スプラッシュのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スプラッシュ
 > (レビュー・クチコミ)

スプラッシュ

[スプラッシュ]
Splash
1984年【米】 上映時間:109分
平均点:7.09 / 10(Review 81人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-09-08)
ドラマラブストーリーコメディファンタジー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-11-19)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロン・ハワード
助監督ダグ・メツガー(第二助監督)
キャストトム・ハンクス(男優)アレン・バウアー
ダリル・ハンナ(女優)マディソン
ユージン・レヴィ(男優)ウォルター・コーンブルース
ジョン・キャンディ(男優)フレディ・バウアー
ジョディ・ロング(女優)リポーター
ババルー・マンデル(男優)ルディ
クリント・ハワード(男優)結婚式の招待客
ローウェル・ガンツ(男優)ツアーガイドのスタン
ランス・ハワード(男優)マックロウ
ビル・スミトロビッチ(男優)ラルフ・バウアー
チャールズ・マコーレイ(男優)社長
美保純マディソン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
三ツ矢雄二アレン・バウアー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
広川太一郎ウォルター・コーンブルース(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
青野武フレディ・バウアー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
京田尚子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
村松康雄(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
飯塚昭三(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石井敏郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
上田敏也(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ブライアン・グレイザー(原案)
脚本ローウェル・ガンツ
ババルー・マンデル
音楽リー・ホールドリッジ
編曲ブラッド・デクター(ノンクレジット)
撮影ドン・ピーターマン
製作ブライアン・グレイザー
配給東宝
特殊メイクロバート・ショート(ノンクレジット)
美術ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
ロバート・ショート(人魚デザイン)
編集ダニエル・P・ハンレイ
マイク・ヒル[編集]
スタントダニー・アイエロ三世
あらすじ
 子供の頃に海中で出会った謎の女の子。20年後、少年はすっかり大人になっていた。しかし、心の中に、忘れられない何かがある。そして、そしてはっきりとは覚えていないが謎の女の子と会ったあの岬へもう一度行ってみることに。そこで謎の女性に命を助けられる。その女性はいったいどこからやってきたのだろう。そして20年前の女の子との関係は・・・?  心温まるコメディタッチのファンタジーストーリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
81.《ネタバレ》 ストーリーもありきたりで、コメディーの割に面白みに欠ける。
なぜ主人公は人魚にあれだけ好かれたのか?満月までの6日だけ来れるのはどういう仕組なのか?といった部分は切り捨て。
また、人魚が結婚に最終的にYESと言った翻意の伏線が回収されていない。
単にヌードやキスシーンをひけらかしたいだけの映画のようにも見え、後味が悪い。
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 1点(2019-06-02 23:15:32)
80.《ネタバレ》 キュートなコメディ。トムハンクスが、偉くなる前の映画。そして、ダリルハンナが、めっちゃ可愛いい映画。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-03 19:10:36)
79.《ネタバレ》 水に濡れるとマーメイドってくだらなさは最高ですが、恋人が人魚と分かった時のアレンの冷め方は最低。ラストの決断で何とか持ち直しますが、巨漢の兄のせいか20代のトム・ハンクスのスリムな姿が印象的でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-12-04 21:05:56)
78.《ネタバレ》 設定に難があっても、演出とコンセプトで充分心をうつものになるいい例。
ハッピーエンドなんだけどみんな100%幸せになるわけではない。
兄は逮捕されるし、アレンは陸の生活を捨てることに。
それでもハッピーエンド。
ディズニーアニメの人魚姫よりよっぽどオリジナルの人魚姫らしいです。
ただギャグがだいぶ滑ってる。
CBパークビューさん [DVD(字幕)] 8点(2017-09-18 10:42:40)
77.久しぶりに観たけど、やっぱりダリル・ハンナは可愛い。ストーリーも特にひねりは無いものの、テンポよく進んで良い。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-08-11 00:26:00)
76.《ネタバレ》 若き頃のトム・ハンクス演じる青年と人魚、種族を越えた純愛をコメディタッチで描きます。透明感のある物語ですがひねりや深みはありません。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2014-01-04 00:50:37)
75.《ネタバレ》 気のいい奥手の主人公。わけありだけど無垢なヒロイン。ラストはやっぱりカーチェイス。初見なんだけど、懐かしい。劇場公開時、高校生だったワタシ。こういうのが良かったころがありました。だから、なんだか見ていて、ひたすら身のうちから恥ずかしい感じのする映画でした。
なたねさん [DVD(字幕)] 2点(2012-12-08 14:51:20)
74.数日前、DVDで「天使とデート」を見ていて思い出した本作。久々に見たいなあ、と思っていたら何という偶然!スカパーで今月やっているじゃないですか!という訳で早速鑑賞。

本作にも邦題を付けるならば「人魚とデート」ということになるでしょうか。別に比較する意味は無いけど、同じ時代に製作されたこの両作品を続けて見てしまったこともあり、何となく比べながらの鑑賞となりました。

最後の最後まで言葉を発しない天使と比べるとかなり早い段階で人魚は言葉を発するようになる。また、序盤から人間に天使と認識されるのに対し、人魚の方は人魚だと認識されるのはかなり後半になってから。よって存在の神秘性は天使の方が高い。

一方本作はコメディ色が濃く笑いドコロも多くなっています。特にレストランで大きな海老を殻ごとバキバキ食べるところは人魚のイメージと相反しますが、そうか、海で暮らしているんですよね。日頃の食生活を垣間見たようで?面白かったですね。

脇役キャラの絡みは本作が巧くいっており、特にジョン・キャンディがいい!こういう味のある存在感を見ているとコメディ好きとしては、ジョン・キャンディや同世代のジョン・ベルーシといった味のあるコメディアンが若くしてこの世を去られたのがつくづく惜しいなあと思うのです。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-04 15:11:31)
73.大好きなファンタジー映画です。当時にしては特殊メイクが凄かった。最近見ても見劣りしませんでしたよ。ダリル・ハンナが可愛いったらない。テレビ放映時の美保純さんで博士が広川太一郎さんだった吹替版も好きでした(笑) 同年代の同じ様な映画だと『天使とデート』も大好き♪
movie海馬さん [映画館(字幕)] 10点(2012-06-13 14:23:37)
72.《ネタバレ》 青年と美しい人魚のラブストーリー  基本ファンタジーなんだけど笑いポイントとのバランスがよくて… グイグイ観ちゃうね(笑) それは、やはり この素晴らしいキャスティングに尽きる T・ハンクス D・ハンナ このメイン2人はもちろん素晴らしいが 脇を固める兄貴(J・キャンディ)や科学者が最高!!   どうなるんだ?と思わせながらの 最高にハッピーでさわやかなエンディングに何故か目頭が熱くなりました  愛とは何なのか  幸せとは何なのか  マディソンが言う「戻ったら帰れない」理由を考えながら  美しい海の中を泳ぐ二人を観ていました  きっと撮影も大変だったでしょう  いやーいい映画観ました とても幸せな気持ちでいっぱいデス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2012-03-31 08:02:07)
71.《ネタバレ》  久しぶりにファンタジーを見ました。ファンタジーは、発想や設定に頼って、脚本やストーリーがずさんになるものもありますが、これは全然違いました。
 回転ドアや、箱自体をプレゼントと勘違いするシーンなど、笑いの演出は最高に好きです。ロブスターまるかじりも良かったです。
 単なるコメディ、ファンタジーだけでなく、正体がばれてしまうシーンはちょっとしたサスペンスです。それからの周囲の対応も素早く、展開も速く、ストーリーのバランスが最高に良くて楽しめます。
 27年前の作品ですが、古さをほとんど感じません。古臭さを感じるであろうまったりファンタジーを予想していたので、良い意味で期待を裏切られました。良い映画です。
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2011-11-13 14:57:47)(良:1票)
70.全裸+キス魔という、ここまで欲求不満な人魚のストーリー作っちゃうと、ホントに人魚からクレームがきちゃいそうだ。
たいがーさん [DVD(字幕)] 3点(2011-09-04 19:52:54)
69.ヒロインのキャラ設定がもろおとぎ話の世界なので、
都会を舞台にした現代にどう絡めてくるかがポイントになるんだろうけど、
やっぱりシナリオ作りの段階で、かなり苦労したんだなという印象。
主人公との間にグッとくるようなエピソードを作れなかったのか、
変な海洋学者がコメディーパートの大部分を担うことになり、
これが完全に浮いているうえにほとんど笑えない。演出もあまりよくないし、
終盤からラストにかけての展開が見えてしまったことも、全体的に今ひとつの要因だったのかも。
ファンタジー好きの人なら、楽しめる範囲の作品だとは思う。
MAHITOさん [ビデオ(吹替)] 4点(2011-08-08 11:05:10)
68.人魚の尾ひれは緑か青が好き。
akilaさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-04 20:01:18)
67.《ネタバレ》 久々に観てみれば、なかなか面白い。
トム・ハンクスは若くて精悍だし、ダリル・ハンナはキュートでピュアでセクシーで、人魚役にぴったり。ジョン・キャンディは、途中までハンクスの兄とは気が付かなかったけど、とにかく笑わせてくれるし、最後はいい味を出していた。海洋学者役のユージン・レヴィもいい人で良かった。
この4人の配役だけで、この映画にはストーリー以上のサムシング・エルスがあったと思う。ストーリーにも密やかな奥行(なぜ6日間なのかとか、なぜ一緒になったらもう地上の生活に戻れないのかとか)があって、僕は想像力を掻き立てられてけっこう楽しめた。

そうそう、最後にトム・ハンクスが海に飛び込むシーン。愛のために、ダリル・ハンナのために、全てをなげうって、人魚に手を引かれて竜宮城へ。なんとも80年代らしい無茶苦茶で無責任な展開だけど、実はそれがこの映画に一番惹かれるところなのかもしれない。
onomichiさん [DVD(字幕)] 9点(2011-01-17 22:11:13)(良:1票)
66.人魚役のダリル・ハンナがとても魅力的。トム・ハンクスや兄貴、科学者もとても良い味を出していた。ストーリーは王道だがラストは感動させられた。とても気持ちのいい作品です。
真尋さん [地上波(字幕)] 8点(2010-12-28 12:45:58)
65.《ネタバレ》 自分が生まれる前に公開された映画ですが、幼い時に母が観ていて、人魚が水槽に閉じ込められているシーンがとても綺麗で可哀想で、ずっと印象に残っていました。そしてだいぶ経ってから鑑賞することとなったのですが、小さいときにもらった宝物をみつけたときのようなキラキラした気持ちを思い出して嬉しくなりました(そういうわけで、点数にはキラキラ補正が入っているかもです)。
マディソンが声も含めてとても可愛らしく、現代のおとぎ話のような素敵な映画でした。
*まみこ*さん [DVD(字幕)] 10点(2010-12-04 03:23:15)
64.《ネタバレ》  とにかくキャストが素晴らしい映画ですね。ダリル・ハンナのルックス、スタイル、
そして鰭をつけて泳ぐ姿 まさしく人魚姫。
 トム・ハンクスも最近の彼しかしらない、自分にはこんな過去もとビックリです。
あと、兄貴もいい味だしてましたね。
rhforeverさん [DVD(字幕)] 7点(2009-10-10 16:07:24)
63.オープニングの黒光りする水面の美しさから期待度が上がっていきます。内容は壁や境界の多い純粋な愛を「人魚」と「人間」として描いたラブストーリー。人魚は出てくるけれど、コッテリファンタジーではなく、働く青年を中心に繰り広げられる恋愛ドラマと言った方がしっくりくるかな。人間同士の恋ぐらい頑張らなきゃと勇気をもらえます!
若かりし頃のトム・ハンクスと生き生きとしているジョン・キャンディ、キルビルのイメージのまったくない可愛らしいダリル・ハンナ、皆とても素敵で、女の子だったらなおさら、夢見ごこちになってしまうのでは…?
近頃の映画を見慣れてる人には返って新鮮な部分もあるかも知れない、一昔前の美しさや感じ方の深さをうまく表現出来ている(今となってはですが…)作品だと思います。
今やフルCGの映画も見られる時代。どちらも楽しめるいい時代に生まれた事に感謝です!
たたんこ☆さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-08-10 16:37:18)
62.《ネタバレ》 ラストが最高! 海底の町を見たときは思わず「おぉ~」と唸ってしまった。ファンタジー色の強い実写映画でこういう素直なハッピーエンドというのは、実は意外と少ないのではないかと思う。少なくとも自分は、二人が別れて“数年後・・・”みたいなのか、マジソンが人間として暮らしていくかのどっちかだろうと思ってました。このあと海底世界でどんな物語が起こるのかは分からないけど、結末がハッピーエンドであることだけは容易に想像がつきます。
Trunkさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2008-10-18 00:14:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 81人
平均点数 7.09点
000.00%
111.23%
211.23%
322.47%
433.70%
544.94%
61417.28%
72530.86%
81518.52%
967.41%
101012.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.20点 Review5人
4 音楽評価 5.50点 Review4人
5 感泣評価 6.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1984年 57回
脚本賞ローウェル・ガンツ候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1984年 42回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS