皇帝ペンギンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 皇帝ペンギン
 > (レビュー・クチコミ)

皇帝ペンギン

[コウテイペンギン]
The Emperor's Journey/March of the Penguins[米]
(La Marche De L'empereur)
2005年【仏】 上映時間:85分
平均点:5.91 / 10(Review 54人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-07-23)
ドキュメンタリー動物もの
新規登録(2005-06-03)【ヴァッハ】さん
タイトル情報更新(2008-09-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リュック・ジャケ
ロマーヌ・ボーランジェ母ペンギン(フランス語版)
シャルル・ベルリング父ペンギン(フランス語版)
ジュール・シトリュック子ペンギン(フランス語版)
モーガン・フリーマンナレーター(英語吹替版)
石田ひかり母ペンギン(日本語吹替版)
大沢たかお父ペンギン(日本語吹替版)
神木隆之介子ペンギン(日本語吹替版)
脚本リュック・ジャケ
主題歌Chara「光の庭」(イメージソング)
配給ギャガ・コミュニケーションズ
あらすじ
皇帝ペンギンたちは産卵のために南極の聖地へ向うため、なんと100キロ近くの距離を行進する。産卵を終えると、卵を父ペンギンに託した母ペンギンは、エサを求めて再び行進を開始する。そのあいだ父ペンギンはマイナス40度の極寒の場所で半年ちかく絶食状態で卵を守り、妻が戻ってくるのをひたすら待ち続ける。異色のフランス映画、そして命がけの天然ラブストーリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
54.《ネタバレ》 NHK、あるいは日本でも見ることが出来るBBCなど海外の製作のドキュメンタリーなど、
ペンギンの生態を追うドキュメンタリーを見る機会は少なくない。
その中でも本作はペンギンを擬人化したナレーションをつけた異色作です。
これは評価が分かれるところであり、実際にアメリカ公開版は
オリジナルの擬人化ナレーションを採用せず、モーガン・フリーマンが新たにナレーションを担当しました。
見比べてないのでどちらが良かったのかは分かりませんが、夫婦が愛を語るフランス語の響きは映画的であり詩的でもある。
時にはロマンティックでもあり、赤ちゃんペンギンの姿とそのナレーションは微笑ましくも危険がいっぱいで不安げ。
過酷な氷に覆われた南極で大移動をし子育てをする彼らの中には途中で仲間とはぐれたり力尽き倒れる者もいる。
天敵に付け狙われ怯えながらも逞しく成長していく赤ちゃんペンギンの姿も本作は優しく見つめる。
製作者がペンギンの心に寄り添おうとする優しさが随所に感じられる作品です。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2016-08-23 20:10:10)
53.コウテイペンギンが種の存続のために続ける、海岸から内陸までの行進、ブリザード吹きつけるなかの絶食待機…。なにか儀式的な、理不尽な苦行のようにしか見えなかった。そんな生き方しか選べなかったのか?生物はそこまでして生き続けなければならないのか?コウテイペンギンの極限を生きる生命力には驚嘆するが、生まれ変わってもコウテイペンギンにはなりたくない。それにしてもペンギンはカメラ目線などしないし、極寒のなか撮影を続けたスタッフのことはまったく意識させない編集だった、そっちだけでもひとつドキュメンタリーが作れそうな気がする。
さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2012-06-24 16:21:16)
52.《ネタバレ》 皇帝ペンギンの子育てストーリーは過酷で壮大なものでしたが、ペンギン目線のナレーションがしっくりこなかった。正直、映画としては微妙でした。
civiさん [地上波(吹替)] 4点(2012-01-08 15:28:51)
51.美しい南極の映像とかわいらしいペンギンたち、BGVとして音声を消して気に入った音楽を流して見ている分には、とても良い映画だと思います。いろいろなドキュメンタリーで似たシーンは見ていますが映画として集めたフィルムだけあって感動します。この映画に言葉は不要です。ましてペンギンの気持ちになって説明するのはなおさらです。風の音と水の音だけでもいいと思いました。
omutさん [地上波(吹替)] 5点(2012-01-03 20:58:32)
50.《ネタバレ》 某DVD屋さんで「皇帝ペンギンをお願いします」「はい、わかりました」で意気揚々と家に帰って見たら意外にも下ネタや卑猥なギャグが連発。みなさんのレビューを見て何かおかしいと思って(気付かなかったのか)パッケージを見たら「童貞ペンギン」。想像してください「・・・・・・・」その時の僕の気持は南極に立ち尽くす雄ペンギンの姿でした。ただこの「童貞」と「皇帝」の2作品を見て思った事は、動物の営みを人間がどう解釈するかは自由だということ。見方を変えれば下ネタにも感動物語にもなる。映画というものは「出来事(現実架空問わず)に意味を与える」エゴという名の芸術なんだと僕は思う。実際のところペンギンは鳥類だから子育てなんて愛情でなく本能だと思うが、動きまわるペンギンを玩具にとったフィクションの感動物語とすれば、映像といい「奇跡の海」に通じる不条理な世界で不条理ながらも一途に突っ走る登場人物の姿を垣間見れる物語といい、悪くはないと僕は思う。
はち-ご=さん [DVD(吹替)] 8点(2008-10-24 23:09:21)
49.《ネタバレ》 『WATARIDORI』や『ディープ・ブルー』でも、一体どうやって撮影したんだろう?と思うような映像で楽しませてくれたリュック・ジャケ監督。本業は動物行動学者だそうで、そんな仕事にでも就いてなければ目にすることの出来ない、生命の賛歌を見せていただけたのは貴重な体験でした。ブリザードの中ペンギンたちが体を寄せ合い、内円と外円を交代しながら中心にいる子どもを守る姿を見ると、座席一つ譲り合えない人間はなんてバカなんだろうと思ってしまふ。彼らにとっては本能のまま繰り返してきた営みでしょうが、その「不器用ですから」って生き様にはいろんなことを考えさせられました。が、やっぱりあのナレーションはなし。短い足でトコトコ歩く面白可愛いペンギンの姿に、感動的な"台詞"を重ねられてもなんか困る。ここで感動しないとまずいでしょうか?って感じで。南極の自然の過酷さは、わざわざ音楽で盛り上げてもらわなくても見ればわかる。当たり前のことを当たり前にやっているペンギンの姿から、何を感じようとそれは個々人の自由じゃないだろうか。
ドキュメンタリーを演出するのは『華氏9/11』から始まったブームなんだろうけど、あの映画にはプロバガンダという目的があった。でもこの映画は動物
kikaさん [DVD(字幕)] 4点(2008-10-05 21:52:14)
48.全種類のペンギンの中で皇帝ペンギンがやっぱり一番かわいくて、カッコイイです
N.Y.L.Lさん [DVD(吹替)] 5点(2008-10-01 01:45:23)
47.子供のために借りましたが、子供:「興味ありそうにじっと見ていました(1歳2ヶ月なので感想は聞けません。)」自分:「教育番組でやってるような内容を何故に映画で・・・?」。点数は自分の観点です。
きままな狐さん [DVD(吹替)] 1点(2008-05-22 18:53:46)
46.《ネタバレ》 かわいい。必死に生きていくペンギン達の姿は美しい。ずっとずっと皇帝たちの行進が続きますように。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-03-25 12:24:02)
45.一度みただけではその深いメッセージ性やドキュメンタリズムは伝わりにくいかもしれない。期待が大きかった分、短さにも不満。DVDでは環境BGVとして。可も無く不可もなく。可愛いので5点以下はつけられません。
460さん [DVD(字幕)] 5点(2007-07-24 01:07:11)
44.胡散臭い環境保護系メッセージなんか入れず、純粋に皇帝ペンギン達の種の保存に焦点を絞ったのが良い。彼らが20日間かけて100kmもの道のりを行進するのも、父親が3ヶ月以上絶食するのも、-40℃の極寒にひたすら耐え続けるのも、全て子孫を残す為。子供をもうけ、一人前に育て上げるというのは命がけの仕事だということを改めて考えさせられました。「不健全」の代表みたいな私が書くのもなんですが、やはり子供を持つということは生物として非常に「健全」だと思いましたね。また、擬人化したナレーションという「演出」が施されてますけど、「WATARIDORI」みたいな嘘臭さは感じず、「子孫を残す」という本能をそっくりそのまま「ヒトの恋愛」に当てはめられるのが楽しい(出来ればフランス語&字幕で観て欲しい。英語や吹替えより、ずっとロマンティックな印象になる筈)。そして全編をメルヘンチックに彩るエミリー・シモンの楽曲がまた最高でした、8点献上。
sayzinさん [DVD(字幕)] 8点(2007-05-22 23:02:44)
43.《ネタバレ》 ほのぼのほんわかだけど、厳しい自然の中で懸命に生きていくペンギンたちの姿を切々と綴ったドキュメンタリー映画。何匹ものペンギンが体を寄せ合って温め合うシーンは印象的。
獅子-平常心さん [映画館(吹替)] 5点(2007-01-25 00:27:21)
42.単調、単調、アンド単調。
たろささん [インターネット(字幕)] 3点(2007-01-23 20:42:05)
41.動物ドキュメントものって、見ていて楽しいし、すごいなぁって思える作品ばかりだけれども、どうしても単調になりがちで途中で飽きがきてしまうものが多い。けど、この作品はストーリーがしっかりしており飽きずに最後まで鑑賞できた。ペンギンってスゲーなぁ。
はりねずみさん [DVD(吹替)] 6点(2007-01-14 01:38:07)
40.ドラマ性を醸し出すために無理矢理ペンギン夫婦に愛を語らせる設定、ナレーション、セリフが、少々気恥ずかしいです。普通にドキュメンタリー風にナレーション付けた方が無難だったと思いますけどね。普段、ナショナル・ジオグラッフィクやアニマル・プラネットなどの有料チャンネルのドキュメンタリーをよく観ている私のような人間には、特に高いお金払ってみるほどのものか?という気がしなくもないですが、過酷な環境で健気に生きるペンギンさんたちに敬意を表して6点です。それにしても、自分に来世があるとしても、ペンギンだけは嫌だなあ。
(^o^)y-~~~さん [DVD(吹替)] 6点(2007-01-03 01:31:36)
39.ほのぼのほんわか。まぁこういうもんだと思っていたので、ハズレ無し。
misoさん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-31 18:27:59)
38.ペンギンの生態をフランス仕立てのラブストーリーに置き換えるのは少し苦しい。
お母さんペンギンが一旦海へ離れ、どうやってあの群れの中から
また同じお父さんペンギンとお子様ペンギンを見つけられるのかちょっと疑問。
たぶんかなりの確立で育てるのは自分の産んだ子供ではないんじゃないか。
でも群れることであの極寒の環境をなんとか生きるペンギンたちは、
群れ全体が家族なのだと思う。環境が生態を作る。
環境に適応できる者が生き残れることは、人間も同じだ。
michellさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-28 23:30:08)
37.人間って無駄なことまで考えるから、一番大変な生き物だって考えてた僕に、生きてて苦労するのは、てめえら人間だけじゃないんだぞってペンギンさんたちが言ってきた気がした。
SOSさん [ビデオ(吹替)] 5点(2006-07-29 10:22:08)(良:1票)
36.走り高跳び並の高いハードルを設定して待っていたが、見事に玉砕した。悪くない。悪くないんだけども、何を見せたかったのか、焦点を定めるのに失敗したかな。確かにペンギンは可愛い。南極は美しい。大自然は厳しい。そのいずれかに的を絞らず、全部見せようとしちゃったんだね。それでもいいけど、全部見せたいならもうちょっと練り込まないとね。まあその短い脚に、こんなに高いハードルを持ち出した僕も悪いんだ。ゴメンね。
C-14219さん [DVD(字幕)] 4点(2006-07-27 13:32:47)
35.まさに大自然の驚異です。ペンギンの恐ろしく無駄に見える行動も、自然の摂理なんです。人間様にはとっても無理です。でもNHKでやってる動物関連の番組の方が面白いかな?評価的には普通でした。
はむじんさん [DVD(字幕)] 5点(2006-07-26 22:16:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 54人
平均点数 5.91点
000.00%
111.85%
211.85%
311.85%
4712.96%
51018.52%
61222.22%
71425.93%
8712.96%
911.85%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.88点 Review9人
2 ストーリー評価 5.80点 Review10人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review10人
4 音楽評価 6.09点 Review11人
5 感泣評価 5.33点 Review9人
chart

【アカデミー賞 情報】

2005年 78回
ドキュメンタリー長編賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS