君は月夜に光り輝くのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 君は月夜に光り輝く
 > (レビュー・クチコミ)

君は月夜に光り輝く

[キミハツキヨニヒカリカガヤク]
2019年【日】 上映時間:101分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-15)
ドラマラブストーリー小説の映画化
新規登録(2019-01-04)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-03-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督月川翔
キャスト永野芽郁(女優)渡良瀬まみず
北村匠海(男優)岡田卓也
松本穂香(女優)岡田鳴子
優香(女優)岡崎
長谷川京子(女優)岡田恭子
及川光博(男優)深見真
今田美桜(女優)平林リコ
脚本月川翔
音楽北原京子(音楽プロデューサー)
主題歌SEKAI NO OWARI「蜜の月 -for the film-」
製作市川南〔製作〕
プロデューサー山内章弘(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.「世界の中心で愛を叫ぶ」辺りから連綿と受け継がれてきた難病少女とその子に恋する男子というシチュエーション。
“セカチュー“や“キミスイ“など、タイトルが略される事が多いが今作もまた御多分に漏れず“キミツキ“と略すようだ。しかも公式設定。

しかし、これほど色んな作品があればもう大体同じような展開になってしまうものだが、新次元のこの映画ではもはや架空の“発光病“という奇病が登場しており、あと『余命0』というのが最大の売りのようだ。しかし、余命0とはなんやねん、もう死んでる奴じゃん!もしや幽霊なのでは?と予告の時点でそこまでまで深読み推理してしまったのは私ぐらいだろうが、しかしそれは単に宣告された余命を過ぎてもまだ生きてますよというだけの話であった…。

いやぁ、奇病である事の意味はそんなに重要ではなく、やっぱりいつも通りのどこかで見たことある展開の連続でもう安心だたね。
ただ、昔の作品では思い出作りの為に無理矢理病人を外に連れ出すという乱暴な展開が多かったが、SNSの登場により無理せずとも病室に居ながら色々体験した気になるというのだからそこは現代ならではの設定で良かった。

永野芽郁はひたすら可愛く、北村匠海はひたすら格好いい。それだけでこの映画を語るには十分な気がする。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 6点(2019-03-26 21:27:01)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS