レイクサイド マーダーケースのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レイクサイド マーダーケース
 > (レビュー・クチコミ)

レイクサイド マーダーケース

[レイクサイドマーダーケース]
THE LAKESIDE MURDER CASE
2004年【日】 上映時間:118分
平均点:5.12 / 10(Review 66人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-01-22)
サスペンス犯罪ものミステリー小説の映画化
新規登録(2004-09-07)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2014-10-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督青山真治
キャスト役所広司(男優)並木俊介
薬師丸ひろ子(女優)並木美菜子
柄本明(男優)藤間智晴
鶴見辰吾(男優)関谷孝史
杉田かおる(女優)関谷靖子
黒田福美(女優)藤間一枝
眞野裕子(女優)高階英里子
豊川悦司(男優)津久見勝
原作東野圭吾「レイクサイド」(実業之日本社刊)
脚本青山真治
音楽長嶌寛幸
撮影たむらまさき
池内義浩
製作フジテレビ
プロデューサー仙頭武則
亀山千広(エクゼクティブプロデューサー)
佐藤公美(アシスタントプロデューサー)
配給東宝
特撮坂美佐子(CGIプロデューサー)
OLM(CGI)
美術清水剛
松井祐一(特殊造形)
録音菊池信之
照明中村裕樹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
46.《ネタバレ》 犯人が子供だというオチは読めなかったですね~。サスペンスものの話としてはなかなかの独創性があっていいと思いますよ。死体を湖まで運んでそこで身元をわからなくするシーンなんか、見ていてちょっとドキドキしちゃいました。ただ、その後のライターを落とすシーン、それから煙草が消えているシーンなど、伏線になるのかなと思いきや結局ストーリー自体にはからんでこなかったし、ラストのスプラッターホラーみたいな終わり方は全体の作風に合ってないでしょう。そのまま湖の中にフェードアウトして、子供達の心の中は結局闇の中~みたいな感じで終わればいいのにね。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 6点(2008-08-26 00:38:28)
45.《ネタバレ》 何か面白そうな展開になりそうな感じで話が進みますが、結局なんにもなし。子供の犯した過ちを親たちが結託してもみ消すだけ。まあこれを映画にしてもつまらない話になってしまいますね。普通すぎて。
紫電さん [DVD(邦画)] 4点(2008-07-08 22:21:40)★《更新》★
44.導入部分で「お、これは・・・」と期待を膨らませたのだが・・・役所広司が死体を見つけてからは失笑の嵐。脚本がめちゃくちゃだわな。いい役者がそろっていただけにもったいないですね。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 2点(2008-01-17 11:50:58)
43.冷静に考えて、ありえない。閉じた世界だけで理屈づける(理屈づけたつもりになっている)映画。社会問題の提起なら、現実味を持たせないとだめ。
こんたさん [DVD(邦画)] 5点(2007-12-31 17:56:55)
42.《ネタバレ》 途中までつくりは面白い。引き込む展開はうまいと思うが2時間映画を1時間で
ぶちきられ感は否めない。悪い意味で期待を裏切られた。
とまさん [地上波(邦画)] 6点(2007-10-07 17:08:05)
41.《ネタバレ》 好きですね、この映画。サスペンスとしてもミステリーとしてもよくできているし、一番いいところは、最後のほうで「一応」真相があかされるところ。「真相」とは言っても犯人が自白するわけではないし、決定的な証拠が出てくるわけでもない。要はひとつの「推測」、ひとつの「可能性」が示唆されたにすぎないんですよね。この「釈然としない感じ」がとてもよい。いわゆる「オープンエンディング」ともまったく違う。だって別の「真相」は一切示唆されないわけだし。犯人が推測通り「彼ら」だったとしても、彼らと被害者の間にほんとうは何があったのか、それが全く謎のまま終わってしまう。この「無気味な感じ」がすごくいい。 ただ、一番最後のCGはいらないでしょう。何あれ?
コウモリさん [地上波(邦画)] 8点(2007-08-09 16:53:08)(良:1票)
40. 最後までどうなるのか期待させる雰囲気はありました。けれど、最後まで見てみると納得いかない部分も多いのも事実です。ちょっと残念。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2007-04-03 20:11:23)
39.伏線が放置されているなど、若干の違和感を覚えたものの、全体的にはなかなか楽しめた。ラストのどんでん返しまでの盛り上げ方は、充分及第点といって宜しい。ただ、登場人物に感情移入できる人間がいないのが難点かもしれない。
ドラりんさん [地上波(邦画)] 7点(2007-03-15 23:41:38)
38.これは後で明かされるんだろうなーと思ってた伏線が全然回収されていない。おかげでただなんとなくミステリーぽくしてみましたって感じになってる!!結局、一番まともなのは豊川さんでした。
Michael.Kさん [地上波(邦画)] 4点(2007-01-26 04:22:32)
37.これだけの役者を使ってこの出来か。かなり残念
ぎぶそんさん [DVD(邦画)] 4点(2007-01-24 14:19:39)
36.《ネタバレ》 <原作未読・映画版のみの評価>

犯人探しやトリック重視のミステリーだと思って見ると駄作。

事件を通して何をテーマとするかで、その作品の価値やテイストは変わってくると思うけど、あくまで今作は犯人探しがメインではなく、殺人事件を通して、行き過ぎた個人主義や学歴社会を批判している社会派サスペンスであり、そこから敷衍して「人間性の本質」を考えさせるという、かなりストレートなテーマの作品。

ただ、殺人を犯してしまい、さあどうしようと悩んだり、仲間と拗れたりする事で、そこに「人間性の清濁」を投影したりするのは、別にこの作品だけじゃなく、たいていのサスペンスやミステリーにも見られる常道のようなもので、今作が特別に優れている部分は見出せなかった。東野圭吾氏の原作にしては全体的に凡庸な感は否めない。

また謎解きがメインではないとは言え、それっぽい幾つもの伏線(未来予知とか、日の光に弱いとか、ライターとか、煙草の吸殻など)のほとんどを無視して終わるというのはアンフェア以前に、作品と観客に対して失礼だと思う。
FSSさん [DVD(邦画)] 4点(2006-11-03 16:38:08)(良:1票)
35.《ネタバレ》 俳優陣の演技が秀逸で、後半の森での親たちの会話のシーンがいいとこなさげなこの作品を引き締めていい感じ。最後のシーンは、なんか納得してるけどあんたら人を殺しているんですよ。っていう事と受け取りました。結局犯人探ししてくれないのはいいんですが、タバコは彼らの仕業なのか?ってのが気になりまくり。後、とにかくアリバイ工作のシーンは退屈です
マキーナさん [DVD(邦画)] 6点(2006-09-08 23:44:33)
34.最後のCGがすごく気に食わない
アンダルシアさん [地上波(字幕)] 3点(2006-08-26 05:46:32)
33.全てが消化不良で何も解決しないまま終わってしまった感じ。
ピボーテさん [DVD(字幕)] 4点(2006-08-24 18:44:33)
32.青山真治らしい定点的カメラと、メジャー映画らしいクレーンの多用。らしくない比較的多めの台詞と、らしい不気味なアイコンとしての子供達。何を思って彼を起用したのか判りませんが、監督自身もまとめるのに苦慮した様子が伺え、演出的には中途半端な印象。それでも、出来る限り「一般向け」に仕上げようとした努力は買います。この内容でいつも通りの演出だったら、総スカン間違いなしだったでしょう。話的にはミステリーと言うより社会派作品としての意味合いが強い。それも、単に「お受験」を批判したものではなく、「親の本音」が語られてるのが興味深い。本作の親達は「どんなに努力しても子供を理解できない」と嘆く。「理解できない生き物を育てなければならない」ことこそ、本当の意味でのホラーです、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2006-08-21 00:03:10)
31.《ネタバレ》 中途半端な感じ。ライターとか、煙草とか、程よく放置されていて、何だかスッキリしない・・・。おっぱいは、良かったがw
瑞鶴さん [DVD(邦画)] 5点(2006-07-31 22:55:54)
30.《ネタバレ》 どうやら、親たちがいたった結論を受け入れてる人が多いみたいですが、よーく思い出してみると、映像では真犯人は明かされてません。状況からしてもっとも怪しいトヨエツと見せかけて、実は親たちの誰かが犯人じゃないですかね。もっかい見たらわかるかな。
センブリーヌさん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-28 15:29:15)
29.《ネタバレ》 この作品をサスペンスあるいはミステリーとして捉えると随分と粗い作品に感じます。クライマックスでは、「そんな論拠でみんな信じちゃっていいの?」「おいおい、トヨエツ声でけーよ。力技だなあ。」と言いたくなります。謎解きを放棄したような展開。最後に語られるのは、“事件の真実”というより“事件の結論”。もはやサスペンスではなく社会派ドラマの様相です。原作のタイトルにわざわざ“マーダーケース”という文言を加え、サスペンス作品であることを強調するミスリードぶり。なるほど、本作最大のどんでん返しは、殺人事件云々ではなく、作品のジャンルそのものだった!?ところが、結論が提示されても「なるほど。そういうことか。」という気持ちになれません。何故か。登場人物たちが“意外な結論”を受け入れる姿に説得力が無いからです。説得力を持たせる描写(例えば希薄な親子関係や人間性を表すエピソード)が少なすぎるのです。さらにラストカットで、ダメ押しの“この作品はサスペンスなんですよアピール”。もう必要ありません。少ない登場人物、限られた舞台設定など、濃密で緊迫感ある雰囲気は良く、役者も芸達者揃い。“真実を突き止めようとしない人間の弱さ”という部分にも重みがあります。面白くなる要素満載だっただけに、惜しい作品だと思いました。
目隠シストさん [地上波(邦画)] 5点(2006-06-08 17:56:19)(良:1票)
28.何かありそうで、何もない。え?これで終わり?!と違う意味で驚いてしまった。。最後のラストシーンのCGとか全然いらないし。テレビの2時間サスペンスのほうがマシかもしれない。
civiさん [地上波(字幕)] 1点(2006-06-07 21:19:43)
27.《ネタバレ》 雰囲気だけすごくよかった。なんかあるだろうと期待するシーンが多いのですがなにもないです、驚きもないです。ライターがあんなくだらないことのために落ちたのかと思うと悲しくなります。
伊藤さたけさん [地上波(邦画)] 1点(2006-06-07 18:19:18)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 66人
平均点数 5.12点
000.00%
146.06%
211.52%
357.58%
41218.18%
51827.27%
6913.64%
71116.67%
869.09%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.75点 Review4人
2 ストーリー評価 5.42点 Review7人
3 鑑賞後の後味 4.83点 Review6人
4 音楽評価 4.25点 Review4人
5 感泣評価 3.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS