20世紀少年のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 20世紀少年
 > (レビュー・クチコミ)

20世紀少年

[ニジュッセイキショウネン]
(20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり)
Twentieth Century Boys: Chapter One
ビデオタイトル : 20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり
2008年【日】 上映時間:142分
平均点:5.05 / 10(Review 110人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-08-30)
アクションドラマサスペンスアドベンチャー戦争ものシリーズもの犯罪もの漫画の映画化
新規登録(2008-02-18)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2016-05-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督堤幸彦
助監督木村ひさし(セカンドユニット監督)
演出佐藤敦紀(予告編ディレクター)
諸鍛冶裕太(アクション監督)
薗田賢次(タイトルバック)
キャスト唐沢寿明(男優)ケンヂ(遠藤健児)
豊川悦司(男優)オッチョ(落合長治)
常盤貴子(女優)ユキジ(瀬戸口雪路)
香川照之(男優)ヨシツネ(皆本剛)
宇梶剛士(男優)モンちゃん(子門真明)
宮迫博之(男優)ケロヨン(福田啓太郎)
生瀬勝久(男優)ドンキー(木戸三郎)
小日向文世(男優)ヤマネ(山根昭夫)
佐々木蔵之介(男優)フクベエ(服部哲也)
石橋蓮司(男優)万丈目胤舟
中村嘉葎雄(男優)神様
ARATA(男優)田村マサオ
森山未來(男優)漫画家角田
徳井優(男優)コンビニの本部教育員
遠藤憲一(男優)血まみれの男
光石研(男優)ヤマさん
佐野史郎(男優)ヤン坊/マー坊
ベンガル(男優)オリコー商会社長
竜雷太(男優)チョーさん
藤井フミヤ(男優)池上正人
竹中直人(男優)ピエール一文字
藤井隆(男優)友民党CMのタレント
石橋保(男優)ケンヂの同級生
石塚英彦(男優)マルオ(丸尾道浩)
黒木瞳(女優)キリコ(遠藤貴理子)
片瀬那奈(女優)敷島ミカ
池脇千鶴(女優)アルバイト店員エリカ
洞口依子(女優)木戸美津子
山田花子〔女優〕(女優)友民党CMのタレント
吉行和子(女優)諸星の母
デーブ・スペクター(男優)コメンテーター
及川光博(男優)ロックバンドのボーカル
津田寛治(男優)諸星
不破万作(男優)へーちゃん
研ナオコ(女優)ジジババ
三浦敏和(男優)敷島ゼミの学生
布川敏和(男優)ノブオ
ダンディ坂野(男優)通販番組タレントの片方
平愛梨(女優)遠藤カンナ
鈴木崇大(男優)敷島ゼミの学生
西山潤(男優)ケンジ(子供時代)
阿藤快(男優)
平山祐介(男優)五十嵐刑事の相棒
柳生みゆ(女優)
松元環季(女優)ユキジ(子供時代)
木下優樹菜(女優)
滝口順平(男優)
石井トミコ(女優)
藤森慎吾(男優)スクーターの若い男
藤原薫(男優)サダキヨ(幼少期)
横山あきお(男優)浜さん
竹内都子(女優)市原節子
中村正[声優]フジヤマトラベル
出演田中健ジジババのジジ(遺影)
原作浦沢直樹
脚本浦沢直樹(脚本/脚本監修)
福田靖
渡辺雄介
音楽白井良明
浦沢直樹
長谷部徹
作詞岩谷時子「恋の季節」
作曲いずみたく「恋の季節」
挿入曲ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」
撮影唐沢悟
製作亀井修
島谷能成
西垣慎一郎
島本雄二
日本テレビ(映画「20世紀少年」製作委員会)
小学館(映画「20世紀少年」製作委員会)
電通(映画「20世紀少年」製作委員会)
東宝(映画「20世紀少年」製作委員会)
読売テレビ(映画「20世紀少年」製作委員会)
プロデューサー奥田誠治(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
特撮野崎宏二(VFXスーパーバイザー)
田口清隆
美術相馬直樹[美術]
編集伊藤伸行
録音北田雅也(音響効果)
照明木村明生
金子康博(セカンドユニット照明)
あらすじ
1969年、ケンヂたち仲良し小学生は、ひみつ基地の中で、人類滅亡の空想を書き記した『よげんの書』と、大きなギョロ目の中に人差し指を突き立てたマークを作る。20数年後、実家で平穏に暮らすケンヂの周りで、不可解な事件が起こる。そこには、どこか見覚えのあるマークが…。また世界各地で謎の病原体がばらまかれ、多くの人々が殺される。子供のころ思い描いてた『よげんの書』の筋書き通りに…。果たして、世界を陰で操る謎の新興宗教団体のカリスマ『ともだち』の正体とは!? 浦沢直樹の大ヒットコミックの実写映画化・第1章。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
110.《ネタバレ》 結構皆さんの評価が低いのには驚きました。私の中では十分楽しめたけど。あそこまで原作に忠実に作ったことにも評価。
漫画を実写にすると言ってもどこか漫画チックなところが残っていて良かったかな。
さん [映画館(邦画)] 8点(2017-04-05 23:20:22)
109.結構、面白く観れましたよ。今の邦画のサスペンス物は酷いものが多く、面白くありませんが、
これは、なかなか楽しめました。でも、皆さんの点数は、低いですね。
cogitoさん [DVD(邦画)] 6点(2015-10-24 20:02:17)
108.原作そっくりのキャラを集めたのではなく、浦沢直樹が、原作を作画するにあたり、実在の俳優を意識したキャラクターデザインを創って描いているように思えた。この漫画、映画化を強く意識しているなぁと、連載中から感じていた。なので、この配役はほぼ想定内。あえて、原作で浦沢が想定していた俳優とは異なる役者を揃える、という手もあったとは思うが、浦沢本人が本作品のスタッフに加わっている以上、この配役は必然だったのだろう。このような漫画っぽい(実際漫画なのだが)映画を企画する場合、東宝がまず候補にあげるであろう監督が堤監督なのではないだろうか。よい映画を作るということ以前に、興行的に成功させなければならないのだから。もともと2~3時間で映像化できる訳もなく、はじめから続編ありきの企画なのだからなおさらだ。そうゆう意味で、堤監督は映画会社の期待どおりの仕事をしたと言える。私はまったく評価できないが。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-24 23:23:12)
107.謎が多くて消化不良ですが、3部で完結?するための導入と思えばこんなもんなのかなと。原作未読としてはそれなりに楽しめる予感。
東京50km圏道路地図さん [映画館(邦画)] 6点(2014-07-21 16:23:56)
106.クソ三部作に加えて気持ち程度の付け足しに2時間もかけてくれた前日談?後日談?2本分合わせて10時間も堤幸彦に付き合いましたが、この作品の2時間半が一番マシでした。子役がんばった!でも話はつまんねー!
カニばさみさん [地上波(邦画)] 3点(2013-08-17 19:50:22)
105.原作所有および2~3回既読
原作物は、その原作を知っているか知らないかで、評価は大きく変わるという典型のような気がします。
さすがに原作そのままというわけにはいかないでしょうから、多少の変更等はありますが、それでも原作の良さを出してると思いますよ。
特にカンナ役の平愛梨さんや小泉響子役の木南晴夏さんなんかは、そのまんまって感じですよね。
邦画にしては及第点と思います。
三作共通評価
SITH LORDさん [DVD(邦画)] 6点(2013-07-02 12:24:59)
104.みんな辛いな。面白い映画じゃないか。原作と違うとか無粋なことは言わずに、楽しもうではないか。
センブリーヌさん [DVD(邦画)] 6点(2012-11-01 02:39:39)
103.キャストや原作の雰囲気などの再現度は高いですが、映画として面白いかは別。
アフロさん [地上波(邦画)] 5点(2012-10-24 05:43:01)
102.《ネタバレ》 いわゆる豪華キャストっていうんですか、お金かかってるんでしょうね。
原作の期待値+制作陣の思惑ばかりが目立った印象のわるーい作品の代表格かもしれません。
ろにまささん [地上波(邦画)] 3点(2012-05-09 10:01:01)
101.これまで邦画のシリーズモノは敬遠しがちだったのですが、近所のレンタルショップで1本50円だった事もあり、パッケージに騙されてB級映画借りるよりかマシかなぁと思い3部作まとめてかりてきちゃいました。
遅ればせながら鑑賞。原作未読だったせいか、評判のわりには楽しめました。
が、TV局資本主導の性か、開局55周年作品と謳っているものの小じんまりした印象をもった。それは単にCGが安っぽいからだとか、キャストが大勢かつ豪華であり、さも年末年始の特別ドラマみたいだからといった理屈ではない気がする。序章だから仕方ないのか、或いはテレビ番組でいう「CMまたぎ」のような盛り上がりや期待感が足りないからなのか、淡々と物語が進んでいくようで些か物足りない。原作漫画の雰囲気がどうなのか知らない人間にとって、堤監督が適任かどうか分から無いが、個人的には「らしさ、遊び」が欲しい所ではある。ポッと出の新人監督じゃあるまいし、前述した要素がなければ単なる人選ミスではなかろうか。それが演出面で評価を落としている要因になっている気がします。
個人的に、本編を観て一番気になるのが結末よりもともだちの「正体」だったりする。その期待値が8割以上占めているといっても過言ではない。2作目以降に期待!
シネマブルクさん [DVD(邦画)] 5点(2011-07-21 22:44:18)
100.浦沢直樹の同名漫画を、堤幸彦監督が映画化した今作。

監督の原作へのリスペクトは感じるし、とても原作に忠実に作っているとも思う。
何たって、脚本に浦沢直樹も参加していることだし。

ただ、原作に忠実に作れば作るほど、リアリティが感じられないというジレンマに陥っている気がする。
現代を舞台にしている作品だけに、どうしてもこの"リアルさ"が薄れてしまう。

漫画では効果的だった、時系列が入り組んでいる作りも、映画だと原作を知らない人が話から置いて行かれる要因の1つになっていると思うし、堤作品では効果的な音楽の使い方も、今作はどうしても安っぽく感じてしまう。

全てを"漫画"に合わせているからだ。
例えば、ケンジが同窓会でかつての級友に再会する場面。漫画だと今の人物と過去のその人物の2コマで懐かしさが表現できるが、映画で同じようにして懐かしさを表現しようとしても、無理だ。

私たち観客には、スクリーンの向こうでケンジが感じているであろう"懐かしさ"が伝わってこない。これは映画としては致命的である。

映画で漫画の再現をするのは無理だ、映画は映画で漫画とは別のアプローチをするべきだ、と改めて思わされた作品。
ただ、ケンジを除いた役者は本当に原作のキャラクターにそっくりな俳優ばかりなので、その点と、あくまでも原作に忠実に作りきった堤監督の精神は評価したい。
Sugarbetterさん [映画館(邦画)] 5点(2011-01-27 16:08:23)
99.謎っぽくて、次の展開が気になる。次に期待を持たせてくれる作品。
山椒の実さん [地上波(邦画)] 5点(2011-01-22 23:11:01)
98.予告でマスクをかぶった人を見てつまんなさそうだと思いながら観ましたが、なかなか見応えのあるないようでした。ストーリがよくできているなと感心して観てました。後から調べると、原作があったんですね。知らなかった。
たこちゅうさん [地上波(邦画)] 8点(2010-12-31 17:47:16)
97.堤カントクの映画を「もーしゃーないなー」と暖かい気持ちで見守るようなことは、私のようにケツの穴の小さい人間にはできないもんで、もう彼の作品は観ないことにしようと思ってたのですが・・・その決心が簡単に揺らいでしまうあたり、さらにケツの穴を狭めてしまっているのですが。うーん、確かに各シーン、一生懸命撮っているとは思うんですけどねえ。気を使いながら撮っているし、しばしば茶目っ気出してヘンな撮り方、「普通じゃイヤだ」的な個性も発揮しているんだけど・・・しかしやっぱりこの妙なテンションにはついていけない。作品をユニークでヘンテコなものにしようという「遊び」が、何でもないようなシーンに偏っていて、要するに遊びやすい場面で遊んでいるだけでは? 例えば最後の巨大ロボットの登場、誰か、このシーンでワクワクしましたか? 某映画における“マシュマロマン登場”の半分でも、いや10分の1でも、ワクワクしましたか? どうもこの映画、途中のどうでもいいようなシーンでどうでもいいようなオフザケをする割に、クライマックスに向けて盛り上がるべきところでだんだん、段取り臭くなっていって、盛り上がりません。また、映画全体がいささか安直に回想シーンに頼り過ぎていて、かえってノスタルジー的な気分にも欠けてしまっている気がするし。「こんな大人になっちゃうなんて、子供の頃には思わなかった」みたいな忸怩たる思いが、もう少し作品に色濃く表現されていてもいいような気がするんだけど。と言う訳で、やっぱり、このカントクさん、苦手だなあ・・・と、思いきや!
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2010-11-29 22:27:07)
96.TVが省略しすぎなのかとりあえず展開早すぎ。
すたーちゃいるどさん [地上波(邦画)] 3点(2010-11-14 21:59:17)
95.《ネタバレ》 年に一度あるか無いかのショボ映画。間違いない。2点の基準にぴったり!頼むからそっくりさん大会やめて!何でマンガ絵をわざわざ人間使って再現するの?ゴッホの絵とかピカソのヤツとかを路上で再現してじっとしてる大道芸と全く同じことやってる。

何となくノスタルジックに見せるという、邦画の技術は巧く使われているが、SFに組み込まれたその要素は物語にははっきりと巧く機能していない。それにSFなのに何このCGは。発展途上国丸出し。

特殊効果で発展途上国なんですよ。日本は。こまめに大作を作ってこつこつ実践を重ねてる近隣アジア諸国にはっきりと劣ってます。できの悪い品物に使ったお金の多さを自慢するのは80年代バブルのオッサンかとおもいます。当時のオッサンはもうおじいちゃんですから居ないはずなんですけどね、伝統なんでしょうか。とにかく団塊世代的の「一番高いヤツくれ」な感じは気持ち悪い。

もっと小品を積み重ねれば?と思う。大作志向の邦画って昔から難しいことやって出来てないけど、出来てない状態から一歩も先に進んでない。

そして金ちゃんの仮装大賞出場に向けた、年に一度のショボ映画があと2本続く。4チャンのそうだいな一発芸なのだ。
黒猫クックさん [地上波(邦画)] 2点(2010-08-29 19:06:59)
94.《ネタバレ》 ハズカシイから点数見ないでネ。
3737さん [DVD(邦画)] 9点(2010-08-20 22:11:20)(笑:2票)
93.TVで放映されていた為、鑑賞してみた。原作未読だったが、小さい頃の予言が現実になるという分かりやすい展開は見ていて退屈しなかった。トモダチが何者なのか分かりそうなところで次作につなげるものだから、次作も見てみたくなった。レビューの評価全般あまり良くないみたいなので期待しないで観てみよう・・・。
ラーメンの湯気はやはりCGだったんですね。「湯気出すぎだろ・・・」と一人ツッこんでしまった。それとラストに向けCGの酷さが目立つ。破壊シーンは内心「あーあ・・・」と、残念ながらやはり日本の映画だと思った。
ひまわりさん [地上波(邦画)] 5点(2010-08-16 20:56:10)
92.昨日、やっと見ました。

あのすごい原作をどうやって2時間×3作で表すのか?

と思っていたら。

割と表せていたではないですか。

そんなに酷評するほどではないと思います。

ただ、問題は原作読んでいない人には何が何だかわからないし、原作読んでいる人にはそこそこの評価はできても物足りないし。

いっそのこと、’原作読んでない人は厳しい映画ですよ’という雰囲気にするという大胆な作戦もよかったかも?












やぶさん [地上波(邦画)] 6点(2010-08-14 19:13:27)
91.キャストがそっくり。以上
kureさん [映画館(邦画)] 5点(2010-07-18 20:07:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 110人
平均点数 5.05点
000.00%
121.82%
265.45%
32018.18%
41110.00%
52421.82%
62220.00%
71614.55%
887.27%
910.91%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.22点 Review9人
2 ストーリー評価 5.12点 Review16人
3 鑑賞後の後味 4.18点 Review16人
4 音楽評価 3.25点 Review16人
5 感泣評価 1.53点 Review13人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS