な無双ぶりに高揚感が止まらない。ニック・フューリーが最後の最後まで隠し持った“切り札”はとんでもなかった。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 8点(2019-03-23 13:18:42)
9.《ネタバレ》 ブリー・ラーソンがとっても魅力的で、これは加点要素。でも、この点数かな。
整合性も何もないストーリーはどうでもよく、辛うじて旧友との交流シーンが少し良い感じというだけ。
スーパーパワーを駆使しての格闘シーンやドッグファイトなど、見せ場はたくさんあったはずなのに、興奮するシーンや印象に残るシーンが一つもないというのは、よっぽどアクションシーンの見せ方が下手だったのだと思います。
Northwoodさん [映画館(字幕)] 5点(2019-03-20 00:45:32)
8.《ネタバレ》 アクション映画の割に、印象的なアクションシーンが少ない。一番盛り上がったのは中盤のカーチェイス(鉄道チェイス)で、最後はキャプテン・マーベルがスーパーパワーを手に入れてビーム撃ちまくって大暴れするけど、CGだらけでそんなに迫力は感じなかった。
あとスクラル人、殺されすぎてかわいそす。
たろささん [映画館(字幕)] 7点(2019-03-19 23:36:58)
7.《ネタバレ》 上映開始でいつものMARVELのロゴが出るオープニングは必見ですので時間厳守。 MUCフェイズ3最後で集大成である『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも参戦し、今後のMCUを担っていく人の1人のようですが、90年代半ばが舞台で当時のネタを入れるなどマーベルらしいユーモアを散りばめてあり悪くはなかったかな。ところどころ後付け感がありましたし、序盤はテンポも良くなかったですけどね。そこら辺と、いままでのMCU作品との整合性を取りつつ若いフューリーとコールソンなど出てくるのはシリーズを見てきた人には嬉しかったんじゃないかと思います。マーベルとフューリーの掛け合いは面白かったし、全く違和感を感じないデジタル処理は凄いなと思いました。その割に猫のCGが雑だった気がしますが。 単独で宇宙空間を飛び回りデカい宇宙船も速攻で破壊しちゃうキャプテン・マーベルはローマ軍団のような毛飾り(マーベルは地毛出し)付きのマスクがハマっててカッコ良かった。最強キャラらしいですけど、格闘でいうと手から出すフォトンブラストというビームばかりであまり新鮮味がなかったのが残念だった。まあエンドゲーム以降は今回出て来たような宇宙人などが相手で宇宙が舞台になるようだし、どうなっていくか見物の新キャラでしたね。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 6点(2019-03-18 20:13:25)
6.「アベンジャーズ」シリーズを全く観たことのない私ですが、とてもシンプルなストーリー故問題なく楽しめた。
ただ、主人公の強さが圧倒的過ぎて敵が弱く感じられたので、カタルシスはあまり無かったかな。ただポカーンとブリー・ラーソンが躍動する様を観ている感じ。
地球に降り立った彼女がヘンテコスーツを着て堂々と練り歩き、電車内でバトルを繰り広げるシーンがシュールで面白かった。
あと、猫が可愛いかったんだけど、あの正体はなんなのかいまいち理解が追い付かなかった。
でも、続きが気になるので今からアベンジャーズシリーズを観ていこうかなと思った。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 7点(2019-03-18 15:38:24)
5.《ネタバレ》 ストーリーは平凡で、アベンジャーズ次作が待ちきれない者のガス抜きにちょうどいいレベルといったところ。
終盤の、ウーマン・オブ・スティールかと思わせるハチャメチャさ加減は凄まじく、最後に撤退する相手の「ポカーン」顔には笑わせてもらいました。
しかしながら、ストレートすぎて、もう一つ面白みに欠けたと言わざるを得ません。
良かった点は、主人公のキャラクターが、非常に魅力的なところ。
エンドゲームで主要メンバーの”卒業”が噂される中、この茶目っ気ある個性は、今後の柱として期待してしまいます。
ソーでさえ反則気味なところに、それを上回る破壊力・・・
この反則的な強さをどのように他のメンバーと融合させるのか?
不安と期待を感じつつ、4月を待ちます。
そもそもこの人だけで今までの争い全部止められたんじゃ・・・という禁句はあえて胸にしまおう
牛若丸さん [映画館(字幕)] 6点(2019-03-17 23:53:36)
4.《ネタバレ》 他のマーベル作品と比べるとややパンチに欠ける。シンプルに1本の映画としてもあまり魅力を感じない。せっかく超人的なパワーを持っていても、敵となる相手がショボく、宇宙船相手の大立ち回りも、アクションの見せ方がイマイチなせいか、高揚感が沸いてこなかった。主役の女優も、可愛いのか綺麗なのか、なんだか中途半端な印象。味方にしても敵にしてもその他のキャラにしても、作り込みがなさすぎ。結局お馴染みのニック・ヒューリーだけが浮きだったまま。そのヒューリーの片目の謎も、なんだかな~だった。とにかく何度も観たくなるような作品ではない。アベンジャーズ/エンドゲームへの通過儀礼な作品でしかない。それとちょっと「MIB」なところも気になった。

OPのスタン・リーヴァージョンに1点追加!感動した!
Dream kerokeroさん [映画館(字幕)] 4点(2019-03-17 20:37:47)
3.アベンジャーの繋ぎと言うことで鑑賞。フューリーが若くてツルツルとか映像がどうこうは省きます。
ブリー・ラーソンが可愛い。その一点に尽きるかな。走るシーン、戦うシーンがいちいちボテボテしていてカッコ悪く、彼女の評価が下がらないかと心配になるところも。自分探しからヒーローとしての覚醒、仲間との団結と物語は正に王道。

しかしスタンと新(元祖?)キャップとの笑顔のやりとりが印象的で込み上げるものがありました。
毎度のことになりますが、マーベル単発1作目と言うことで次作に期待の一本ですね。
Kの紅茶さん [映画館(字幕)] 6点(2019-03-17 14:45:15)
2.《ネタバレ》 マーベルコミックらしい作品。演出含めて。X-MENジーンとかアイアンマンペッパー連想した。女性の強さにフィーチャーした感じかな。主人公キャロルはもちろん友人そしてその娘。敵味方が逆転したのはサプライズだったけど脚本は素直な感じ。ジュードロウサミュエルⅬジャクソンの2大スター出演のおかげでぐっと締まって大作感がでる。吹替みたけど竹中直人さんは本人が浮かんでちょっときつかった(笑。
タッチッチさん [映画館(吹替)] 6点(2019-03-16 15:11:32)
1.《ネタバレ》 キャプテン・マーベルといえば、DCコミックスに在籍するキャプテン・マーベル、AKA=シャザムを思い出す人もいるだろうが、本作はMarvelコミックスの女性の方のキャプテン・マーベルである。
(シャザムはシャザムで来月「シャザム!!」でDCEUに合流する)

さて、衝撃的な形で参戦が決まったキャプテン・マーベルだが、MCU初の女性ヒーローの単独主演作として制作されている。
マーベルスタジオ社長の発言や主演ブリー・ラーソンのストロング・パーソナリティも相まって、公開前からコントラバーシャルな一面が強調されたのも話題となっているようだ。
といったものの、僕個人はアメコミ映画を観に来たただのおっさんなので、そいうった論争には加わらず純粋に作品を楽しむことにする。

まず、ブリー・ラーソン。
可愛いじゃないですか。アカデミー賞も受賞し、その演技力は言わずもがなだが、ここにきてこんな素敵な笑顔を披露するとは嬉しい驚きである。
そして最新技術で若返ったサミュエル・L・ジャクソン。
「アベンジャーズ」では強キャラ感を醸し出してるが、本作では愉快なおじさん。シリーズを追いかけているとこういうギャップも楽しめて面白い。
フューリーのアイパッチの理由の酷さよ。

ジュード・ロウが敵で、ベン・メンデルソーンが味方という配役も意表を突く。スクラル達を「一見したところ間違いなく悪者」と思わせるから、終盤の彼らのぐう聖ぶりが本作のメッセージ性を強めた。戦争という難しい局面を絡めて、ヒーローが追及すべき正義を考えさせてくれる。見た目で判断してスマン、タロスご一行。

余談だがタロスは、メンデルソーンがオーストラリア出身ということもあり、オーストラリア英語しゃべっていたが、変身したらしっかりアメリカ英語になっててちょっとおもしろかった。


話を戻すと、本作はいわゆるヒーロー誕生映画である。
ヒーローものに不可欠であるが故、既視感バリバリの危険なパートとも取れるが、本作は打開策としてミステリ映画的なアプローチを試みている。

謎が解ける過程で、「何も知らずに使われてきた者が、真実を知ったうえで自分の判断を下す」というテーマや、「強い女性」を表現することに繋がる仕掛けも良い。
面白さとメッセージ性を両立できている。

印象的に用いられる90年代設定も、他作品との差別化になるいいスパイスになった。
店舗型レンタル店の時代に、Netflixを圧倒していたブロックバスターに墜落する辺りから面白い。
アメリカにおいて「今では見かけないけど当時は当たり前だったもの」を最初に引っ張り出してきて、一気に空気感を伝えてくれる。
Windowsのローディングのあの遅さも今となっては笑い話か。


もちろん、ある種インフィニティウォーの答えとも取れる位置にある本作は、壮大なMCUの世界観の面白さも全面に押し出してくる。
先にも述べたニック・フューリー以外にも、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」での大ボスが本作にも登場するなど、シリーズファンなら尚更楽しめる作りだ。

惜しい点としては、これらの要素が上手くまとめられていないため、全体としてみると少しバランスが悪いところか。
ミステリ展開で仕掛けてきた割に、敵がクリーと分かったとたんに普通のアクション映画の趣になってしまったり、90年代とSF映画のミスマッチな雰囲気も中盤以降は弱くなったりと、全体としての統一感に欠ける印象だった。

同じく地球文化とSFの両方を扱い、さらにシリアス・ギャグ・アクションの調和を満たす「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の好例があるので、少し厳しくなってしまったかもしれないが。


演出についても力が入り過ぎな印象。マリア・ランボーの庭での会話シーンは、環境音・BGM・役者の演技がどれも全面に出てきてしまい、逆に発信する力が散漫に感じた。
終盤では「何度挫折してもその度に立ち上がってきたキャロル」をカットとブリー・ラーソンの演技だけで表現するなど、キラリと光る部分もあったので、こういう部分でも差別化していけると良かったと思う。
削ることによって、より印象的に伝わることもあるものだ。

脚本は「スクラル人説明下手か!!」というツッコミに尽きるが、大目に見よう。構成や演出に精細を欠く場面もあったが、MCUのパワーで最終的には満足させてくれる。次作への布石も挿入され、まだまだ目が離せないシリーズである。

それにしてもキャプテン・マーベルの強さは何だ。「エンドゲーム」ではまさにゲームチェンジャーを担うのだろうが、体当たりで戦艦を破壊するようなヤツと闘わないといけないサノスさんが逆に心配でしょうがないのだが。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2019-03-08 13:43:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
416.25%
516.25%
6531.25%
7743.75%
8212.50%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS