おとなのけんかのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > おとなのけんか
 > (レビュー・クチコミ)

おとなのけんか

[オトナノケンカ]
Carnage
2011年【仏・独・ポーランド】 上映時間:79分
平均点:6.82 / 10(Review 60人) (点数分布表示)
公開開始日(2012-02-18)
ドラマコメディ戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2012-03-12)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2012-08-08)【3737】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロマン・ポランスキー
キャストジョディ・フォスター(女優)ペネロペ
ケイト・ウィンスレット(女優)ナンシー
クリストフ・ヴァルツ(男優)アラン
ジョン・C・ライリー(男優)マイケル
ジュリー・アダムス〔女優・1926年生〕
深見梨加ペネロペ(日本語吹き替え版)
岡寛恵ナンシー(日本語吹き替え版)
山路和弘アラン(日本語吹き替え版)
山野井仁マイケル(日本語吹き替え版)
脚本ロマン・ポランスキー
音楽アレクサンドル・デスプラ
撮影パヴェル・エデルマン
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
美術ディーン・タヴォウラリス(プロダクション・デザイン)
衣装ミレーナ・カノネロ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.面白かったです。役者の演技が素晴らしかった。4人の俳優がキャラクターをそれぞれ見事に演じきっていました。「おとなのけんか」ならではのあのピリピリ、チクチクした雰囲気や台詞など流石と感じました。ロマンポランスキーってこういう映画も撮るんですね。
ギニュー隊長★さん [DVD(字幕)] 7点(2014-10-14 12:44:45)
39.《ネタバレ》 とある平日の昼下がり――。平凡な日用雑貨品を扱うお店を営んでいるロングストリート夫妻のマンションに、日夜訴訟や裁判に追われているエリート弁護士カウアン夫妻が訪ねてくる。目的は、お互いの子供同士の些細な喧嘩によって怪我をさせてしまったロングストリート家の息子のことを話し合うため。だが、徹底的に価値観の違うこの夫婦の話し合いは見事なまでに噛み合わない。どころか、お互いの本音と建前が見え隠れする遣り取りは次第にヒートアップしてゆくことに。さらには、夫と妻の長年溜めに溜め込んだ双方の鬱憤が露わになり、穏やかな話し合いで終わるはずだった会合は、どんどんと修羅場へと化してしまうのだった…。エゴとプライドが複雑に交錯するとある二組の夫婦の次第にエスカレートしていく〝おとなのけんか〟を、アカデミー賞の栄誉に輝く実力派の役者陣が軽妙に演じたシニカルなホームコメディ。昔から、ロマン・ポランスキーってあんまり好きな監督じゃないんだけど、これまでの彼の作風からがらりと変わったこの作品は、いい感じで肩の力を抜いて撮られたのか最後までなかなか興味深く観ることが出来ました。いやー、大人ってほんと面倒臭いね(笑)。プライドだけはやたらと高い妻たちと、自分のことを常に正しいと信じて疑わない横柄な夫たちとのうんざりするような口喧嘩が延々と繰り広げる本作の展開は、全うな親戚付合いをしている人なら誰しもが経験したことがあるであろう普遍的なもの。ここで酒でもかっ喰らって本音をぶちまければどんなにかスカッとするだろうって誰もが一度は願ったであろう願望を、彼らは見事に実行に移してくれます(ケイト・ウィンスレットにいたっては、実際にゲロっちゃうしッッ笑)。ジョディ・フォスターをはじめとする魅力的な役者陣のこの息が詰まるような濃厚な演技合戦はとっても見応えがありました。ここまでの修羅場を演じたこの4人、明日から無事に元の生活に戻ることが出来るのでしょうか?本音でぶつかり合った結果、案外結束が強まったりしてね。でも、この面倒臭~い諍いはやっぱりこれから先も続いていくだろうことを、最後、復活したケータイが再び鳴り始めることで暗示して終わるという最後までシニカルな笑いに満ちた作品でありました。まさに、大人のためのホーム・コメディ。僕の心が比較的穏やかな状態のときに観れたおかげかけっこう面白かったっす。ラストに映し出される、仲直りした子供たちや元気に跳ね回るハムスターには心底ホッとさせられたしね。ただ、遺産相続などで揉めに揉めているときなんかには観ないほうがいいかもです。ますます心が病むこと間違いなし(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2014-10-06 10:34:39)
38.《ネタバレ》 子供のケンカに親同士が大人の対応で話し合いを始めたものの、次第に感情むき出しの諍いに。
ギスギスした雰囲気がたまらなくリアル。
論点がズレて話が一向に前に進まないのがイライラ感を募らせる。
自分の考えを押し付け、無神経な言葉が飛び交い、つっかかっては話が逸れていく。
まるで「朝まで生テレビ」の不毛な議論を見るようだ。

皮肉屋で余裕をかましていた弁護士が、妻に携帯を水没させられ慌てふためく様子がおかしい。
ラストで子供たちが仲良く遊んでいる様子と愛嬌たっぷりのハムスターの姿に、大騒ぎしていたのは大人だけとの皮肉が効いていてオチもばっちり決まった。
思わずニンマリしてしまうよくできた大人のコメディ。
ポランスキー監督にこういう作品のイメージがなかったのでビックリ。
約80分の短い映画だが、ストーリー自体は起伏に乏しく会話主体のワンシチュエーションなのでこれ以上長いとダレる。
一時間にまとめてもいいくらい。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2014-08-22 23:49:15)(良:1票)
37.面白かったけれど、もうひとつ突き抜けるものがない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-19 01:37:49)
36.《ネタバレ》 なんともいや…すごいというか、ここまでやるか…というか、欧米人(アングロサクソン)のすさまじさに呆れるし、脱帽もする。日本人などが想像もできないほど思弁的で感情的だ。ため息が出るほどの違いだ。子供のケンカに端を発して二組の夫婦が事後処理に集まるが、収拾がつかなくなる。それどころかますますエスカレートして、二家族の間、二つの夫婦それぞれの間、4人の大人それぞれが入り乱れて喧嘩しはじめる。子供同士はなんなく仲直りしたことが最後に示唆されているが、少しもめでたくはない。最後には全員が消耗しつくし、くたくたになって果てるが、終わりではない。そのことは花瓶に投げ込まれて故障していたはずのケータイが復活して最後に鳴りはじめることでも分かる。じつはこの小道具がこの劇の隠れた舞台回しをやっていた。悪辣な製薬会社の顧問弁護士をやっているケイトの夫に何度もかかってきて、4人の話し合いを中断させる。これが訴訟社会・競争社会である外の世界を思い知らせている。劇の進行と会社に入れ知恵する男の助言がぴったり合っている。原題はCarnageとのことだが、これは「修羅場」か、それとも「リベラルな」ジョディが話すスーダンの「大量虐殺」も暗示してるのか。つまりそういうアフリカの現実ほどわれわれは荒んでいるということか…。たしかにこれはやり過ぎでもある。最後の三分の一くらいになると、もうやめてくれと言いたくなる。しかしそれは私の甘さかもしれない。酒も入り四人をズタズタにすることが監督の狙いだったのかもしれない。とにかくすごかった。わたしの好きなケイト・ウィンスレットが立ったまま大量のゲロを吐く。あの演技はあらかじめ口に含んでいるだけではできないはず。胃から吐き出したとしか考えられない量だ。あのシーンを抜きにしても、すべてが徹底していた。まったく毛唐のやることは…、明治人ならこうつぶやきたくなるような、そんなすごい映画だった。
さん [DVD(字幕)] 8点(2014-07-20 15:27:52)
35.おとなってめんどくせぇって思う映画。
ドンマイさん [DVD(吹替)] 6点(2014-04-16 01:36:11)
34.この映画の美徳はセリフと展開のテンポ感と上映時間の短さです。ギャグがテンポよく連発され、心地よく爆笑させてもらいました。それにしても、ポランスキーにこのようなコメディ映画が作れるとは驚きです。
カニばさみさん [映画館(字幕)] 9点(2013-08-16 14:52:31)
33.《ネタバレ》 あー面白かったぁ~
いかにもアメリカ的なコブラーという焼き菓子、日本でいったら鬼まんじゅうですな。
ジョディオリジナルのコブラーは見るからにまずそうで、それを4人でバクバク食べ始めたあたりから、相当ブラックなコメディなんだろうと感じました。
ハムスターも子供二人も何事もなかったように愉しんでるラスト、これが答えというか
全てですね。オープニングもラストも子供たちを遠くから見ているようなカメラワークが素晴らしいです。
「おとなのけんか」はシニカルな大人の映画でした、ただピークをゲロにしちゃったのが残念、これがなければ9点でした。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-08-01 15:33:40)
32.ほとんど4人が一部屋で繰り広げるセリフ劇。
こんなことあるある、というよりはどうもどの人にも感情移入が出来なくて、
単純な私にしては珍しい一編かなと。
文化や宗教がどうの、というのではないと思うし・・なんて考えているうちに、
そうかあ、こんなことあんなこと考えさせる映画は私にとってはやっぱり
印象深かったのだけは確か!という結論でした。
あんまり笑えなかったのは残念だったけど4人ともうまいねえ;
AKOさん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-06 22:27:32)
31.《ネタバレ》 子供の喧嘩は後腐れがありません。殴り合いをしても、その後は仲直り。喧嘩前より仲良くなっているくらい。ところが大人の喧嘩はそうはいきません。しこりが残る。手打ちをしたはずなのに、顔を合わせると気まずい。だから大人は極力諍いを避けようとするのだと思います。以上自分の実体験(汗)。不思議だなあと思います。何故大人は喧嘩が下手になってしまったのか。本作を観るとその理由が分かる気がしました。子供の喧嘩は争点がピンポイント。戦い終わればノーサイド。ところが大人は違います。自身の存在全てを賭けた戦いに発展してしまう。そもそも関係ない話まで争点に組み込んでしまう。子供の喧嘩がスポーツの試合なら、大人の喧嘩は戦争。いやー大人は面倒くさいですわ(笑)
目隠シストさん [DVD(吹替)] 7点(2013-03-14 19:24:14)(良:1票)
30.《ネタバレ》 正味75分程の短い映画。いかにも戯曲の映画化らしく舞台はほぼマンションの一室に限られる。初めはピリピリした空気に重さを感じていたけど、これがだんだん笑えるようになってくる。4人それぞれキャラクターが立っていて、単にロングストリート夫妻vsカウワン夫妻でなくなってくるのが特徴。と言っても決して「こんな奴いないだろ」というような演出は無く、「あるある」「わかるわかる」と思えたからこそ、面白かったのかな。シュールなオチも必見。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-02-20 20:17:11)
29.水を得た魚のようにロマン・ポランスキーの傑作喜劇は、まるでコント!これが「おとなのけんか」か?「吸血鬼」から四十数年ぶりですが大いに楽しませてもらいました。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-02-18 01:23:15)
28.もともと舞台であったものを映画化したらしいですが、これ以上長かったら点数はもっとひくかったかもしれません。
こどものけんかを話しているうちに、全く関係ない話題になる過程は、「たばこの害について」の現代版かもしれませんね。
タイミングよく鳴ってくれるケータイには笑えたけど、ジョディの演じる役柄は日本人の感覚にはあてはまらないので、やはりこの映画は舞台なんだなぁと、ちょっと引いてしまいました。
クロエさん [地上波(字幕)] 6点(2013-02-17 01:10:45)
27.《ネタバレ》 コメディの舞台を観ているような映画。ゲロから一気に話が脱線気味になり、子供のケンカは関係なくなってましたね。なぜか夫同士が仲良くなっているところやみんなで上等な酒を飲み出すシーンは面白かった。ケイトがまたやらかさないかずっと心配になってました。最後はハッピーエンド?でよかったです。
とむさん [DVD(字幕)] 4点(2013-02-12 00:08:58)
26.《ネタバレ》 コメディと知らず、人間ドラマと思って観始める…すると開始15分頃、登場人物にまともな奴がいないことに気づき、エレベーターに乗ろうとしても全く乗らずに引き返す件のあたりで気付きました。
「あ、これはコメディ映画だったのね…」と。

台詞回し、立ち位置の素早い展開、お見事でした。あっという間の80分。一気に観れました。
おれおれ41さん [DVD(字幕)] 8点(2013-01-27 22:39:52)
25.予告編に釣られ、観たのだが..お笑い芸人がやるコント並みの内容..しかも、大して面白くない..台詞は多いし、字幕を読むだけで疲れてしまう..時間が80分弱と短かった事だけが救い...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 5点(2013-01-19 17:52:43)
24.《ネタバレ》 面白いんだけど、息抜きの映画の中まで、こんなギャーギャーわめく映画はつらい・・
面白いんですけどね。
トントさん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-04 15:07:02)
23.ポランスキー好きとしてはコメディを作らせてもこいつは天才だと思わせるくらいの最高の出来。「ゴーストライター」といい完全復活はもうすぐか!
amierさん [DVD(字幕)] 9点(2012-12-26 18:36:41)
22.《ネタバレ》 アイディアがいい。一部屋で4人の夫婦がおとなのけんか。
日本でだったら子供の喧嘩というか、怪我の話し合いに親が夫婦で集まってしかも加害者側の親が結構でかい態度…なんてありえない。(最近はそうでもないか?)
最初っから良識のある大人のようでいてなんか・・・ひっかかる感じをじわじわと出してきてケイトのげ○で一気に加速。
クリストフ・ヴァルツってイライラさせる名人だなあ。
ジョディもどんどんこめかみに血管が・・・怖いよう。
この二人が名人っぽかったけど、脚本がそうなのかな。配役を変えてみても面白いかも。みんな芸達者だから結構はまるかも。
しかしなぜに何度も帰ろうとして帰れなくなるんだろう…不思議。ほんと脚本うまいわ。
そしてそろそろこの人たちやばくない?と思い始めたとき唐突に終わる。まあいつまでもやっててもね。
最後のハムちゃんがいい味出してた。後味が一気によくなったです。
ぺーこさん [DVD(字幕)] 6点(2012-12-05 00:20:47)(良:1票)
21.《ネタバレ》 面白い。90分ずっと4人で口論してるだけなのに。
・・・が、ゲロは無くて良かった。ゲロ無しなら8点つけてた。
ゲロのせいで人に薦めづらい。
虎王さん [DVD(字幕)] 7点(2012-11-28 10:46:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 60人
平均点数 6.82点
000.00%
100.00%
200.00%
311.67%
435.00%
523.33%
61525.00%
72236.67%
81321.67%
946.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.60点 Review5人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.20点 Review5人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS