海は見ていたのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 海は見ていた
 > (レビュー・クチコミ)

海は見ていた

[ウミハミテイタ]
The Sea is Watching
2002年【日】 上映時間:119分
平均点:5.00 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-07-27)
ドラマラブストーリー時代劇パニックもの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-02-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督熊井啓
キャスト清水美砂(女優)菊乃
遠野凪子(女優)お新
永瀬正敏(男優)良介
吉岡秀隆(男優)房之助
つみきみほ(女優)お吉
河合美智子(女優)おその
野川由美子(女優)おみね
石橋蓮司(男優)善兵衛
奥田瑛二(男優)銀次
加藤隆之(男優)八番屋
土屋久美子(女優)向かいの女郎
原作山本周五郎『なんの花か薫る』『つゆのひぬま』(新潮社刊)
脚本黒澤明
熊井啓(脚本潤色)
音楽松村禎三
山本純ノ介(音楽補)
撮影沖村志宏(色彩計測)
製作宮川鑛一
石川博(「海は見ていた」製作委員会)
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(「海は見ていた」製作委員会)
テレビ東京(「海は見ていた」製作委員会)
日活(「海は見ていた」製作委員会)
製作総指揮中村雅哉
企画黒澤久雄
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
日活
美術木村威夫
安宅紀史(美術助手)
衣装黒澤和子(衣装デザイン)
編集井上治
照明矢部一男
その他目黒祐司(スチール)
吉川威史(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 吉岡君と永瀬君の二人が出ている時代劇は「隠し剣」の前にもあったんですね。
むしろ山田洋二監督が吉岡君の汚名挽回に創ったのでは、と思ってしまうくらいです。

この映画、自分は好きです。
黒澤さんの創りたかった映画なんですね。
自分には描けぬ世界はないと悔しがったからかもしれませんね。
それほど女郎たちの見てる世界はドラマ性に長けているんだと思います。

監督が熊井啓だというのも話題性をもちます。
なんで、熊井監督なんだろう?というのが正直な気持ちでしたが・・
トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2019-12-03 03:25:34)
16.音楽が映画の内容と全然合ってなくて、すごくちぐはぐな印象を受けました。音楽担当者は実際映画観たんですかね~?かなりギモン。皆さんかなり酷評されてますけど、俺は映画自体は悪くない出来だと思ったんですけど。ちゃんとした脚本があれば、多少の不備があっても大人の観賞に充分耐え得る映画が出来るっていう典型みたいな作品だと思います。
放浪紳士チャーリーさん 6点(2004-10-17 12:19:27)
15.う~ん。薄っぺらい感じがした。
あしたかこさん 3点(2004-10-02 06:22:58)
14.遠野凪子はとにかく演技が「ど下手」です。発声も全くできていないですね。アイドル映画じゃないんだから、しっかり艶技のできる女優さんを使って欲しいです。この手の映画は今までもたくさんあるし、もういい加減、いつまでも同じネタの焼き直しは止めてほしい。見る側と作り手の時代感覚が見事にずれているのでは?
たかちゃんさん 2点(2004-08-28 17:04:50)
13.遠野凪子にとても好感を持てた。でも永瀬正敏となぜそこまで心を通わせられたのか今いて伝わってこず、ラストに急いでいる感じがして腑に落ちなかった。ラストの洪水のシーンにはハラハラしたけどなぜか妙にラストだけ現代っぽい感じがしていまいち。
はげねずみさん 7点(2004-08-12 02:43:20)
12.遠野凪子は信じやすく、惚れっぽい健気な遊女を好演していたと思う。見るべき点はそれだけ。粋な世界を描こうとしたのだろうが、全く粋じゃない。まず、場違いな音楽が気に障る。吉岡は朴訥な感じで悪くないんだが、粋じゃない。永瀬は演技が大袈裟。清水美砂は姐御肌ではあるんだが、ちょっと元気が有りすぎて、妖艶さに欠けており、町人風情で遊女って感じじゃない。作品全体に無駄なセリフが多く、冗長になっており、野暮で無粋な印象を受ける。
東京50km圏道路地図さん 5点(2004-04-05 15:33:02)
11.全体的な雰囲気はとても好きでした。一番印象に残ったのは、おしんちゃんと吉岡秀隆扮するお侍さんのエピソードです。彼は確かに「好き」とは一言も言ってないし悪気はないんですが、その分怒りのぶつけようがない、というような状況に妙に共感してしまいました。それ以降はストーリー的にあまり面白くありませんでした。。。ラストももっと違う感じにしてほしかったです。
Mプさん 6点(2004-02-14 22:00:01)
10.黒澤監督が女性を主人公にしたということで、すごく期待してたんだが・・・・ガックリ。物語はすごくいいし、それだけに残念、勿体無い。熊井啓監督はもちろん大巨匠なんだけど、クライマックスの大洪水の場面を除けば彼向きの題材ではないと痛感した。生真面目な中学生が、精一杯背伸びして作ったような、あるいは新劇の舞台を見てるような窮屈さ、気恥ずかしさを台詞の一言一言にかんじてしまう。色町の「粋」や「いなせ」が全然出ていないんだもの。ああ、熊井監督ってモダンボーイじゃないんだなと思ってしまった。一言で言うと、台詞から演出からすべてが「野暮」なんですよ。江戸っ子が本当に言いたいことでも、わざとちょっと外して言う。ストレートに言うのを照れる。そんな江戸っ子のシャイから来る屈折した美意識のようなものが全く無視されていて、演劇見てるようだった。音楽もトランペットでしょ?江戸の色町の話なんだから長唄、端唄、小唄や三味線でやってよ。それから無理に現代の感覚を盛り込もうとしてるのも見てて邪魔だった。監督は最近の若い女性に映画を見てもらって、彼女らの意見を参考に撮ったというが、そんなことしなくていいの。今時の女性の感性やら意見だのは無視していいの。女性の感性=優れているっていう思い込みが仇になってるよ。江戸時代の価値観をいまの価値観で裁断するのはいいことだとは思えないし、キツイ言い方をすれば「卑怯」とすら言える。不毛です。「アメリカの西部劇はインデアンを差別してるからよくない」と「今」の価値観で裁断しても意味がないのと同じ。やはり黒澤演出で見たかった、あるいは愛弟子の小泉さん、他に適材がいっぱいいると思うよ。山田洋次監督も女性を描くの上手いから彼が撮ってたらもっと感動的な映画になったかもしれない。結果論だけど。それにしても満点の星空のラスト「野良犬」へのオマージュのつもりなのかもしれないけど、あの流れ星のセンスは頭が痛い・・・・。本当は3,4点にしたいんだけど、洪水のさすがの迫力に免じて6点。
ひろみつさん 6点(2004-01-14 14:44:58)(良:1票)
9.せっかくの演技も、気の抜けた場違いなトランペットに台無し。
ロカホリさん 4点(2003-10-12 23:21:23)
8.他愛のない薄っぺらな遊女の恋の物語に荒唐無稽な大洪水を絡めて全然訳が分からない~ところが妙にそそられる。遊郭のセットや洪水のVFXがいかにも作り物という感じが、かえって仮想現実となって襲ってくる。不思議な映画でした。
つむじ風さん 6点(2003-09-23 23:40:51)
7.全然ダメ薄っぺらくて中途半端、客に惚れちゃいけない彼女たちが何故惚れてしまうのか、全く伝わりません。場末の遊女は男に騙されやすく惚れっぽい馬鹿女っていうコメディになってます。
亜流派 十五郎さん 1点(2003-09-11 16:31:08)
6.単純だなって思いました!本当なら最後泣けるはずなのに……泣けませんでした。もったいない。
もちもちばさん 5点(2003-08-11 01:46:14)
5.キューブリック×スピルバーグのAIがダメだったように、黒澤×熊井もダメでした。才能×才能は同年代でないとうまくいかないようです。奥田や永瀬の良さも出ていないし、深川の風情も伝わってこないのが最大の欠点。黒澤脚本にキレがなかったのかも知れません。
FOXさん 5点(2003-07-09 23:20:45)
4.はっきりいって、予告がまずいと思う。劇場で予告は見たときはなかなか面白そうだ!と思ったのに、作品を見たらあれ?あれ?という感じで予告から予想される展開とかなり違う印象を受けた。まあそれ以外はまずまずといったところで。
トミー・リーさん 5点(2003-02-19 23:46:45)
3.とにかく全体が薄っぺらい!!切ない遊女の恋とか宣伝してましたが話の導入部ですらなく後半からは驚くような展開...あれじゃおしんちゃん、ただの惚れっぽいバカ女じゃないの。期待がはずれて失恋した彼女が立ち直るまでの時間経過を「しばらく寝込んじゃうし」とか言うセリフでカバーしちゃってその後の彼女の気持ちがどうなのか一切明かされず話が進んで次の恋相手が出てくる。自己満足もいいところです。だったらあんな話を入れる必要はないような気がします。彼女が惚れっぽいのならそれなりに彼女の心理を読むべきですよ。彼女が置かれている環境(兄は自殺、父親は病気で母親も寝込んでいる)を考えるとどうして「私だけが...」と思うはずです。しかも彼女自身が少し頭の良い優等生タイプで描かれている為全然悲しさや切なさが伝わってこない。これが感情先行タイプなら「アタシはバカだから直ぐ人を信じちゃう」と説得力も出ると思うんですね。ご隠居と清水美砂との切ない恋だってとって付けたようで、最初は彼女も聞き流していたのに次第に心にひっかるものが生まれてくると思うんですよ。自分を利用する男の為に遊郭を転々とさせられ暴力をふるわれる..そんな心理状況の中で彼女にも男に愛される平凡な幸せもいいかと..。そして驚愕のラストは台風で「全部洗い流してくれる」だなんて。奥田と永瀬とのやり取りでの「ああいうヤツは許せえ!」のセリフもわざわざ言わなくてもいいのに、説得力がなく笑ってしまいました。
さかQさん 4点(2003-02-19 03:15:41)
2.黒澤脚本というので観たけど、これは熊井監督で良かったのではないか。黒澤監督ではこれほど女の感覚が出せたかどうか。遠野凪子のお新も、愛すべき女という感じをよく出していて良かったと僕は思う。ただ最後の津波のシーンはどうもチャチっぽく感じられて、もうちょっと超現実的スペクタクルという感じが欲しかった。ここだけは熊井監督の感性とは違ったのか。僕の友人は「これはハッピーエンドの『カビリアの夜』か」と言っていた。
アンドロ氏さん 7点(2003-01-08 00:07:20)
1.遊女の世界を描いた作品としては、よくありがちなストーリーで、とりたてて目新しさは感じられない。黒澤明の遺稿で初のラブ・ストーリーというだけで、果たしてなぜ今映画化したのか、大いに疑問の残る作品だと言える。江戸時代の深川に展開される人間ドラマに、どれほどの深い意味を持たせられたのだろうか。往年の活力を失った熊井啓の演出は上滑りをするばかりだ。クライマックスの豪雨のシーンはいかにも黒澤らしく豪快だが、そこで展開される作劇とのズレを感じるのは私だけだろうか。それにしても惚れっぽい娼婦役の遠野凪子は、大半のシーンが泣き顔ばかりで、ほとんど演技らしい演技をしていないのには困ったもので、さっぱり印象に残らない。むしろ少しも娼婦に見えない清水美砂の、相変わらずぶっ飛んだ存在が痛快で、このつまらない作品を救っている。
ドラえもんさん 6点(2002-09-13 00:46:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 5.00点
000.00%
115.88%
215.88%
315.88%
4211.76%
5423.53%
6529.41%
7317.65%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS